スポンサーリンク
スポンサーリンク

無料で読む!「これも全部あの夏のせい」のネタバレ 感想

タイトルにもある通り舞台は、現代の夏。

主人公は大学生でブサめんの「宮田大吾」という男性。友達はいくらかいるのですがその生活は青春を謳歌しているというより、なんとも質素な感じからスタートしますが、なんとこの男性、ブサめんで幸薄そうな感じですが、すごく美人な彼女がいます。

そんな現実では少しありえない感じの関係から独特の人間味を醸し出すのがこの漫画の面白さの特徴です。

特に印象に残っている場面は、この主人公と知り合いでの泊まりのダブルデートをするような場面があるのですが、4人はそこであるゲームをし(詳しくは忘れましたが指された人は本音を答えるみたいなゲームです)、主人公は、知り合いの、自分の彼女と同等それ以上の美人の女性に「知り合いの財産目当てで付き合っているでしょ?」という質問に、躊躇なく肯定するシーンがあり、一番印象に残っています。

これの他にも、独特な人間味をはなつ、彼女をはじめとした女性陣、その凛とした感じや、何を考えているか分からない感じなど、面白さを引き立てます。

滅茶苦茶お勧めしたい訳ではありませんが、是非無料ということもあるので、お時間のある時に読んでみていただけると幸いです。絵のタッチはどこか素朴で、あまり凝った画風が好きでなければ抵抗なく読めると思います。

サイト内の評価にも、あまり低評価は無く、好評だったコメントがあったので、それなりに万人受けするのではないかと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事