スポンサーリンク

前話では、とうとう圭介に梨香子との関係を聞き出した夢子。
二人は友達らしいのですが、圭介は罪の意識から梨香子を守ってあげなくてはいけないと言い、何やら複雑な事情がありそうです。

刑事の谷川は事故現場の足跡が圭介の足のサイズと同じだったことで疑いを強めていました。そしてある理由から事件の解決を急いでいるのでした。
20話 「デブとラブと過ちと!」ネタバレ感想です。

スポンサーリンク

デブとラブと過ちと! ネタバレ 20話 ネタバレとあらすじ

南は墓参りに来ていました。
そこへ男の子を連れた女性が現れ「申し訳ありませんでした」と頭を下げます。

谷川は早く事件を解決して、南に刑事をやめて欲しいと思っていました。
南の捜査で危険を顧みない姿や、あんぱんしか食べない食生活から、彼が生き急いでいる様に見え、殉職を望んでいるのではないかと疑っていました。

それを聞いた夢子は今から南のところへ行こうと言います。

今日は南の妻の命日でした。
南の妻は4年前、歩道橋で転びそうになった妊婦を庇った際に頭を打ち、亡くなっていたのでした。

墓参りの帰り、南は橋の上で今朝のことを思い出していました。
謝罪をしてきた女性は妻が庇った妊婦で、あの時お腹にいた男の子は4歳になり、サッカー選手になりたいと言っていました。

公園でサッカーをする子供たちを眺め、さっきの子供もいるんじゃないか?と、身を乗り出して確認しようとする南。

するとそこへ夢子と谷川が現れ「早まっちゃダメよッ」と南を橋から引き摺り下ろそうとして、逆に突き飛ばしてしまいます。

なんとか橋に手をかけて引上げられる南ですが、二人はすっかり南が飛び降りようとしたのだと勘違いしていました。

南の家へ来た夢子は南になぜ飛び降りようとしたのか聞きますが、南は「してないわっ」と否定します。

しかし、谷川が殉職を望んでいるのではないかと心配していることを聞くと、それも悪くないと言います。「こんな命、いつでもくれてやる」と言うのです。

 

1350円分のマンガが無料で読める!

       

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

    こちらの記事も読まれています。  

感想

大好きな人と出会えた喜び、それと同じかそれ以上に味わう死別の悲しみや苦しみ。
南のことを思うとあまりに胸が痛くて辛いです。死ぬまで妻の思い出と共に生きていくのだろうと思うと、美談にはとても出来ない苦々しさがあります。

人生の最後は割と残酷で、ほとんどの人が病気か事故か自死で死にます。
それは数十年後かもしれないし、明日かもしれません。なんという恐ろしい・・・。

大切な人の死をどの様にして乗り越えれば良いのか、私には分かりません。
唯一の救済は、100%の確率で自分も死ぬということだけです。永遠の悲しみにもいつか必ず終止符が打たれると、我々は約束されています。

子供の頃、本を読んだり自分なりに哲学するなどして生きる意味を探してみたものの、明確な理由は当然存在しませんでした。

いつの間にかそんなことを考える暇はなくなり、私の生きる意味は、お金を稼いで、ご飯を食べて、寝て起きて、生活していくことそのものになっていました。

この生活が尊いものだと感じる時もあるし、心底嫌になる時もあります。

14話の感想で、もしも自分の命があと○日ならという話をしました。
人生を後悔しない様に、命の残り時間を意識して行動したいという気持ちを書きました。

その逆の発想で、いつでも終わらせることが出来るのだからと思うこともあります。

私は死ぬのがめちゃくちゃ怖いタイプの人間で、いつか絶対死ぬと分かっているのに絶対に死にたくないというジレンマを抱えて生きています。

そんな私でも、とんでもないハードな人生の展開に心が折れそうになることがありました。
昔の夢子の様に「死にたい」と思った過去もあるのです。

一瞬の激しい衝動の後「死ぬのはいつでも出来るから、とりあえず寝よ」と思って眠ってしまったことを覚えています。

最後の手段を知っている安心感。隠された手札を持つ者の余裕とでもいうのでしょうか。

目が覚めた時、すでに実行する気持ちは死への衝動が走った時の1割にも満たない状態でした。

何日かしてだんだん冷静になってくると「どうせ死ぬなら面白い死に方したい」とか「死ぬ前に伝説を残したい」とか、眠らせていたエンターテイナーな自己や承認欲求が湧き上がってきて、死ぬハードルが上がりすぎて死ねなくなりました。

それから、夢子ほどではないけれど私も相当食いしん坊なので「死ぬ前にあれとあれとあれとあれ食べとこ」という感じで無限に出てくる食べたいものに明日への希望を繋いだのです。

全ての欲より楽になることへの欲が勝ったその一瞬が、まさに生死を分けるのかも知れません。

南が死んでもいいと思っているのは、いつかくる死が妻を亡くした苦しみからの解放だと知っているからです。
でも、生きている間に救われなければいけません。そしてそれを救うのはおそらく・・・

 

スポンサーリンク

まるごと無料でマンガを読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

 

 

 

デブとラブと過ちと! 記事一覧を見る!

 

デブとラブと過ちと! 20話のネタバレでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事