無料で読む!「アメリカンドッグと赤い傘」のネタバレ 感想

 

シンプルな絵柄に惹かれて読んでみましたが、内容も絵柄と同じくシンプルで、絵とお話しの世界観が合っていて好感が持てました。
本当にシンプルな、高校生のラブストーリーという少女漫画の王道です。

主人公の由芽ちゃんは、なかなか可愛いけれど恋愛には臆病な女の子。クラスメイトの駿一君に片想いしています。
席まで隣なのに、話した事も無いんですよね。
ウソー、隣だよ。そんな訳ないんじゃ無い?と思ってしまいましたが、それくらい奥手なんですね。

駿一君は由芽ちゃんのバイト先のコンビニの常連みたいですね。アメリカンドッグばかり買うからアメリカンっていうあだ名らしいです。こういうの、リアルですよね。
こんな接点あるならサッサと話しかけなよとか思っちゃいますね。

このお話しの出だしはかなりまどろっこしいです。一話での二人はコンビニの必要最低限の会話以外は話しません。

でも、お客さんにあだ名みたいなリアルさを物語全体に感じます。
例えば、駿一の好みが自分とはかけ離れたタイプらしくて落ち込んじゃうとか、ティーンズにありがちな恋愛感だなと懐かしくなります。

私のようなおばさんから見ると、娘の恋を応援するような優しい気持ちで見守れるお話しだと思います。

出て来る人に今のところ悪い人がいないのも安心出来ますね。
由芽ちゃんのバイト先の先輩、西野さんは、美人で意地悪されちゃうの?と思いきや良きお姉さんポジションでしたし、由芽ちゃんの行きつけのクリーニング屋のおばさんもいい人です。

そして一話の終盤、ついに傘が登場。
これが漫画のタイトルからすると重要なアイテムなのかな?やっと二人は会話するのかな?
気になります。

 

⇓「アメリカンドッグと赤い傘」のネタバレを読む!

 

 

 

 

アメリカンドッグと赤い傘(1)

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事