無料で読む!「ミステリという勿れ」のネタバレ 感想

漫画のタイトル"ミステリという勿れ"
もふもふ天然パーマの大学生、久能 整くん。
友達も彼女もなしで趣味は土日のカレー作り。
そんなちょっと変わり者の整くんが事件に巻き込まれてしまう。
彼の記憶力や独特な観察力、そして推理力で事件を解決へと導いてしまうのだ。
例え話を始めたりしてよく話しが脱線してしまうし、知識の多さやするどい観点から核心に触れる事を言い怒らせたりしまう時もある整くん。
でもそんな彼の言葉が登場人物の心に響いていく。
整くんの言葉は誰かを救いたい優しさからの言葉とゆうより、哲学的、倫理的な言葉とゆう感じがします。
そしていつも正しい。
だからこそ響く言葉もあるんだなと思えます。

整くんは姉を殺した犯人を見つけるためにバスジャック事件をおこした犬堂ガロと出会います。
そして自分をウザがらなかった彼に興味を持ちます。
整くんの推理で犯人は捕まりガロは不起訴になったのですが犯人を乗せた輸送車は拐われしまいます。
そして整くんのもとにガロの時計をした犯人の切断された右手が届く。
一線を超えてしまったガロは行方不明に。

そのガロとの出会いが整くんを更なる事件に巻き込んでいくのです。
整うくんのふわふわとした雰囲気とは違いハッとしてしまうような内容の事件ばかりです。
そして整くんの生い立ちについても、幼い頃虐待されていたのでは?と思わせる言葉が出てきたりしていて気になるところです。
登場人物の不思議な魅力と事件の謎深さにハマってしまうこの漫画。
続きを読むのが楽しみです。

 

 

1350円分のマンガが無料で読める!

       

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

    こちらの記事も読まれています。  

まるごと無料でマンガを読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事