スポンサーリンク

前話では、松子の地元である福島県へと今泉と旅行にいくお話でした。旅行のプランは白河を観光したのち、松子の妹家族と合流してハワイアンズで一泊するというものでした。順調に旅はすすみますが、松子の将来への不安からくる「ある言葉」に思わず眉を顰める今泉。「俺なりに腹をくくってきたつもりだったんですけど」と言い残し、一人東京へと帰ってしまいました。そんな今泉を追いかけて、妹家族を残し松子も東京へと戻りますが…?衝撃のラストシーンだったので続きが気になるところですが、今回は福島旅行の出発前のふたりを描いたスペシャルショートのお話です。最新話、9巻スペシャルショート 酒と恋には酔って然るべき感想です!

ネタバレを読む前に!

こちらから1~6巻の最初の記事に移動できますよ!

酒と恋には酔って然るべき 記事一覧

酒と恋には酔って然るべき 9巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 8巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 7巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 6巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 5巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 4巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 3巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 2巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 1巻をはじめから読む!

 

スポンサーリンク

酒と恋には酔って然るべき 最新話9巻スペシャルショート ネタバレとあらすじ

 結婚に対して消極的な今泉に、半ば冗談のつもりで、「福島旅行なんてどう?」と提案した松子。断られるかと思いきや、「いいんじゃないですか」とあっさり承諾する今泉に驚きをかくせません。適当に宿とか見ておきますね、と言われたので様子見していた松子ですが、お互い具体的な計画を出さないまま旅行の日が迫ってくることに焦り始めます。

耐えかねた松子は、同僚である白石に福島旅行がノープランであることを相談します。松子の地元といっても、会津は観光地なんだし連れて行けばいいじゃないと答える白石。

しかし松子はそれはそれで後に退けなくなりそうで怖いというのです。その言葉に、この期に及んで退く気なの?とあきれる白石。

しかし実際は、松子自身の気持ちではなく、今泉を一気に追い詰めすぎるのではと心配していたからでした。白石の「今泉くんがサクッと決めてくれたらラクなのにね」という言葉に、松子は深くため息をつくのでした。

その夜、今泉の部屋で過ごしている松子は旅行をどうするつもりなのか、気が気ではありませんでした。今泉が何もいわないのは、実は福島に行きたくないのでは…と不安になる松子。もしかして宿がとれなくなるのを待っている?と疑心暗鬼におちいります。

そんな時、松子のスマホに妹から連絡がきました。「どこに行くか決まった?会えそう?」というメッセージに、勢いのまま今泉に「福島で行きたいところは決まった?!?」と尋ねた松子。今泉は福島県のあまりの広さにどこに行くかを決めかねているようでした。

とりあえず妹に電話をかけた松子。その時にハワイアンズでの合同一泊旅行を提案されるのでした。(54話参照)

ありのまま今泉に話すと、妹家族との合同宿泊にも「いいですよ」と即答され驚く松子。

ラーメンには目をつけていたという今泉は、それなら白河に立ち寄りたいと言い、なんとか具体的な旅行プランがまとまってきました。

ふと今泉は、松子の妹の子どもだちについてあれこれと聞き始めました。「二人でしたっけ?」「いくつですか?」「妹さんたちはよく東京にはくるんですか?」と矢継ぎ早に質問され、松子は今泉が興味を持ってくれていると嬉しくなります。

子どもは3歳と4歳の男女一人ずつ。甥っ子は電車に目覚め、姪っ子はプリンセスに夢中なんだとか。めったに東京にはこれないので、東京限定のお菓子を食べたがっていたと、嬉しそうに話す松子。

しかし、実は子供たちへのお土産選びのための情報収集だったのです。松子には内緒で手土産を用意していた今泉。お土産の検索結果(女児向けプリンセスアニメ)がスマホに反映されてしまうほどにリサーチを重ねていました。

そうとはしらない松子は、不安と期待が入り混じった気持ちで福島旅行へと臨むのでした。(54話目へと続く)

 

1350円分のマンガが無料で読める!

       

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

    こちらの記事も読まれています。  

感想

波乱に満ちた福島旅行の出発前のお話でした。このお話を読むと、今泉がいかに福島旅行を楽しみに、そして腹をくくっていたのかがよくわかりますよね。

でもまあ分かりにくいですよね!(笑)そりゃ松子も「実は行きたくないのでは」と不安になっちゃうのも仕方ありません。

なんせ友達以上恋人未満の関係だったとき、松子と付き合わなかった理由に「だって藤井さん結婚したそうだったから」なんて言ってのけた今泉。

今泉は前の彼女とも結婚に消極的な姿勢が原因で別れていますし、松子だって追い詰めすぎなんじゃないかと躊躇しちゃいますよね。

とはいえ、自分の年齢を考えるとそうはいってはいられない状況で…。恋と酒にいつまでも酔っていたい松子でしたが、伊達さんとの一件もあり結婚について真剣に考え始めていたんですよね。だからこそ、断れることを覚悟して自分の地元である福島旅行を提案したんですから。

でも出身県に旅行に行く=実家に顔を見せに行く=結婚への第一歩というイメージがありましたが、松子は実家によらない選択肢も考えていたんですね。

「福島行くなら実家に挨拶に行こう」なんて直接的なことは言っていないし、福島県も広い(日本第三位って初めて知りました)ので観光地は他にもありますもんね。

ただ、松子との会話を見るからに「行きたいところがいっぱいあるから絞り切れてない」という雰囲気でしたよね。54話の旅行中にも「また福島来ましょうね」と笑顔で話す今泉のシーンもありましたし。福島旅行が嫌そう、という風には見えなかったのでそこはちょっと安心しました。

さりげなく、松子の飲みたいお酒を聞いていたところにも優しさを感じました。きっと飲みたい銘柄がおいてあるお店を事前に調べて連れていくためですよね。今泉の過去の行動を見ると、意外とサプライズ好きな一面もありそう。

ただ松子は、「どこにいってもうまい酒はあるからね」と答えたのがおもしろかったです。一期一会の出会いも楽しむなんて本当に日本酒が大好きなんですね。

あと、妹家族のことをさりげなく聞き出す今泉も良かったですよね!54話を読んでなかったら、今泉って結構子ども好きなのかな?なんて感じていたと思います。

でも54話ですでに今泉がチョイスした子どもたちの好みにピッタリなお土産を見てしまっていたので、今泉~~っと思わずにやけながら読んでしまいました。

あのお土産は何気ない会話を装って引き出した情報でリサーチした品だったんですね。今泉めっちゃ優しいじゃないですか…。今泉もちゃんと福島旅行に行く意味を理解して、結婚を意識して臨んでいたんだなって伝わってきました。

ちゃんとお互いが思っていることを話し合っていれば、福島旅行ですれ違うこともなかったのに…。なんて歯がゆい思いしながら読んじゃいました。そう簡単にいかないからおもしろいんですけどね(笑)

次号では本編の続きが読めるといいですね!一人東京に帰ってしまった今泉に追いかけた松子が衝撃の一言を放っていましたが、今泉のリアクションが気になるところです!

今回の見どころは、今泉が松子の姪っ子・甥っ子の情報を聞き出すシーンですね。あのお土産はここでの会話がもとに選ばれたのか~!と伏線回収に思わずニヤリとしちゃいました。そして今泉のやさしさに不覚にもときめいてしまいました。妹家族へのお土産に、わざわざ子供たちの分まで用意するのがめちゃくちゃいいですよね。松子の家族も大事にしようとしてくれてる姿勢が伝わってきます。

だからこそこの福島旅行での事件を乗り越えて、二人には無事に結婚までたどり着いてほしいのですが…ひと癖のふた癖もある今泉なので、どうなるのかハラハラしちゃいますね。

 

「酒と恋には酔って然るべき」をまるごと無料で読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

 

 

 

 

⇓こんな記事も書いています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、酒と恋には酔って然るべき 最新話ネタバレ 9巻スペシャルショートでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事