よく読まれている記事

<前回のあらすじ>
まだ2人が高校生だった頃、木戸先輩の卒業式で他の男子にモテだす由希。その様子を見ていた成瀬はヤキモチをやきますが、結局由希への恋心はちょっとした勘違いだったことが判明!

スポンサーリンク

なまいきざかり 最新刊ネタバレ 15巻84話 ネタバレとあらすじ

漫画を無料で読む方法!

漫画を無料で読む方法は

下の方にありますのでスクロールしてくださいね!

部活も恋も絶好調の成瀬。一方宇佐見さんは諏訪先輩にキスして逃げてから何も解決していない!!84話では宇佐見さんと諏訪先輩の恋は前進するのか!?

なまいきざかり最新刊ネタバレの始まりです。

 

 

雨降る街で由希からの熱い想いを聞いて全回復した成瀬は部活も絶好調。

 

部室で突き指の箇所を見ていた袴田を心配した由希は、袴田の指を触って怪我の程度を見ますが、由希の事が好きな袴田としては赤面モノ。

 

そんな袴田をよそに由希は、成瀬の目を覚ましてくれるのはいつも袴田君だと感謝します。

 

いがみ合ってますが、結局袴田の一言が心に響いている成瀬に、由希は気付いたんでしょうね。

 

そこに成瀬が邪魔に入り袴田の幸せな時間は終わってしまうのです。。片思いの宿命でしょうかね。

 

更に愛を深めた成瀬と由希は2人で帰りながら今日も一緒にいたいなんて話してますが、
その2人の間に顔を出したのは宇佐見!

 

そう、忘れているかもしれませんが、宇佐見は諏訪先輩にキスをして大混乱していたんです。

 

私だっていちゃいちゃしたいと泣き出す宇佐見に、2人は話を聞くことになりました。

 

キスの後、明らかに避けられていると知った宇佐見は、由希にバイト中に諏訪先輩に探りを入れるように頼みます。

 

由希にそんな高度な技できるのでしょうか・・・

 

 

バイト先では既に諏訪先輩が働いていたので、今日宇佐見が来るかもと何気なく話しかけてみると盛大に棚の商品を落として動揺する諏訪先輩。

 

何事もなかったように振る舞いますが、しっかり意識してるんですね。

 

 

可哀想な宇佐見でしたが、そんな宇佐見にも朗報が。

なんと、バスケ部の合宿にマネージャーが足らないので助っ人を頼まれました!

四六時中好きな人と一緒にいられる・・・恋する乙女の妄想は止まりません。

 

喜んでいる最中に諏訪先輩と会った宇佐見はドキドキしながら挨拶しますが、

普通に挨拶を返され、全然意識していない諏訪先輩の様子に、無かったことにされたんだとガックリと肩を落とす宇佐見。ガックリしたまま由希の家で寝転がってます。

そんな姿を見て成瀬は、避けられるのもイヤで普通にされるのもイヤなのかと宇佐見に問います。自分は諏訪先輩にどうして欲しいんだ、せっかく勇気出したのにと言う成瀬に宇佐見は気付かされたように諏訪先輩のバイト先へ急ぎます。

 

 

そして突然バイト先に現れた宇佐見に驚く諏訪先輩に対して、自分がバスケの合宿に行っても良いのか、イヤなら合コンに行くと言います。

 

要は自分にチャンスがあるのかどうか、宇佐見なりに試したわけですが、結果は大成功。合コンに行くと言う宇佐見の腕を掴み、来たいなら合宿に来れば良いという諏訪先輩。

 

宇佐見のことが面倒だといいながらも、顔を赤らめる諏訪先輩に、宇佐見は大満足するのでした。

スポンサーリンク

感想

今回は宇佐見と諏訪先輩のお話がメインでしたね。好きな人に告白した後の相手の反応ってとても気になるけど、成瀬の一言ってグサって刺さりました。

 

結局、普通に話しかけられても無視されてもイヤ、じゃあ何が良いのかって考えたら、
自分は彼にどうしてほしいのか、きちんと想いを伝えるしかないんですよね。

 

そこにきての諏訪先輩!彼もまだ完全に宇佐見の事が好きなわけではなさそうですが、他の男子に取られるのはイヤと完全に意識をしている状態。宇佐見の事は面倒と思いながらも、面倒だからこそ気になって仕方ないんでしょうね。

 

この2人はバスケ部の合宿で進展するといいなーと思います!

丸ごと無料で漫画を読む方法!

 

 

 

以上なまいきざかり 最新刊 15巻84話のネタバレでした。

スポンサーリンク
Renta!でお得にレンタル¥100~

レディースコミック ランキング

1位 2位 3位
弁護士カレシ 第47話

弁護士カレシ 第47話

美醜の大地〜復讐のために顔を捨てた女〜(分冊版) 【第28話】

美醜の大地〜復讐のために顔を捨てた女〜(分冊版) 【第28話】

丸ごと無料で読む!

監禁嬢 1
渋谷金魚 1巻
無料で読む 無料で読む 無料で読む

 

5時から9時まで 1
忘却のサチコ 1
無料で読む 無料で読む

 

 無料マンガをもっと見る!>>

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事