スポンサーリンク

前回のお話で、先帝の遺体が腐敗しない原因を解き明かした猫猫。

皇太后・安氏は先帝の描いた絵を見つめ、彼と過ごした日々を思い出します…。

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~12巻47話のネタバレ感想です。

薬屋のひとりごと 14巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 13巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 12巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 11巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 10巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 9巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 8巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 7巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 6巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 5巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 4巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 3巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 2巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 1巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 記事一覧を見る!

 

スポンサーリンク

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~12巻47話のネタバレとあらすじ

大人の女性に怯える先帝の姿は、とても人の上に立つ器の者には見えなかった…。

先帝の絵を見つめ、彼との出会いを思い出した皇太后・安氏。

その後…安氏は後宮入りし、若くして腹を切って男の子を出産しました。

立ち会った医官・羅門が去勢されますが、安氏は疑惑の種を生まない為だと言い聞かせます。

太皇太后は彼女の産んだ子を孫と認め、後宮で今まで通りに生活する安氏。

ところが…子昌の進言で後宮はどんどん広くなり、先帝の元にやってくる娘も増えていったのです。

他の娘の頭を撫でる先帝を見た安氏は、深夜…彼の寝床に忍び込みました。

私が大人になったから…?出産時に出来た傷のせいですか?

先帝を問い詰め、怯える彼に覆い被さります。

その後…安氏は、2人目の子を身籠るのでした。

絵を見つめていた安氏の隣に立ち、絵を見つめる壬氏。

絵の中心に描かれている黃衣の女性は、本当に太皇太后なのか?

先帝が、本当は何を言いたかったのか…?

そう問いかける壬氏の言葉を、知らないわ…と安氏は遮るのでした。

話題を変え、壬氏に猫猫を気に入っているんでしょう?と聞く安氏。

戸惑う壬氏に、お気に入りは隠しておかないと…と告げるのでした。

一方…翡翠宮に戻った猫猫は、物置小屋を私物化して怒られています。

片付けを手伝った桜花は、代わりにある場所に付き合えと言いました。

夜が更け、二人の向かった先は…小さな小屋。

そこには、これから始まる怪談話を楽しみにしている女官が集まっているのでした。

 

1350円分のマンガが無料で読める!

       

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

    こちらの記事も読まれています。  

感想

今回は、先帝と皇太后・安氏の後宮での生活が明らかになりましたね。

同時に、現在の主上と壬氏の生まれも解き明かされました。

お話のポイントである先帝の血筋と、安氏の先帝への想いを推察したいと思います。

まず、安氏の子供たちの事を振り返ってみましょう。

1人目に産んだ子は、現在の主上ですよね。

2人目が壬氏で、彼は先帝とそっくりな容姿だと安氏が言っていました。

初産時に、猫猫の養父・羅門が関係していたんです!

しかも…彼自身には罪はなく、安氏とその子を守るために利用されたようです。

安氏はきっと、無実の人を巻き込んだ事に良心が傷んだのでしょうね…。

そんな気持ちも、後宮という特殊な閉鎖空間では徐々に失われていってしまったんでしょうか?

安氏は先帝が他の娘に手を出す事が許せず、寝込みを襲います。

この辺で、安氏の心が変化していった事がわかりますね。

初めは隙を突くとか憐れみとか…先帝に対しての恋愛感情は薄かった彼女が、はっきりと嫉妬しています。

略奪愛なんて後宮では日常的ですけど、安氏の場合は…これをきっかけにして抑制していた想いが吹き出たような印象でした。

女性って…恋愛になると、自分より若い女の子が許せないんですよね。

どんどん無くしていく自分に比べて、若さで輝いているのが羨ましいというか…。

歳を重ねて素敵になっている部分に気づかず、不安と…彼を独り占めにしたい気持ちが溢れるんだと思います。

安氏が先帝を無理やりにでも求めたのは、不安から…他の女よりも上だと確認したくなったのかもしれませんね。

変わってしまった安氏は、既に先帝の求めていた娘像からはかけ離れていると思うのですが…。

先帝はきっと、安氏と出会った時に差し伸べられた手が忘れられなかったんだと思います。

太皇太后に押さえつけられていた先帝は、優しくしてくれた安氏に安らぎや母性を感じた事でしょう。

だから先帝は死の間際まで、その思い出を胸に…夢中で絵を描いていたのかもしれません。

その絵に描かれた黃衣の女性を、壬氏は安氏ではないかと思っているようでした。

私も壬氏の考え通り、安氏の姿を模しているんだと思います。

安氏のよく着ていた黃衣を描くため、懐に雄黄を忍ばせる先帝…。

先帝と安氏が、後宮の外で普通の夫婦として暮らしていたら…。

安氏が1度でも素直に、自分の想いを伝えていたら…。

互いに本当の想いを明かすことなく、別れることになってしまった二人。

やるせなさや切なさが溢れてきて、思わず涙ぐんでしまいました。

安氏は自分たちの事もあって、壬氏に猫猫の事をアドバイスしたんでしょうか…?

主上の弟である事が判明し、壬氏の恋愛は難易度高めですが…この二人には幸せになってほしいです!

今回の見どころは、安氏と先帝の過去のシーンです。

すれ違う二人が描かれ、悲しくて胸がいっぱいになりました。

次は怪談話と、ホラーな展開が予想され…こちらも楽しみです!

 

まるごと無料でマンガを読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

コミック.jp 1000コース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 記事一覧を見る!

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~12巻47話のネタバレでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事