スポンサーリンク

前回のお話で、鉱山を見学した二人。

サファイアの流通に力を入れるため、高級品に「ヴィオラ・サファイア」と名付けますが…?!

誰かこの状況を説明してください!7巻42話のネタバレ感想です。

誰かこの状況を説明してください 7巻をはじめから読む!

誰かこの状況を説明してください 6巻をはじめから読む!

誰かこの状況を説明してください 5巻をはじめから読む!

誰かこの状況を説明してください 4巻をはじめから読む!

誰かこの状況を説明してください 3巻をはじめから読む!

誰かこの状況を説明してください 2巻をはじめから読む!

誰かこの状況を説明してください 1巻をはじめから読む!

誰かこの状況を説明してください! ~契約から始まるウェディング~  記事一覧を見る!

 

スポンサーリンク

誰かこの状況を説明してください!7巻42話のネタバレとあらすじ

旅行中…初めて雨に降られ、ヴィオラは別荘で暇を持て余していました。

それを見ていた侍女・ステラリアは、ウォーキングレッスンをしましょう!と提案します。

ほがらかな笑顔で、ビシビシとヴィオラを指導するステラリア…。

さすがはダリアの娘さんですね…と、ヴィオラはヘトヘトになるのでした。

仕事が一段落したサーシスも合流し、二人で歩き方の練習に励みます。

一般のエスコートが苦手なんです…と言うヴィオラに、手を繋ぐなら?と提案するサーシス。

その後、鉱山の責任者が別荘を訪ねてきました。

サファイアのサンプルを並べ、更に上質な物もあると言っています。

その言葉に反応し、再びヴィオラの顔を見つめるサーシス。

嫌な予感がしたヴィオラは、旦那様?と問いかけますが…。

「ヴィオラ・アイ」という称号にしよう!と、サーシスは目を輝かせたのです。

とんでもない!と慌てるヴィオラですが、周囲にも後押しされ…あっという間に採用されてしまいます。

その上、サファイアの宣伝も頑張ってください!と言われ…。

社交界への顔出しを増やされ、憂鬱になるヴィオラなのでした。

 

1350円分のマンガが無料で読める!

       

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

    こちらの記事も読まれています。  

感想

ラブラブ度★★★★☆

前回で恥ずかしいネーミング話は終わったと思っていましたが、今回はそれを上回っていましたね。

「ヴィオラ・アイ」ですよ…!

「ヴィオラの瞳」なんて名前、顔から火が出るほど恥ずかしそうです。

生まれつき高級品に囲まれて、贅沢な暮らしをしている人だったら…サラッと受け入れるのですかね?

私も一般庶民なので、自分の名前が付くなんてのは嬉しくないですかね…。

でも…自分で一生懸命成し遂げた上で、称号として残るのはいいと思います。

未発見の虫に名前をつけられるとか、初めて発見した星に名前をつけるとか…。

好きな人の名前をつけるっていう行為は、貴方の事を大事にしていますっていうアピールのように感じますね。

こんな事をサラッと実行しちゃうサーシスに、失礼ながら笑いが止まりません。

本人は、至って本気なんですよ…!

ヴィオラが恥ずかしいって思うのは、サーシスのデレっぷりがバレてしまうからですかね?

彼は本当にヴィオラにゾッコンで、未だに付き合いたてのカップルのようですし…。

エスコートの練習をする時も、腰に手を回されたりするのは苦手だと言われていましたね。

ベタベタしたいサーシスに、極力距離を保ちたいヴィオラ。

二人がイチャイチャしている場面なんて、夢のまた夢でしょう…。

ヴィオラ・サファイアの知名度を上げるために、社交界のお仕事が増えてしまったヴィオラ。

私も大勢集まる場所に行くのがめっちゃ苦手なので、彼女の気持ちが、よくわかります。

共通の話題を見つける所から始めるから、時間はかかるし気は使うし…。

俗にいう、雑談をする能力に乏しいんですよね。

気の許せる人達とは、マシンガントーク出来るんですが…。

何回も場数を踏めば、マシになるんでしょうか?

ヴィオラの場合は、パーティーに出る回数は少ないものの…そつなく対応出来ていて羨ましいです。

ヴィオラ・サファイアを身に着けて社交界に!とサーシスは発言していますが…彼がみんなの前でノロケる姿が目に浮かびます。

宝石を身に着けて更に美しくなったヴィオラが隣にいたら、ニヤケまくりですよね。

恥ずかしがり屋のヴィオラが、何故社交界での宣伝に協力すると約束したのか…?

それは、サーシスの優秀なプレゼンがあったからです。

高級なサファイアの普及と共に、クズ石で作ったアクセサリーにも同時に着手し…。

村の工芸品として売り出し、領民の収入を増やそうと考えていたんです。

社交界で高級サファイアが流行れば、同時に工芸品も話題になるのでは…と思ったサーシス。

てっきりヴィオラの為だと思いこんでいたので、最後の最後で感心しました!

サーシスがヴィオラにした、領民のために力を注ぐという約束をちゃんと守ってますよね。

この案にはヴィオラを目を輝かせ、頼もしそうな眼差しをサーシスに向けています。

最近のサーシスは、ヴィオラを上手く誘導するようになってきましたね!

彼の純粋すぎて笑いを誘う部分と、頭の良さを活かした手腕…。

そんな彼の魅力に、どんどん惹かれるヴィオラ。

ドタバタラブコメを十分に楽しめて、大満足の回でした!

今回の見どころは、「ヴィオラ・アイ」という名前を提案するサーシスです。

彼女へのラブだけでなく…領民の事まで視野に入れた企画、お見事でした。

お互いに補い合うような関係性も感じられ、これからのヴィオラとサーシスに期待大です!

 

まるごと無料でマンガを読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

コミック.jp 1000コース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かこの状況を説明してください! ~契約から始まるウェディング~  記事一覧を見る!

 

 

 

 

誰かこの状況を説明してください!7巻42話のネタバレでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事