よく読まれている記事
スポンサーリンク

高田ローズ先生による「10年シてないスダチさん」の前身となる読み切り作品です。

 

32年間実家のため地元で働き続けた“スダチ”こと菅田チカコの巣立ちを描いた物語になっています。

スダチさんの上京するきっかけや秘められた願望についても詳しく描かれています。

 

これを読むと本作がもっと楽しめますよ!それでは「スダチの季節」感想です!

スポンサーリンク

10年シてないスダチさん 最新話 ネタバレ 1巻0話  ネタバレとあらすじ

“スダチ”こと菅田チカコは、山奥の実家で暮らし就職のため市内で一人暮らしを始めて10年。

シングルマザーで苦労続きだった母親と育ててくれた祖父母のため、

仕送りと実家の手伝いを欠かさず行ってきました。

 

しかし母親の再婚を機にもう少し自分勝手に生きてみようと思い、

この10年できなかった青春をやり直すため、

32年間生まれ育った土地を出て上京することを決めました。

 

気付いたら最後の彼氏は大学4年のころ、

つまりこの10年すっかりご無沙汰になっています。

 

長年一人暮らしを続けた部屋で、

誰ともセックスしていないことが唯一の心残りだったスダチは、

3日後に引越しを控えたある日行きつけのバーへとやってきました。

 

バーの店長は自他共に認める女好きで知られており、

店長なら後腐れなく上手にリードしてくれるかもしれない・・・

そう考えたスダチは、一晩だけの関係をお願いしようとしていました。

 

しかし声をかけた瞬間、一人の若い男性が来店し、スダチのお願いは未遂に終わります。

 

さらに店長は新婚だと判明し、

まさかの計画失敗と居た堪れなさからスダチはヤケ酒をはじめます。

 

目を覚ますと見慣れた自分の部屋の天井と、

さっきまで隣に居た若い男性・小森の姿がありました。

どうやら酔ったスダチを部屋までつれてきてくれたようですが・・・

 

部屋に男性と二人きり、チャンスを逃すまいとスダチが取った驚きの行動とは!?

 

スポンサーリンク

感想

アラサーOLを主人公にした作品はたくさん読んできましたが、

変わった切り口でとっても面白かったです!

 

タイトルまんまのお話でした(笑)

ポンポンとテンポ良く進む展開もいいですね~絵も好みです。

 

32歳になるまで仕送りのために必死で働いて、

休日は実家の家事や畑を手伝って、

スダチさんほんとに優しい女性ですよね。

 

職場でもいい出会いに恵まれなかったのかな~

都内ならまだしも田舎だと難しいのかも。

 

そういうところもリアルでほんとに実在するかのようなお話ですよね。

 

行きつけの店長に一晩の相手をお願いする発想もびっくりですが、

今日知り合った見ず知らずの小森くんをターゲットにするところも笑っちゃいました!

 

良く見たらめちゃめちゃ可愛い顔してる、

と見つめるスダチさんはすでにハンターのようです。

ほんとに目的達成のためには手段を選ばないな!

 

最初はドン引きだった小森くんも、

スダチさんの事情を聞いて相手が誰でもいいってことならば・・・

と受けてくれることに。

 

しかも「据え膳食わぬは男の恥」というわけではなく、なんと彼は経験自体がないんです!

 

想定外の事態にスダチさんもフリーズしてしまいますが、

面倒だなとか不安に思ったわけじゃないんです。

自分がリードしてもらう機満々だった傲慢さを反省するんです~優しい女性ですね。

 

晴れて二人の目的は達成されたわけですが、

行為中もどこか客観的なスダチさんもリアルですよね。

重なるからだの重みや肌の熱は好きだった気がするという捉え方は女性ならではの感想だなあと思います。

 

なんといっても今回の見所は、衝撃のラストシーンですね!

もう二度と会うこともないと思い出にした小森くんが、上京する新幹線の隣の席だったなんて~

これはもうただの偶然じゃなくて、運命の再会ですよね!

 

スダチさんも小森くんもお互い一夜限りの関係で割り切ってると思いますが、黒歴史にしないでほしいなあ~。

これからの上京生活で恋に発展するのでしょうか?続きが気になりますね!

 

以上、10年シてないスダチさん 最新話ネタバレ1巻0話でした。

スポンサーリンク
おすすめ記事