スポンサーリンク

前回のお話で、皇族の特殊遺伝を解き明かし…見事に正解の出口に辿り着いた猫猫。

一緒に廟に入った壬氏が何者なのか、気になるものの…深く立ち入ろうとはしないのでした。

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~11巻44話のネタバレ感想です。

薬屋のひとりごと 15巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 14巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 13巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 12巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 11巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 10巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 9巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 8巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 7巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 6巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 5巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 4巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 3巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 2巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 1巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 記事一覧を見る!

 

スポンサーリンク

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~11巻44話のネタバレとあらすじ

後宮では、笑いながら虫を集める変な女が出没中という噂が立っていました。

濡れ衣を着せられ、反省のため物置小屋に連れてこられた猫猫ですが…。

むしろ嬉しそうな顔をされ、侍女頭の紅娘は頭を抱えるのでした。

虫集めと聞き、噂の人物は子翠だと考えた猫猫。

神出鬼没だという彼女の行方を、他の侍女たちから聞き出します。

子翠に初めて会った場所に行くと、予想通り虫採りに励む姿を見つけました。

交易品に紛れてきた珍しい虫を捕まえ、ご機嫌な様子です。

二人で話をしていると、カラン…という音と共に皇太后の姿を見つけました。

診療所に向かっているのかも?と言う子翠の言葉に、猫猫も興味をそそられますが…。

帰りが遅い!と怒る侍女たちの顔が思い浮かび、すごすごと翡翠宮に帰ることにするのでした。

猫猫が帰ってくると、侍女たちが慌ただしくお茶の準備をしています。

しばらくすると、皇太后・安氏が現れたのです。

玉葉妃と鈴麗は挨拶をした後、席を外しました。

猫猫と対峙した皇太后は、色々な問題を解決しているあなたに調べてほしい事がある
と告げます。

…私は、先帝に呪いをかけたのかしら?

「呪い」という言葉に、猫猫は驚きの表情を浮かべるのでした。

 

1350円分のマンガが無料で読める!

       

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

    こちらの記事も読まれています。  

感想

猫猫がいきなり同僚の桜花にチクられ、物置小屋で反省しろと怒られるシーンから始まるという今回のお話…。

前回がシリアスめで終わったので、久しぶりにクスッと笑える部分が多かったです。

久しぶりに出会った子翠と猫猫のシーンと、今回初登場の皇太后・安氏について考えてみましょう。

猫猫はトカゲの尻尾集めに夢中になっていましたが、子翠は珍しい虫に夢中になっていました。

子供のように目をキラキラさせて、虫を捕獲している子翠がめちゃくちゃ可愛かったです!

猫猫の髪飾りを虫と見間違えて、捕獲しちゃうというお茶目な一面も見せました。

ドロドロな後宮で、ここまで天真爛漫な子も珍しいですよね…。

子翠よりは自分の方がマトモだと猫猫は思っているようですが、どっちもどっちでしょ!と思いませんか?

虫か毒かの違いだけで、そもそもトカゲの尻尾集めなんてしないですしねぇ…。

さすがの私でも、トカゲは観察するために捕まえますが…ビチビチしている尻尾を捕まえるのは抵抗がありますもん!

似た者同士の子翠ですが、ちょっと不思議なシーンも垣間見えてきました。

まず、子翠が神出鬼没だという点です。

普通の下女なら、基本的には仕事が割り振られていると思うんですよね。

午前中ならお洗濯とか、昼前ならお掃除とか…。

猫猫は子翠の居場所を、同宮にいる侍女に聞き出すのですが…どうにも口が重いんです。

壬氏から貰った布をエサにしていた猫猫ですが、こんな使い方されたと壬氏が知ったら…凹んでしまいますね。

相変わらず恋愛に無頓着な猫猫に、笑わせてもらいました!

てすが…ホイホイ言えない事情があるってことは、普通の下女ではないということでしょうか…?

そもそも虫採りしている時点で、仕事してませんし!

お忍びで気分転換しているのだとしたら、意外と位が上の人物なのかもしれません。

彼女が一体何者なのか…解き明かされる日が待ち遠しいです!

子翠と別れた後、皇太后直々に依頼を受ける猫猫。

安氏という名前から、以前壬氏が見ていた悪夢に出てきた女性だと推測できますね。

名前も1字違いですし、壬氏が幼い時に母として振る舞っていたと思われます。

壬氏は以前後宮から去った、阿多妃の子であるというのが有力視されますが…。

出産時に子供のすり替えがあり、その後壬氏は安氏に育てられたという事でしょうかね?

恐らく壬氏は、病弱で姿を現さない「皇帝の弟」に位置する人物でしょう。

王族の家系図、誰か説明してー!なんてモヤモヤしているのですが…。

皇太后が登場するということは、王族に関する新しい事実が判明するのかもしれません。

子翠は皇太后の事を、診療所を作ったり宦官制度を廃止した優しい人だと言っていましたが…。

彼女の口から、「呪い」なんて物騒な言葉が飛び出すんですから…不穏な事件の匂いがプンプンですよ!

先帝を殺したとか、物騒なことじゃないといいですけど…。

皇太后と先帝の関係が解き明かされれば、幼い頃の壬氏の事もわかるかもしれませんしね。

次回に語られる「呪い」の詳細を聞き、猫猫がどう動くのか?

とても楽しみです!

今回の見どころは、子翠と猫猫がじゃれ合っているシーンです。

無邪気な虫スキー・子翠と、それよりマシだと思っている猫猫…。

傍から見れば同じだよ!と、笑いながらツッコミたくなりました。

 

まるごと無料でマンガを読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 記事一覧を見る!

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~11巻44話のネタバレでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事