スポンサーリンク

まず絵が綺麗でとても読みやすいです。 私は普段あまり恋愛漫画を読まないのですが、そんな私でもサクサク読めて久々に胸がキュンキュンしました。

主人公は自分にコンプレックスを抱いている小枝ちゃん。背が低くて細いので「棒切れ」なんて事を言う男子もいて…。 そんな言葉に傷付きたくないと男子には極力関わらないようにしていた小枝ちゃんがマサムネ君という男の子と出会う事で彼の事がだんだん気になると同時に「変わりたい」という気持ちが芽生えます。

学生時代なんて遥か昔の私ですが「小枝ちゃんの気持ち分かるよ〜。」とめちゃくちゃ共感しながら読んでしまいました。私自身も学生時代は小柄でガリガリだったので勝手に親近感が…(笑)

みんな学生時代に何かしらのコンプレックスを抱えて自分に自信が無いときってありましたよね。 キラキラしている周りの女子を見ると羨ましくなるし卑屈になってしまうし。そんな気持ちに気付いてますます自己嫌悪。

個人的なイメージですが少女漫画によく出てくるヒロインって恋に勉強に全力で頑張る子が多いですよね。そういうヒロインは私には眩しすぎてなかなか共感しにくいのですが、小枝ちゃんは失礼ながらむしろネガティブで内気な女の子です。

そんな彼女だからこそ些細な事でも思い悩む姿に共感し、知らず知らずのうちに彼女を応援したくなるんだと思います。

そして彼女を変えるきっかけとなるマサムネ君が超絶良い男の子…。全てが素直でさり気なく、小枝ちゃんとのやりとりもほのぼのしていて安心して見ていられる2人です。

偶然読んだ一冊ではありますが、小枝ちゃんの気持ちの変化が丁寧に描かれているので、恋だけではなく彼女の成長もとても楽しみです。

きみはかわいい女の子 1巻
スポンサーリンク
おすすめ記事