スポンサーリンク

第一話を読ませていただきましたが、さらっと読める内容で読みやすく感じました。

料理系の漫画ということで、お話を進めながらどのように料理も魅せていくのかと読んでみましたが、調理の手順や注意すべきポイントが理解しやすく、頭に残りやかったように感じます。

ネットや漫画、レシピ本などのレシピを調べたり真似るとワンパターンの食べ方のみの陥りがりですが、この第一話のみで一つのレシピに対して二つの食べ方が出ていたので、その点もよかったと思います。

ただ、食材の色味が薄めに感じてあまり美味しそうに感じれず、料理系の漫画であれば、美味しそうにみえるというのはとても大事なポイントだと思うので、もったいないなと感じました。

手元の画も多く、調理行程や調理のポイントの説明も分かりやすかったので、美味しそうに見えるともっとみいってしまう作品になるように感じます。

ストーリーに関しては、とても先が気になる!!!とか、続きがどうしても読みたい!!という感覚はないですが、料理漫画なので、先を急ぐより、時間のあるときにレシピ本を読む感覚で読み進めたくなるような穏やかなストーリーだったように感じます。

ひとつ気になったのは主人公の二人が進展するスピードがとても早いように感じた点です。私は30代のいい歳の大人なので、正直若い女の子が好みそうなベタベタした恋愛ものは好みません。

そこで料理を題材にし、人物のタッチもそんなに甘い内容ではなさそうなこちらを読んでみようと思ったのですが、思っていたよりも恋愛のウエイトが大きかったように感じました。

ただ、甘々なものではなく、30代女性にはありがちな悩みを持っている主人公だったので、共感しながらさらっと読むことができました。

スポンサーリンク
おすすめ記事