スポンサーリンク

前回のお話で、オーランティアからの結婚話を断ったサーシス。

離婚されたら困ると悩んだサーシスは、ヴィオラに結婚の話を内緒にすることにしました。

ですが、バーベナ主催のお茶会に参加した際、ヴィオラの耳に入ってしまい…?!

誰かこの状況を説明してください!
最新話8巻50話のネタバレ感想です。

誰かこの状況を説明してください 7巻をはじめから読む!

誰かこの状況を説明してください 6巻をはじめから読む!

誰かこの状況を説明してください 5巻をはじめから読む!

誰かこの状況を説明してください 4巻をはじめから読む!

誰かこの状況を説明してください 3巻をはじめから読む!

誰かこの状況を説明してください 2巻をはじめから読む!

誰かこの状況を説明してください 1巻をはじめから読む!

誰かこの状況を説明してください! ~契約から始まるウェディング~  記事一覧を見る!

 

スポンサーリンク

誰かこの状況を説明してください!最新話 8巻50話のネタバレとあらすじ

バーベナ主催のお茶会から帰ってきたヴィオラですが、その表情は曇ったまま。

ロータス達もサーシスの結婚話を知っていたと聞き、ぷうっと頬を膨らませます。

不安そうなヴィオラを見て、余計な心配をかけないように配慮したのでしょう…と言うロータス。

しぶしぶ納得するヴィオラですが、もしかして…?と考え込むのでした。

その頃、来賓のおかげで忙しく業務に追われているサーシス。

バーベナの兄セロシアに会い、ヴィオラが結婚話を聞いてしまった事を知ります。

それを聞いたサーシスは顔色を変え、大慌てでヴィオラの待つ屋敷に向かうのでした。

夜も更け…ヴィオラがベッドの中でウトウトしていると、メイドさんが部屋にやって来ました。

サーシスが待っていると聞き、怪訝そうな顔で部屋を出るヴィオラ。

ヴィオラの顔を見るや否や、サーシスは飛びついて彼女を抱きしめます。

オーランティアから結婚の申し込みがあった事を話した後、ヴィオラから離婚の話をされたらと思うと怖かった!と、本心を打ち明けました。

それを聞いたヴィオラはサーシスを真っ直ぐ見つめ、旦那様が大事にしてくれるのはわかっているし…そんな事言いません!と答えます。

初めの頃よりも、旦那いらなくね?とは思えない…。

頬を赤く染めながら、今までになく大胆に告白するヴィオラ。

それを聞いたサーシスはホッとして、これからは何でも相談します!とヴィオラを抱きしめるのでした。

後日、オーランティア王太子一行の歓迎会に参加するヴィオラ。

サーシスは会場の警備のため、バーベナたちと共に王太子とその妹姫を探すことにします。

王太子・オズマンサスと妹のオランジェが登場し、目を輝かせる女子達ですが…。

濃いめマッチョの王太子にゲンナリする女子が多い中、サーシスに結婚を申し込んだオランジェを鋭く見つめるバーベナ。

野暮ったいドレスな上…似合わなさすぎですわ!と、ズバリ言い切るのでした。

その後やることもなく、サファイアの宣伝のために来客と話すヴィオラ。

何やら嫌な視線を感じ、ゾクリと悪寒を感じます。

その視線の主・オズマンサスがヴィオラに近づき、一緒に踊ってほしいと言いますが…?

 

1350円分のマンガが無料で読める!

       

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

    こちらの記事も読まれています。  

感想

ラブラブ度★★★★★

今回のお話では、サーシスに舞い込んだ結婚話をきっかけに、やっとヴィオラが自分の気持ちをさらけ出しました!

目まぐるしく変化するヴィオラの表情も素敵で、初々しさでいっぱいです。

ベタベタする訳ではないですが、想いが通じ合った事が確認できて大満足ですね。

今回は「自分の気持ちを打ち明けるヴィオラ」「オーランティアから来た二人」「ヴィオラ、再びピンチ?!」の3つに焦点を当ててみたいと思います。

自分の気持ちを打ち明けるヴィオラ

サーシスのエスコートを受けて胸がドキドキしても、「ま…いっか!」の一言で片付けていたヴィオラ。

あまりにも恋愛に無頓着で心配していたのですが、サーシスに隠し事をされて悶々としていましたね。

サーシスのことを本当にどうでもいいと思っているなら、こんなに悩むことはないはず。

自分の事を信用してないのかな…と、不安になる気持ちにも納得です。

私もヴィオラと同じ立場だったら、その問題がどんなことであれ…話してくれなかったという事実に悲しくなるでしょう。

今回のすれ違いは…ヴィオラがサーシスを大事に思っている事が伝わっていれば、サーシスは隠し事にしなかったかもしれません。

この件でもわかるように、相手に自分の気持ちを伝えるのって…とっても大事なんですね!

ヴィオラはとっても奥ゆかしくて素敵な女性ですが、サーシスは本当に愛されているのか…少し不安に思っていたようですし。

私も、相手に好意を伝えるのは精神力を消耗して苦手なのですが…。

ちゃんと伝えなくちゃいけない事は伝える事で、相手に安心感をあげられるんだなと気づきました!

やっと自分の気持ちを伝えたヴィオラですが、家族としての好意です!と照れ隠しするシーンも可愛いですね。

サーシスのことを考えて表情をくるくる変える彼女は、どこからどう見ても恋しちゃってます。

情熱的な恋愛ではなく…こんな素朴な純愛も、ヴィオラとサーシスならでは。

一般の常識に囚われない二人だけの絆を、これからも築いていってほしいです!

オーランティアから来た二人

オーランティアの王太子・オズマンサスとその妹・オランジェの姿が明らかになりますが…。

予想外のびっくりフェイスに、思わず笑ってしまいました!

丁寧な言葉を選んで説明するなら、マッチョ系とぽっちゃり系の兄妹ですね。

特にサーシスに結婚を申し込んだオランジェ姫に関しては、カレンデュラみたいなキツめ美女をイメージしていたので…なんだか裏切られた気分です。

毒舌家のバーベナなんて、ズバリと本音で言い切って一刀両断!

外見は変わってもブレない彼女、とっても素敵でした。

私、やっぱり…バーベナのツンデレっぷりに惹かれているかもしれません(笑)。

バーベナなら、サーシスに代わってヴィオラを守ることも可能なのでは?と思うほど!

これからも、どんどん登場してほしいお気に入りキャラの一人になりました。

ヴィオラ、再びピンチ?!

暑苦しいフェイスとマッチョ体型のせいで、彼氏募集中の女子たちから敬遠されてしまったオズマンサス。

適度に他の貴族と交流を楽しむかと思いきや、その視線はヴィオラに一直線…!

なんというか、ストーカーみたいな粘り気がある視線で…気持ち悪かったです。

ヴィオラのように誰にでも優しいタイプって、厄介な人にも狙われやすいんですよね。

おまけに王太子という地位があり、断りにくくて余計に厄介な相手です。

その反面…バーベナのようなハッキリした女性は、悪い虫がつかないイメージで羨ましいです!

私も押しに弱いタイプなので、こういう時に一人で切り抜ける自信がありません。

ヴィオラも誰かの助け舟を待つことになると思うのですが、ヴィオラを助ける人と言ったら…やっぱりサーシスですよね!

絆を確かめ合った二人ですし、どんな風にヴィオラを助けてくれるのか…ドキドキしちゃいます。

やっぱり、ヴィオラは僕の妻なので!とハッキリ言ってくれるんでしょうかね?

普段だったらおノロケ〜と言いたくなる所ですが、こういうシーンで言ってくれたら「おぉ〜!!」って拍手しちゃうかも。

次のお話ではラブラブな二人が見られそうで、今から楽しみです。

今回の見どころは、ヴィオラがサーシスに今の自分の気持ちを打ち明けるシーンです。

恋愛初心者だからか…照れからか、なかなか自分の気持ちを打ち明けていなかったヴィオラ。

今回の結婚話は迷惑この上ない事件でしたが、ヴィオラの本音を引き出すキッカケになりましたね!

普段のニコニコ笑顔とは違い、サーシスをしっかり見つめて答えるヴィオラの表情がたまりません。

ヴィオラが積極的になる数少ないシーンなので、お見逃しなく!

 

まるごと無料でマンガを読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かこの状況を説明してください! ~契約から始まるウェディング~  記事一覧を見る!

 

 

 

 

誰かこの状況を説明してください!最新話 8巻50話のネタバレでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事