よく読まれている記事

<前回のあらすじ>

諏訪先輩が由希に告白したと知った宇佐見は、好きな人と友情の間で悩んでしまう。

由希に全てを打ち明けて分かり合えた2人は、諏訪先輩へ自分の本気を伝えようということに!

宇佐見の本気は伝わるのか!?

 

スポンサーリンク

なまいきざかり ネタバレ  14巻82話 ネタバレとあらすじ

漫画を無料で読む方法!

漫画を無料で読む方法は

下の方にありますのでスクロールしてくださいね!

由希と宇佐見は一歩前進しましたが成瀬と由希の喧嘩?はまだ未解決。

82話ではどう2人の関係が変わっていくのか?なまいきざかりのネタバレ始まりますよ~。

 

全てをさらけ出した由希と宇佐見は、今後諏訪先輩にどうアプローチしていくのか作戦会議をします。

さっきまで諏訪先輩への辛い想いで泣いていたとは思えないほど立ち直りの早い宇佐見ですが、

いつもの猪突猛進のような恋愛スタイルはどこ吹く風。いざ自分の事になると「本当のことを話す」ということは怖いことだと呟きます。

 

それは由希にも言えることで、成瀬が自分に対して言い放った年下扱いしているという言葉は、

成瀬を傷つけていると同時に、そう捉えられても仕方の無い行動を自分が取ったのだと反省します。

だからこそ成瀬ときちんと話して解決する必要がある!と授業の終わった教室で1人寝ている成瀬に近づきますが、

成瀬から諏訪先輩に告白された話をしなくていいのかと逆に聞かれてしまいます。

話の順序をぶった切られた由希ですが、きちんと説明しようとするも、「何もないから話さなかったのだろう。自分も疑っていない」と

成瀬に大人な対応をされてしまい、詳しく話せませんでした。

本当はちゃんと話したかったのに成瀬が強制終了したのでかなり不完全燃焼の由希。

部活中も悶々としますが、それは成瀬も同じ。今日も部活で調子が悪い成瀬は休憩中に袴田に蹴られます。

「ちゃんとやれ!」と袴田から渇を入れられたわけですが、袴田も何も悪気があってやってるわけではなくて、

成瀬の本気はこんなもんじゃないって思っているのに、練習に実の入らないライバルを見てイライラしてしまったのでしょうね。

成瀬を認めているからこその苛立ちなんだと思います。

 

ヒートアップした2人は部長からグラウンド10周を命じられます。

そこでも喧嘩しながら走る2人ですが、諏訪先輩が体育館に戻るように呼びに来て、

成瀬に「由希に告白した」なんて挑発したことで部活での調子を狂わせていることを

成瀬が羨ましくてやってしまったと謝ります。

 

一方宇佐見はというと、諏訪先輩と会う約束を取り付けていました。

会って早々に、由希なら、自分がダメでずるくて弱くても受け入れてくれるんじゃないかと思ったと恋心を語る諏訪先輩。

これを聞いて宇佐見は落ち込むかと思いきや、「それお母さんですよ」と一蹴。

由希にも自分への感情は恋愛感情じゃないと言われていた諏訪先輩は、自分の幼少期の頃を思い出して不機嫌になり

これ以上宇佐見と話そうとしません。

自分は違う側の人間なんだと宇佐見との間にテープを貼る諏訪先輩。

いつもの様子ではない諏訪先輩を見た宇佐見は、2人の間にあるテープを破り捨て諏訪先輩にキスをして

本当の諏訪先輩を自分が見つけて、どんな諏訪先輩も好きだって言ってみせる

と最上級の告白をして去って行くのでした。

 

 

 

スポンサーリンク

感想

今回諏訪先輩からの告白について由希から根掘り葉掘り聞かなかったのは

成瀬なりの大人な対応だったんでしょうかね。

由希はきちんと話すつもりだったのに、結局話せず仕舞いですし、何だが解決したようで根本解決していない気がします。

宇佐見と諏訪先輩の方が、急接近したように感じました。

どんな彼でも好きだって言ってみせるって一言って、由希の成瀬を支えるためだったら何があってもそばにいるという言葉に匹敵するぐらい

最上級の愛情表現だと思います。

諏訪先輩の幼少期が今の恋愛事情に関係しているのだと思いますが、

宇佐見ならそれをぶち壊してくれそうですね!

 

丸ごと無料で漫画を読む方法!

 

 

以上なまいきざかり 14巻82話のネタバレでした。

スポンサーリンク
Renta!でお得にレンタル¥100~

レディースコミック ランキング

1位 2位 3位
弁護士カレシ 第47話

弁護士カレシ 第47話

美醜の大地〜復讐のために顔を捨てた女〜(分冊版) 【第28話】

美醜の大地〜復讐のために顔を捨てた女〜(分冊版) 【第28話】

丸ごと無料で読む!

監禁嬢 1
渋谷金魚 1巻
無料で読む 無料で読む 無料で読む

 

5時から9時まで 1
忘却のサチコ 1
無料で読む 無料で読む

 

 無料マンガをもっと見る!>>

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事