スポンサーリンク

好意を寄せつつもトキワさんをご主人のもとへ送ったコオ先生に、坂の上動物病院が火事になってしまうという試練がやってきます。大好きな人と病院を失い落ち込むコオ先生でしたが、みんなに励まされもう一度前向きに頑張ることを決意します。

僕とシッポと神楽坂 ドラマ化記念特別編 最新話のネタバレとあらすじ

僕とシッポと神楽坂のドラマ化を記念して、特別編が最新話としてオフィスユーに掲載されました。ドラマでこの作品を知ったというかたもいらっしゃるかと思いますが、原作のファンにとっても嬉しいこの最新話について、ネタバレを含みますが紹介していきたいと思います。

 

特別編は道でコオ先生が落とした新しい病院の図面を、田代先生が拾ってくれるところから始まります。

坂の上動物病院が火事でなくなったことを、再生のためのリセットだと思って前進をしているコオ先生ですが、トキワさんのような優秀なAHTがなかなか見つかりません。

いつもそばにいて力になってくれたトキワさんとの日々を、コオ先生は回想します。

 

ある日コオ先生とトキワさん、そして大地くんでおやつを食べようとしているところに、一本の電話が鳴ります。

電話の主は独立を考えている吉本先生という獣医師で、彼は自分の病院にトキワさんをスカウトするのです。

すぐには返事をしないトキワさんでしたが、コオ先生は二人の様子が気になってしまいます。

トキワさんはコオ先生に、「ズルイ言葉」で吉本先生にスカウトされたと伝え、コオ先生はトキワさんの言う「ズルイ言葉」が一体どんな言葉なのかを考え始めます。

 

そんなある日、多頭飼育崩壊の犬たちが病院にやってきます。コオ先生とトキワさんは一生懸命診療にあたるのですが、コオ先生はどんなに怯えている犬でも笑っているときがあったはずだ、シッポたちの笑顔を取り戻すのがぼくらの仕事だと思うと言い、その言葉にトキワさんはひとり涙を流します。

そして、その言葉をかみしめたトキワさんは吉本先生の誘いを断り、コオ先生と一緒に頑張ることを誓うのでした。

 

トキワさんがコオ先生と頑張ることに決めたのは、コオ先生の「ズルイ言葉」が原因なのですが、コオ先生はトキワさんが去って行った今でも、「ズルイ言葉」がなんなのかがわかっていません。

 

ここでコオ先生の回想は終わり、物語は現代に戻ります。

病院のリフォームが終わるまではアメリカに研修に行くというコオ先生に、田代先生は頑張れ、と声をかけて二人は別れるのでした…。

感想

この特別編では「ズルイ言葉」がポイントになっています。

コオ先生は気が付いていませんでしたが、トキワさんが涙を流したのは「シッポたちの笑顔」という言葉を聞いたからです。そしてその言葉こそが、トキワさんをコオ先生のもとにとどまらせた「ズルイ言葉」です。

はたから見ると、この言葉はとくべつ「ズルイ言葉」だとは思いません。しかし、トキワさんにとっては「ズルイ」と感じてしまう、胸にひっかかる言葉だったのでしょうね。

 

大人になると、社会的な責任などさまざまなものが身の回りにまとわりついてしまいます。

無邪気な子どものように、思いっきり好きなひとの胸に飛び込むことはできないかもしれません。

今回の見どころはやはり「ズルイ言葉」に共感できるかどうかだと思います。トキワさんのように、胸の奥で大切にしている「ズルイ言葉」がある人はトキワさんの気持ちを思いやれると思います。

ついつい、彼女がどのような結論を出すのか、見守るような気持ちになってしまいます。

いっぽうのコオ先生も動物病院の再起のために一歩一歩と歩みだしていますが、トキワさんのような優秀なAHTが無事に見つかるのか、まだまだこれからも見逃すことはできません。

丸ごと無料で漫画を読む方法!

 

こちらのサイトで詳しく説明しています。⇒漫画を無料で読む方法!

 

 

 
 

僕とシッポと神楽坂 最新話 ドラマ化記念特別編のネタバレでした。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事