アメリカンドッグと赤い傘 ネタバレ3巻5話〜6話 アメリカンドッグと、涙。

前回、100枚目のレシートのおかげか、酒井君に急接近出来た由芽。
夜の公園で、少し話さないかと酒井君に誘われて…?!

アメリカンドッグと赤い傘 ネタバレ3巻5話〜6話のネタバレ感想です。

 

アメリカンドッグと赤い傘 記事一覧を見る!

 

アメリカンドッグと赤い傘 3巻5話〜6話のネタバレとあらすじ


雨も上がり、月の綺麗な公園で酒井君が由芽に放った言葉は…

「俺…西野さんが好きなんだ」

酒井君は由芽に、バイト先の先輩の西野さんに一目惚れしてアメリカンドッグを買い続けていたこと・話しているのを聞いて年下は恋愛対象外だということも知っている…と話します。

そして由芽に、自分の片思いを終わらせる為に西野さんに想いを伝えてくれないかと頼みました。

由芽は自分の気持ちを何も言えないまま、酒井君の頼みを了承します。

酒井君が帰った後、公園に残った由芽。
酒井君に貰ったアメリカンドッグを食べながら、あっけなく終わった恋に涙するのでした…。

次の日、由芽は入部している短歌部で新人賞を受賞します。みんなにお祝いされながら、昨日の失恋がなければもっと喜べるのに…と思いつつも嬉しい由芽。

学校終わりに西野先輩をファミレスに呼び出し、酒井君の想いを伝えるために、話を始めるのでした…。

 

1350円分のマンガが無料で読める!

       

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

    こちらの記事も読まれています。  

感想

もう、なんて言ったらいいのか…。
酒井君の告白を聞く前の由芽のドキドキと、西野さんが好きだと聞いたときの心境を想像すると辛くてたまりませんね…。

もしかしたらって思ってる時に、同じ職場の違う人の名前が出てきたら、知っている人だけに余計ショックかもしれないです。
どうせだったら、全然知らない人のほうがダメージが少ないというか…。

由芽も優しくて、酒井君の片思いが自分と似てると思ったからか…代わりに告白するのをOKしてしまいますけど、大好きな人の頼みだから断れなかったのかな…なんて思いました。

私はあまり無いのですが、誰かの代わりに告白するってよくあるのですかね?

振られるのが解っていて告白するっていうのは、自分の中でケジメをつけたいだけだと思うので…人に頼むのはどうなんだろうなぁと思います。
ここは、酒井君に同意出来ない所でした。
ちょっと自分勝手な印象を受けましたね。

私なら自分で玉砕しに行くか、ずっと心の中に仕舞うかのどっちかにしたらいいのに…と思ってしまうんですが。

でも由芽は、酒井君がホットドッグを買っていく行為は自分がレシートを集めている行為に似ていると思うんですね。

二人は、似た者同士なんだなと感じました。なかなか声が掛けられない所までソックリですもんね!
カップルになったら、長く仲良しでいられそうなのに…本当に残念です。

そして酒井君の告白で、由芽は自分の気持ちを伝えるタイミングも逃してしまいます。

夜に一人でホットドッグを食べているシーンは、読んでいる私まで泣けてきそうになりました。

この時由芽は、コンビニでの色々な出来事を思い出していて、その想いがすれ違っていたことに涙が止まらなくなっていました。

本当に、切ない…!
私の事見ていてくれたかもと思っていたのに、その後の違う誰かだったなんて気づきたくない事ですよね。
全部自分の勘違いだったとか、思いたくないですもん…。
少しでも、酒井君の心の中に由芽は入っていけていたのかなぁと心配になります。

この後、先輩にも話をしないといけないし由芽の頭の中はゴチャゴチャになってしまいそうですね。

でも、逃げないでちゃんと話をしようとしながらも酒井君の恋の心配までしていて、とても健気です。

由芽って、いい人過ぎて周りの人が心配しちゃうタイプかも知れませんね。
自分の事をどんどん後回しにしちゃうから、最後には少しでもいいから報われてほしいと思います。

今回の見どころは、由芽が夜にアメリカンドッグを食べながら泣いているシーンです。

由芽と酒井君を結んでいると思っていたアメリカンドッグ…。
涙と辛い想いで、いつも以上にしょっぱく感じそうです…。

 

まるごと無料でマンガを読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

 

 

Renta!で無料で読む!

 

アメリカンドッグと赤い傘(1)

 

 

 

 

アメリカンドッグと赤い傘 記事一覧を見る!
 

アメリカンドッグと赤い傘 ネタバレ3巻5話〜6話のネタバレ感想でした。

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事