スポンサーリンク

前回のお話で、仔猫のお世話係に任命された猫猫。

キャラバンで子翠と再び出会い、意気投合しますが…。

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~8巻33話のネタバレ感想です。

薬屋のひとりごと 11巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 10巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 9巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 8巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 7巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 6巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 5巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 4巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 3巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 2巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 1巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 記事一覧を見る!

 

スポンサーリンク

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~8巻33話のネタバレとあらすじ

猫猫が翡翠宮に入ると、中はキャラバンから届いた衣装でいっぱいです。

美しいデザインですが、普段よりもゆったりしたものが多いことに気づいた猫猫。

玉葉妃の懐妊が漏れているのでは…?!と警戒を強めました。

その一週間後、後宮中は香油の香りでむせ返るほどになっています。

女官たちの服を嗅ぎ回っていた猫猫は、壬氏に呼び出されてしまいました。

流行っている香油は、全て妊婦に害があるものです…と進言する猫猫。

キャラバンでは他にも、茉莉花茶や辛子など…流産の危険性がある物が売られていたと報告します。

後宮に毒物を持ち込もうとしている者がいるのか?と問われ、猫猫は首を振ります。

毒になる物が多く入ってきている…それがわかっただけですと答えるのでした。

夜が更け、猫猫が厨房で茉莉花茶を飲んでいると…。

壬氏が現れ、俺にもくれと言い出しました。

一つしか無かったため、新しいお茶を淹れますが…。

茉莉花茶の効能を聞かれ、男性側の不妊に効果がありますと言う猫猫。

壬氏は不機嫌そうな顔をして、猫猫の飲んでいたお茶に口をつけてから席を立ちます。

この後宮で、何かが起ころうとしている…。

猫猫は不安に駆られ、夜空を見上げるのでした。

 

1350円分のマンガが無料で読める!

       

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

    こちらの記事も読まれています。  

感想

今回のお話の猫猫は、玉葉妃の懐妊が何者かに漏れているのではないか…その裏付けを取る事に尽力していました。

妊婦に関係するものを見つけ出す猫猫の洞察力と、壬氏との間接キス!

この2つに焦点を絞っていきたいと思います。

キャラバンから入ってきた香油が、後宮内で流行るのですが…。

香水みたいな感覚で利用していて、友達の小蘭は不快そうにしていましたね。

ちなみに私も、香水の香りに弱いです…。

柑橘系以外は、滅多に気に入る事がないですね。

甘い香りの香水をしている人には失礼ですが、近づかないか…鼻呼吸を止めて口呼吸に切り替えます。

この後宮のように、色々な香りが混ざり合うと…気持ち悪くなってしまうんです。

普通の人なら気持ち悪くなる程度ですが、まさか…妊婦に良くない香りがあるなんて知りませんでした!

有名な薔薇をはじめ、安息香・青桐・乳香に桂皮…。

安息香はバニラの香りで有名だし、青桐はお線香に使われる事もあります。

乳香は森林の香りがする物で、桂皮はシナモンのことですね。

これらの中には、知らなくても嗅いでいるくらいメジャーな物もありました。

アロマ検定の資格でも持ってない限り、香りの効能なんて店頭表示を見るくらいですよね…。

ですが猫猫は、後宮の女官たちの匂いを嗅ぎまくり…妊婦に害があるものばかりなのを突き止めたんです。

相当の知識がないと、この答えには行き着きませんよね!

今で言うと…生薬と言われている成分が、香辛料や香油の成分とも重複する物も多かったのもポイントです。

薬屋でなければ、ここまで断定することは難しかったでしょう。

あまりにも強引に女官を嗅いだため、壬氏には呼び出しを喰らいましたが…久しぶりに薬屋らしい一面が見られました。

なにやらキナ臭い雰囲気が漂っていますが、恋愛面は少し前進しています!

壬氏と猫猫がお茶を飲むシーンで、二人が一緒のコップを使ってしまうんです。

ジャスミン茶を飲みながら、男性機能に効く…と口走ってしまった猫猫。

猫猫は気まずそうにしていますが、本人は不機嫌そうな表情になっていました。

壬氏が不機嫌になった理由って、猫猫が壬氏を男として見ていない発言をしたからですよね。

猫猫は壬氏をタ◯ナシだと思っていますから、悪気はないんでしょうけど…。

二人きりの時間が増えても異性として見てもらえない、壬氏の辛さがよくわかるシーンです。

猫猫の事が好きだからこそ、すごく傷ついてるんですよね。

猫猫がお茶を淹れている隙に、彼女が飲んでいたジャスミン茶に口をつける壬氏。

好意を伝えられないもどかしさが痛いほど伝わってきて、胸がキュンとしました…。

壬氏が去った後、猫猫は自分のお茶が減っている事には気づきますが…間接キスには気づいていない様子。

色恋沙汰には鈍感な猫猫が、壬氏の想いに気づく日は来るのでしょうか?

今回の見どころは、壬氏が猫猫の飲んでいたお茶を飲むシーンです。

壬氏の複雑な想いがよくわかる、素敵な場面でした。

セリフは少ないのですが、演出で微妙な恋心を表現していて…。

謎解き同様、読者に考えさせる手法は見事!と改めて感じました。

 

まるごと無料でマンガを読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

コミック.jp 1000コース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 記事一覧を見る!

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~8巻33話のネタバレでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事