〈ホリミヤ 11巻81話 のおさらい〉

堀 京子の彼氏は、宮村 伊澄。宮村 伊澄の彼女は、堀 京子。
お互いの視点で、あなたがしてくれることは、なんでも嬉しいんだよという、
ほのぼのとした2人を描いたお話でした。

では、続き気になるホリミヤ 12巻82話 行ってみましょう~!

 

ホリミヤ ネタバレ12巻82話


〈ホリミヤ 12巻82話 登場人物〉

綾崎 レミ (あやさき れみ)  3年5組 生徒会役員
堀 京子  (ほり きょうこ)  3年1組 主人公彼女
宮村 伊澄 (みやむら いずみ) 3年1組 主人公彼氏
柳 明音  (やなぎ あかね)  3年6組

ある日、京子は放課後の教室で頬杖をつきながら、はぁ~。とため息をつきます。
どうやらため息の原因は、今日の選択授業で柳くんを見かけなかったからでした。
「貴重な一日一柳くんチャンスが…」
「何そのチャンス」とすかさずツッコむ宮村。

京子は一日一柳くんチャンスと言って、クラスが違う柳くんに会えるのを楽しみにしている様子。

 

「そういえば、午前中の授業いないこと多いかも…朝弱いのかな?」
と宮村に話しかけていると
窓の外を眺めていた宮村が歩いている柳くんを見つけて
「あかねーっ また明日ー!」と声をかけます。

続けて、「堀さんっ 一日一柳チャンスだよ」「堀さん?」
と京子に柳くんがいることを教えますが、「なんで名前呼びしてんのよ!!」
と言って京子は机に突っ伏してしまいました。

 

宮村が柳くんを下の名前で呼んだことが、仲が良さそうで気に入らない京子。
いつも京子は宮村が女子ではなく、嬉しそうに男子と仲良くしていると怪しい…と
ヤキモチを妬くので、宮村はあわてて必至で弁解します。
すると、突然大声で「私も柳くんを名前で呼びたい!!」と叫ぶ京子。
あ、そっち?「男」ではなく、「柳」というカテゴリーなのね…と安堵する宮村。

 

呼びたいって言ったら柳くん嫌かな…と心配する京子に宮村は大丈夫じゃない?と答えます。
それを聞いた京子は、にへ~っと嬉しそうに笑います。
しかし、何が嬉しいのか解らない宮村は、変な人…と京子の頭にチョップするのでした。
「ちょっとやめてよ、嬉しいじゃない」と京子の反応は、やっぱり変…(笑)

 

するとそこに、「キョンキョン、やなぎん知らない?」とレミの登場。
レミは柳くんにクッキーをあげようと思ってやってきたのでした。
レミは京子にクッキーを勧めますが、京子は断ります。
しかしそれが、料理上手の桜の手作りだと知ると、京子はやっぱりちょうだいと言いますが、
レミはムスッとしてあげない!の一点張り。

そうこうしている間に宮村は帰りのバスが遅れることを聞き、その日は風が強かったこともあって、先に帰ったバス通の柳くんを心配するのでした。
そこで、京子・宮村・レミの3人は柳くんが待っているバス停に向かいます。

 

一方そのころ柳くんは、…バス来ない。…寒い。と待っている状況。
そこに、「よぅ兄ちゃん、今一人かい?」とレミがサングラスをかけて登場します。
驚いた柳くんはレミに何をしているか尋ねますが、レミは「なんぱ。」とだけ答えます。
そのあとも子芝居を続けるレミに柳くんは、何ごっこだろうこれ…と困ってしまいます。

そんな時、「おいやめろ」と京子の登場。グダグダな京子とレミのチンピラ子芝居の後、
ココアを買ってきた宮村が遅れて到着。
3人はバスが15分遅れていることを柳くんに伝えに来たのでした。

 

「やっあっや…あっ、柳くん!クッキーもあるからっ」とあかね呼びに挑戦した京子でしたが、残念ながら失敗に終わりました。
みんなで寒い中、ココアを飲んだり、桜の手作りのクッキーを食べたりして、柳くんのバスを待ちます。

柳くんが、なんでみんな待ってくれているんだろう…と言いたげな顔だったのをみて、京子は言いました。
「寒い中一人でいるの嫌じゃない?そんなことない?」
京子の言葉が突き刺さったような顔の柳くん。
そのタイミングで、携帯のメール音が。「迎えに行こうか?」
メールの送り主は柳くん父でした。
楽しくわちゃわちゃしているみんなを見ながら、柳くんは父に返信をします。

「友達と一緒だから大丈夫」

ここで、ホリミヤ 12巻82話が終わります。

 

 

1350円分のマンガが無料で読める!

       

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

    こちらの記事も読まれています。  

感想

今回は、ホリミヤの中で1位、2位を争うくらい個人的に大好きな美少年、柳くんに
スポットを当てた話でした。

まず私が言いたいのは、柳くんが父に送ったメール、「友達と一緒だから大丈夫」
可愛すぎかっ!可愛すぎて悶えて、さらに柳くんへの愛が深まった瞬間でした。

あと、毎回思いますがホリミヤの良さは、なんといっても登場人物の会話のテンポが
良いところですよね!

読んでいて楽しい。今回で言うと京子と宮村の会話。
「貴重な一日一柳くんチャンスが…」「何そのチャンス」のようにズバッとツッコむところが好きです。
そして、私も京子のように学生時代は、名前の呼び方や呼ばれ方で一喜一憂していたなぁと、
懐かしい気持ちを思い出しました。

次は、どんなお話になるのでしょうか。次も柳くんよ、こいっ! (笑)

 

まるごと無料でマンガを読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

 

 

 

 

 

ホリミヤ 13巻

ホリミヤ 13巻

ホリミヤ 14巻

ホリミヤ 14巻

ホリミヤ 15巻

ホリミヤ 15巻

 

以上、ホリミヤ 12巻82話 ネタバレ&感想でした。

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事