スポンサーリンク

前作好評を博した『花束をもう一度』のancou先生による新連載がスタートしました。

本作の主人公は、恋愛や結婚、母親になることを自ら諦めた37歳のOL・ゆかりです。周囲からの独身いじりに耐えかねて、人生を変える「大嘘」をついてしまいますが・・・!?

最新話 君にシナリオ。のネタバレ感想です!

スポンサーリンク

君にシナリオ。 最新話ネタバレ 1巻1話 ネタバレとあらすじ


恩田ゆかりは、37歳の独身OLです。恋人も子供もいない彼女は、この度晴れて「恋愛・結婚・子供」の全てを諦めることに決めました。

すがすがしい気持ちで仕事に取り組むも、打ち合わせ先の中年男性に早速独身いじりを受けてしまいます。上手くあしらったゆかりでしたが、思わずため息をついてしまいます。そんな様子を見かねた同僚・渥美は、憤りながら「セクハラだと相談しましょう」と言います。ゆかりも、「確かに全てを諦める前だったらもっと凹んでいたかも」と考えながらも、「大げさだよ」と笑ってその場を後にしました。

ランチをしながらゆかりは婚活仲間へも結婚を諦めることを報告します。今までは人と同じように結婚しなければ世間からダメな人間だと思われる、そうした焦りから必死に婚活に取り組んできたゆかり。

でも結婚できなくても、「私はよくやってる」と自分で自分を認めることができたら、婚活の必要性を感じなくなったと話します。しかしそんなゆかりの出した答えに相手は納得できず、苛立ちながら「がっかりです」と吐き捨てるのでした。

さらに帰りの電車で親会社の男性社員からセクハラを受け、ますます落ち込むゆかり。諦めれば楽になれると思ったのに。全然楽にさせてもらえない・・・そんな中ひらめいた解決策は、「事実婚をした」と嘘をつくこと。最低40歳までは事実婚ということにしておいて、それ以降は実は破綻していたということにする作戦です。

ところがゆかりの事実婚を嘘だと見破る「ある人物」が現れて・・・!?ゆかりの人生のシナリオはどうなってしまうのでしょうか?!

   

感想

ancou先生は前作でも現代女性の抱える生きづらさを描いていましたが、今作も独身女性の共感を呼ぶストーリーですね!

30歳を超えると、周囲の評価が「結婚しているかどうか」の比重が大きくなるように感じます。特に女性は結婚できないと「ダメな人物」と烙印を押されているようで、息苦しくなっちゃうんですよね。

それをようやく自分は良くやってると、自分自身を認めてあげることができたのに、周囲は全然ほっといてくれない。悪気なく結婚相手を紹介しようとする中年男性にも苛立ちましたが、婚活仲間に悪態つかれる場面は、ムッとしちゃいました。彼女としては今まで同士だと思っていたゆかりが、急に達観した笑顔でふっきれてる姿に苛立ってしまったのしょう・・・。

そんなゆかりが「事実婚をしている」という大嘘をつく展開はおもしろいですね!しかもアッサリ見破られてしまうという(笑)その人物こそ、そうです!気になる同僚・渥美くんです。

初めはゆかりの受けたセクハラに憤慨するなど心優しい青年なのかしら・・・と思いきや、めちゃくちゃ腹黒キャラでかなり魅力的です。ゆかりの事実婚について、嘘かどうかストレートに聞くことはせず、反論できない証拠を集めた上で問いただしてくるんです。

しかも黙っておく代わりに「俺に事実婚のシナリオを書かせてください」という条件まで突きつけて・・・!?シナリオとは一体どういうことなのでしょうか?!

今回の見所は、怒涛の展開を見せるラストシーンですね。目に涙を浮かべながら「家族でもない人が、私が結婚していなくてなにが困るの!?」と訴えるゆかりに対して、渥美くんは「めちゃめちゃいい台詞ですね」と満面の笑顔で返します。いや、ぐっと心に刺さる台詞だったのに、そりゃ「は?」ってなるよね。脚本家・渥美くんと女優・ゆかりの二人は、恋愛に発展するのでしょうか?これからの展開が楽しみですね!

 

 

 

 

以上、君にシナリオ。 最新話ネタバレ 1巻1話でした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事