よく読まれている記事
スポンサーリンク

 

前話では、付き合い始めた彼氏・伊達が同僚の女性と二人で飲みにいってることが判明しショックを受けます。

単なる同僚だからと気にも留めない様子ですが、

彼女がいるにも関わらず他の女性とのサシ飲みをやめない伊達に疑いの目を向けてしまいます。

寛容になれない松子のモヤモヤは増えてゆき・・・?!

最新話、3巻14話 酒と恋には酔って然るべき感想です!

 

スポンサーリンク

酒と恋には酔って然るべき 最新話 314話のネタバレとあらすじ

伊達に対して小さなモヤモヤを積むのは良くないと決心した松子は、

「女性とのサシ飲み、ちょっと気になっちゃうな~なんて・・・」

と控えめに伝えてみます。

しかし伊達には本心までは伝わらず

「心配しないで、何も無いよ

」と笑顔で返されてしまうのでした。

 

二人で食事をしていても同僚と飲みにいった話をされ、

気になる松子はどんな女性なのかを訪ねます。

独身で伊達と同じ年代と聞き、さらに不安を募らせるのでした。

 

そんなある日、帰宅途中の今泉と偶然出会った伊達は、

軽く一杯と半ば強引に飲みに誘います。

松子のことで何か言われるのかと身構える今泉でしたが、

伊達は単純にお酒を楽しむためだけだったようで拍子抜けします。

 

松子はそんな飲み会の様子を、

伊達と今泉から送られたそれぞれのメッセージで知ることになります。

意外な二人のサシ飲みから、伊達の外飲みや人との交流好きを実感します。

 

松子は結婚してもこの調子なのでは・・・

とわだかまりを抱えるのでした。

 

スポンサーリンク

感想

前回に引き続き、伊達のキャラクターについて深彫りされていました!

前回はもしかして二股?!なんて予想していましたが、

単純に人と美味しいお酒を飲むのが好きなだけのようですね。

伊達の言う「ただの同僚」というのも、

本当に恋愛感情無しで付き合っているように思います。

ただ、そう思っているのは伊達だけで、

相手の女性は特別な感情を抱いている可能性は大いに有りますが・・・。

 

まさかロクに話したことも無く、

かつクールな今泉を飲みに誘うとは、

ある意味すごくマイペースなのでしょうか。

 

しかしここで気になるのが、

どうして伊達は松子と付き合おうと思ったのでしょうか?

お酒を一緒に楽しめる人を探していたようですが、

周りにたくさん居たのではないかと思います。

 

作中に松子も気付いていましたが、

二人で会うときはいつもお酒を飲んでいますよね。

美味しいお酒がメインになっているような気もします。

伊達にとって何が交際の決め手になったのかがわからないので、

いまいち本当の気持ちがつかめないですね。

 

それにしても悩める松子に数々のアドバイスをくれる白石は、

本当に達観していますね!

「あんたは誰の人生を生きてんのよ」

はぐさっと刺さりました。

どれも名言ばかりで、私もこんな友人が欲しいです。

 

そんな今回の見所は、今泉の鋭い人間観察のシーンでしょうか。

短いサシ飲みで伊達がどんな人柄なのかを見抜いていましたよね。

そして意外だったのが、美森も伊達と似ていて本心がつかめないともらしたことです。

確かに美森は今泉と付き合いながらも婚活にいそしむしたたかな女性なので、

本心は見せないようにしているはずです。

 

てっきり美森は松子への当て馬程度の付き合いだったのかと思っていたのですが、

実はちゃんと向き合って付き合っているのでしょうか。

前話での「松子と友達になりたいだけ」というのは今泉の素直な気持ちだったりして・・・。

 

もう完全に今泉と松子のフラグは折れてしまってるのでしょうか?!

 

丸ごと無料で漫画を読む方法!

 

 

以上、酒と恋には酔って然るべき 最新話ネタバレ 3巻14話でした。

スポンサーリンク
おすすめ記事