前話では、嘘をつくのが下手な宮村のお話でした。自分だけが隠し通せているつもりの宮村ですが、周りの反応は全く違うもので…。仲良くわいわい女子組と男子組に分かれて談笑する場面が面白かったです。
さて、今回はどんなお話でしょうか?
続きが気になるホリミヤ 12巻86話 行ってみましょう~!

ホリミヤ ネタバレ12巻86話


朝、桜は学校で京子に、おはよ~と挨拶をしますが…

京子は無言でスッと桜に近づき、後ろから抱きついて、いきなり桜のムネをぎゅむぅぅ~と掴みます。
「ゴメンちょっと、胸触っていいかな…」触ってから言う京子。目がいっちゃっている京子。
牛乳は好き?乳牛は?裏技?
京子は桜の胸を掴みながら意味不明なことを聞いているところを仙石に目撃されてしまいます。
おい、合意の上か…?と声をかける仙石に
何よ、今話し中よ、一応。と、京子は桜に後ろから抱きつきながら言います。
そうか、それならいいんだと仙石。

「ないわけじゃないのよっ!」

ゴッ!
と、京子が顔を上げた勢いで、後ろにいた仙石の顔に後頭部で頭突きしてしまいました。
頭突きの痛みで顔を押さえ立ちつくす仙石を気にせずに京子は、仙石の胸をペタペタ触りながら
ていうか、ないっていうのはこういうことじゃない?と言います。

「そ、そうよ!堀さんはあるのよ。決してないわけじゃないわ!」
「 天は二物を与えないのよ!」
「堀さん美人だし、頭いいし、友達もいっぱいいるじゃない!」
と、桜は京子を精一杯フォローしますが…

「でも本当に欲しいものは手に入らなかったな」
と、仙石に言われて京子はキレてしまいました。
仙石の頭をグーで殴り、
「仙石お前服脱げよ、体の凹凸全部削ってやるよ」
カンナとヤスリでよぉ…と、京子はすわった目で言うのでした。

日が変わり、桜が1組の派手なグループとよく一緒にいる、何で一緒にいるんだろう?と女子の間で噂になります。
仙石・井浦・柳くん・宮村のイケメン集団が周りに集まって、桜がモテモテに見えています。
他の女子達には、桜を取り合いしているようにしか見えません。
これは実は…
①井浦は由紀にスカートの下にジャージを履くのはどうなの?と聞いたら、どこ見てんの!と、それから由紀に変な目で見られていると、桜に相談しに来たのでした。
②仙石は井浦に桜と絡むなと言いに来たのでした。
③柳くんと宮村はどちらが背が高いかを争って、桜に見てもらいに来たのでした。

そして、トイレに向かった桜は京子とバッタリ顔を合わせてしまいます。
京子に背後を取られた桜は、この前の胸鷲掴み事件を思い出し、京子の好きにはさせまいと今度は、自分から京子に抱きつきに行くのでした。
どう?堀さん、いきなりされるのは?びっくりするでしょ?とこの前の気持ちを分かって欲しい桜。
しかし、京子は「乳当たってんなぁ…くらい」と遠い目をして言います。

そして、その場面を他の女子達に目撃されて、桜は1組のギャル(京子)までも…
と、またもや変な誤解をされるのでした。

廊下に出た桜は今度は由紀と会います。由紀は井浦を探している様子。
最初は「と・・・」と言っていたので由紀は本当は石川を探していたんだと思います。
ただ、桜は石川に失恋しているので気を使ったのでしょう。
由紀の話を聞く桜。由紀は石川の為に作った“成功クッキー”を井浦にあげたら、井浦は鼻をつまんで食べやがった!と怒っていました。
だから、いっそのこと「鼻からクッキーを食べさせてやろうかしら」ふふふ…と目が笑っていない由紀。

騒がしいね~と由紀と桜2人の声が聞こえた他の女子達は廊下を見ます。
桜は見られているとは知らず、
「鼻からクッキー突っ込んで耳から紅茶流し込んだらいいのよ!」と由紀がかわいそうと、井浦に対して怒るのでした。
もちろんその言葉しか聞こえていない他の女子達は唖然…。河野さんって大人しい人と思っていたけど、結構荒ぶった生活を送っているんだね~はげしいね~とあらぬ誤解を…。

他の女子達はその場を去りながら、河野さん怒らせたら「耳に紅茶流し込まれるんだもんね~」と言って、たまたま石川の前を通り過ぎます。
石川の心の中は、「えーーーーー!」色々とあらぬ誤解を受ける桜なのでした。

 

1350円分のマンガが無料で読める!

       

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

    こちらの記事も読まれています。  

感想

えーっと、まず京子さんよ。気にしすぎです(笑)
そして、いきなりアレを鷲掴みはよくありません(笑)
京子&仙石の幼馴染のやりとりが楽しいですね。仙石も京子に怒られるとわかりながら何故、あんなことを言うのか。
また、桜が一見イケメンのハーレム状態になっているのも面白かったですし、クッキーの話のところの「鼻からクッキー 耳から紅茶」はパワーワードですね。

ホリミヤを最初から読んできていますが、桜だけに限らずどんどん皆の心の距離が縮まって、前よりもどんどん仲が良くなっているような気がして、この物語を見守っている私は、嬉しくなるのでした。もう皆の母親目線です!!次の話もあたたかく母は見守りますよ~♪

 

まるごと無料でマンガを読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

 

 

 

 

 

ホリミヤ 13巻

ホリミヤ 13巻

ホリミヤ 14巻

ホリミヤ 14巻

ホリミヤ 15巻

ホリミヤ 15巻

以上、ホリミヤ 12巻86話 ネタバレ&感想でした。

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事