スポンサーリンク

前回のお話で、妊婦の体に良くないものが後宮に入り込んでいる事に気づいた猫猫。

大きな事件の予感を察知し、月夜をそっと見上げました…。

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~9巻34話のネタバレ感想です。

薬屋のひとりごと 14巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 13巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 12巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 11巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 10巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 9巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 8巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 7巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 6巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 5巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 4巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 3巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 2巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 1巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 記事一覧を見る!

 

スポンサーリンク

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~9巻34話のネタバレとあらすじ

やぶ医者のいる医局に、入り浸っている猫猫。

後宮では、涛(タオ)という女官が行方不明になったという噂が流れていました。

不審に思いつつも、庭にいる玉葉妃に目を向けます。

彼女の懐妊を知っている者がいるとするなら、それは味方か敵か…?

そう悩んでいる所に、壬氏が地図を持ってやって来ました。

後宮の中に下女の為の学校を作りたいという案に、関心を示しアドバイスをする猫猫。

その後、毒茸の採取を頼まれたのです。

不思議に思いながらも、猫猫は目を輝かせて茸探しに向かうのでした…。

茸採りを終え、翡翠宮に戻る猫猫。

静妃という中級妃の訃報を知らされ、猫猫も葬儀に参加することになりました。

道中、静妃が要注意人物だと言われていた事を聞きます。

他の妃に嫌がらせをしたりしていた時と、公主を身籠った玉葉妃が毒を盛られた時が一致していたそうなのです。

この話を聞いて、壬氏が茸探しを依頼した理由に気づいた猫猫。

この翡翠宮に静妃に毒茸を食べさせた犯人がいると、壬氏は疑っているのです。

葬列に参加した猫猫は、静妃の侍女の一人にかぶれの跡を見つけました。

その後突然、ただれた顔を包帯で隠した女が飛び込んで来たのです。

棺を開け、静妃の遺体に向かって「自業自得だな!」と高笑いを浴びせる女。

静妃の遺体の顔にもただれの痕を見つけ、猫猫は「壬氏の探して欲しいもの」に目星を付けるのでした。

 

1350円分のマンガが無料で読める!

       

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

    こちらの記事も読まれています。  

感想

前巻までは、モヤモヤっとした不穏さみたいなものでお話が進んでいましたが…。

9巻は侍女の行方不明事件や妃の死などで、本腰を入れてきていますね。

このお話で気になった、猫猫のキノコ採取と静妃の過去について考えてみたいと思います。

壬氏にキノコ探しを頼まれて、目を輝かせていた猫猫ですが…。

久しぶりに本領発揮!という、楽しそうな表情が印象的でした。

キノコって、地味なものから派手なものに毒あり・なしなど…ものすごく種類も多いんですよね!

キノコ図鑑を眺めていると、多種多様な形状に驚きっぱなしです。

猫猫の採取したキノコは出ていませんでしたが、多分女子ウケするような物ではない予感がしますね。

猫猫が好きなキノコって、毒キノコとか…薬になる種類の方が興味を持ちそうです。

壬氏がなぜ、急にキノコ探しを頼んだのか謎だったんですが…。

静妃の死と、関係があったんですね!

過去に玉葉妃が毒を盛られた事にも関係があり、実行犯の特定に役立ちそうです。

もし過去に毒を盛った者が、今回の玉葉妃の懐妊を知ったら…再び同じ手を使うかもしれません。

それを阻止するため、壬氏は水面下で動いているようですね。

そして、キノコとの関係があるのかないのか…。

静妃の遺体と静妃の侍女の手…それに葬儀に乱入した女に共通する、皮膚のただれ。

ただれは、掻き壊しや薬品かぶれ・火傷などの傷口が酷くなると出る症状です。

猫猫は今までの流れで、事件のヒントを得たようですが…。

私はこの症状だけで原因を特定するのって、とっても難しいと思いました。

なぜなら、皮膚疾患の中ではかなりメジャーな部類だからです。

皮膚科を受診したら、まず先生には…何か原因になりそうな物は思い当たりますか?って聞かれるでしょう。

これで何も答えないと、運が悪ければ…薬を取り替えながら通院する事になります。
私自身、唇がただれて皮膚科に行った事もありますが…。

結局正式な病名が出たのは、5年位経ってからでした。

つまり…お医者さんでも患部を見ただけでは、特定する要素に乏しいという事ですよね。

猫猫は、一気に3人に症状が出ている点に目を付けたのだと思います。

亡くなった静妃と乱入した女は「顔」、侍女は「手」にただれがありましたが…。

静妃にタメ語を使っている事から、恐らく乱入した女も妃の一人だと推測出来ます。

妃たちの顔に傷が付けば、主上の寵愛は受けられなくなり…死活問題です。

しかし、静妃の侍女は手だけがただれていた…。

侍女がただれを引き起こす「何か」を手に持って、妃たちに行動を起こした…?と推理しました。

もしこの推理とキノコの関係があるのなら、毒キノコなんでしょうけど…。

とんでもなく危険な物ですよね。

しかもそれを使うということは、猫猫並みに毒や草花の知識を持つ者がいるということ…。

どんなキノコなのかワクワクしつつ、次のお話に期待しましょう!

今回の見どころは、キノコ狩りでキラキラ笑顔を見せた猫猫のシーンです。

泥だらけで楽しそうでしたが、ちゃんと壬氏の命令の真意を解明し…閃きも冴え渡っていました!

その他に…猫猫に貶されたいドMな壬氏が見られたり、見所盛り沢山ですよ!

 

まるごと無料でマンガを読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

コミック.jp 1000コース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 記事一覧を見る!

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~9巻34話のネタバレでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事