スポンサーリンク

前回のお話で、夜の怪談会に参加した猫猫。

進行を務めていた女官が既に亡くなっていた事を、後から知るのでした…。

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~12巻49話のネタバレ感想です。

薬屋のひとりごと 14巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 13巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 12巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 11巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 10巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 9巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 8巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 7巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 6巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 5巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 4巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 3巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 2巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 1巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 記事一覧を見る!

 

スポンサーリンク

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~12巻49話のネタバレとあらすじ

玉葉妃の元を訪れ、薬屋をしばらく返してほしいと言う壬氏。

子昌の治める避暑地に招かれ、猫猫を同行させようとしていますが…。

彼の恋心を察している玉葉妃は、わざと壬氏の口から猫猫の名前を呼ばせようとするのでした。

壬氏の命令に従い、子昌の治める子北州へ辿り着いた猫猫。

高順の他に、彼の息子・馬閃も旅に同行しています。

馬閃に建国の歴史を聞きながら、立派な館に到着しました。

外はほんのり涼しいというのに、先に部屋にいた壬氏は…覆面をつけていたのです。

さすがに室内では覆面を外したものの、「香泉」という偽名で呼ぶようにと指示した壬氏。

事情がわからず、不思議そうな猫猫ですが…。

壬氏は自分の口から話すと言って、高順達に口出ししないように命じるのでした。

部屋から一歩も出ず、窓も開けようとしない壬氏。

しばらくすると、強い酒やすっぽんのスープなどの精力がつく料理が運ばれてきます。

猫猫が毒味をしても、壬氏は料理に手をつけようとしません。

代わりに馬閃が料理を食べますが、あっという間に鼻血を出して倒れてしまいます。

壬氏と既成事実を作っておきたい連中がいる事に気づきますが、宦官なのに?と謎に思う猫猫。

夜が更け、森の中では数人の男が小さな箱を持って集まっていました。

小型で飛距離も命中精度も上がっているから、森の中でも狙えるはずだ…と呟く男達。

彼らは、何者かの暗殺を企んでいたのです…!

 

1350円分のマンガが無料で読める!

       

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

    こちらの記事も読まれています。  

感想

夏の怪談を終え、今度は避暑地に向かう猫猫。

目的地は子昌の治める土地ということで、キナ臭いニオイがプンプンしますね…。

今回は子昌の一族の歴史と、精力ギンギン料理を取り巻く出来事を振り返りましょう!

馬閃が一生懸命説明していた、猫猫たちの住む茘(リー)という国の歴史ですが…。

漢字の中に配置されている草かんむりは「王母」を表し、その血族は「華」の名を受け継ぐそうです。

下の3つの「刀」は、始祖を助けた武人を表しているのですが…。

子昌の一族が、この武人の血をひいている事が判明しました。

つまり…昔から、皇帝や王族に近かったと言う事ですね。

皇太后の依頼の時にも、後宮の拡大化を推し進めたのが子昌だとわかるシーンがありましたし…。

絶大な権力を持っている事は、間違いありません。

後宮を広げたり壬氏を招待したりしていて、なんか…裏でコソコソしてますよね。

後宮を広げて自分の血族の娘を気に入ってもらえば、彼の地位も上がりますが…。

既に相当の地位の人が狙える座って、皇帝の椅子くらいしかないですよね。

壬氏に近づくのも、自分の地位を上げるためなのか…他に意図があるのか?

子昌の動向は、これからも要チェックですね!

ふと思ったんですが、後宮の虫好きガール・子翠の子って…子昌の血族や親戚と関係あるんでしょうか?

もしそうだとしたら、子昌の娘・楼蘭妃が子翠だという仮説も信憑性が上がりますね。

後宮内では二人が繋がるような言動は見当たりませんが、子昌・子翠…姿も消している翠苓も関係者のような気がするんですよね。

謎が多い所と、名前を並べてみたら…ってあやふやな感じなんですが…。

今回は馬閃も、自分の一族「馬(マー)」は代々香泉に仕えていると言っていました。

やたらと族の話が多かったので、この後も権力を持つ他の一族が出てきたりするのかもしれません。

色々な族が出てくると、大体抗争争いが起こるものですが…。

猫猫たちが巻き込まれない事を、祈るばかりです。

腹の底を明かさない男・子昌に招待され、彼の土地に向かった猫猫たち。

そこではおもてなし料理として、精力ギンギン料理が出されます。

鼻血を出して倒れた馬閃が、不憫ですが…可愛かったです!

この時に、猫猫が変態に襲われた時の話をしているんですが…下ネタだけど爆笑ものでした。

目の前で変態に服を脱がれ、持っていたすっぽんを投げつけた猫猫…。

食いついたら離れないすっぽんに大事な所を襲われるというオチでしたが、壬氏含め男性は怖かったみたいですね。

ソーセージやらすっぽんやら、ちょいちょい大事な部分のネタに笑わされるのですが…。

これも全て、宦官だと思われている壬氏のモノがまだあるよっていうアピールでしょうか?

お話の流れもそうですが、そろそろ壬氏の正体を明かす日が近いのを感じますね。

若い頃はこういうネタも恥ずかしがっていたけど、普通に笑い飛ばせる様になってしまったなぁ…としみじみしました。

次回は緊迫シーンになりそうなラストだったので、しばらく下ネタギャグはお休みですかね…。

今回の見どころは、猫猫が変態に襲われた時の話をするシーンです。

他にも謎解きのヒントがたくさんありましたが、面白さではすっぽんのエピソードがピカイチでした!

 

まるごと無料でマンガを読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

コミック.jp 1000コース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 記事一覧を見る!

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~12巻49話のネタバレでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事