スポンサーリンク

前話のあらすじですが、大人になった凪は、祖母の態度や田舎の閉鎖的な空間が分かるようになってしまいました。

誰からも大事にされない母に、何かしてあげたくなってしまう、まるで初恋のような気持ちを抱きます。

そんな時に見つけた一冊のノートには、若かかりし母の夢と希望に溢れた思いや、自身の出生の秘密があり・・・?ショックを受ける凪は再び立ち上がれるのでしょうか!?

最新話 7巻41話 漫画 凪のお暇ネタバレ感想です!

スポンサーリンク

漫画 凪のお暇 最新話ネタバレ 7巻41話  ネタバレとあらすじ

漫画を無料で読む方法!

漫画を無料で読む方法は

下の方にありますのでスクロールしてくださいね!


ようやく恋を自覚したゴンは、今までの行動や苦しかった胸の内全てに合点が行きホッとします。

なんとかしたい衝動のまま北海道を訪れますが、凪の実家の住所すら知りません。

うららちゃんに聞こうとみすずさんへ電話をかけるにも、手からスマホが飛び出し除雪車の下敷きになり全壊してしまいます。

一方、ゴンの行動を、慎二は桃園からの電話で知り「少女マンガかよ」と呆れます。

平日は仕事もあり、そんな行動力もない自分と比べ、ゴンだからできることだと納得する慎二。「俺がゴンだったら・・・」と不毛な考えが頭をよぎります。

続けて桃園は凪のスカイプのIDを慎二に教えますが、メモを取るもそのまま握りつぶしてしまう慎二。

そこにお茶を入れた円が小声で現れ、挨拶を言って桃園との電話を切りました。

電話の相手にまで焼きもちをやく円の頭を愛おしそうに撫でながら、今度は間違えないと心の中で決意する慎二でした。

寒空の中途方にくれるゴンは、ひとまず暖をとろうとネットカフェへ避難します。

スマホがなければ何もできないと、カップ麺をすすりながら、自身の社会性の低さを痛感します。こんなとき「慎二だったら解決できるのに・・・」そんなことまで考えてしまうのでした。

凪のことで頭がいっぱいのゴンは、せめて自分が会いにいけるまで凪が黒い目になっていないことを祈るばかりでした。

スポンサーリンク

感想

気持ちのままに凪を迎えに北海道にまでやってきたゴン。

手ぶらだし、凪の住所すら知らないし、恐るべしフットワークの軽さ・・・でも本人はそのことを、「社会性の低さ」として負い目に感じているのはびっくりでした。

恋を知ったゴンがどんどん普通の人になっていきます(笑)

凪を取り巻く二人の男性、慎二とゴンがお互いを「もしあいつだったら・・・」と思いをはせるシーンが印象的でした。生き方も性格も正反対の二人だからこそ、意識し合ってしまうんでしょうね。

慎二も現在の凪の状況やゴンの行動を桃園から電話で聞かされますが、動揺はすれど諦めの境地に入っています。

でも凪への想いを完全に断ち切ったというよりは、「きっと俺では救えない」という意識の元でしょう。

母親との水族館での出来事で、慎二の声は凪には届かないし、響かないと痛感してしまったんですね。こう書くとなんとも慎二が哀れに・・・ちょっと可哀想かも。

少し気になったのは、桃園が凪のスカイプのIDを慎二に伝えたというところ。慎二は律儀にメモするも、くしゃっとまるめています。

慎二から連絡する気はないのかもしれませんが、凪のIDはとても分かりやすく「SAKAMOTO NAGI」(坂本 凪)です。

記憶力のいい慎二なら、「なんで坂本なんだろう?」というつっかかりのせいで、余計に頭にインプットされているはずです。

それに、そのメモはゴミ箱に捨てるまでは描かれてないんですよね。うっかり円の部屋に置き忘れて、見つかってしまったら・・・NAGI って女性っぽい名前ですし、修羅場な展開も少し期待しています。

 

今回の見所は、ゴンの変わった瞬間を描いたシーンですね。

ゴンは漫画喫茶で見知らぬ女の子から声をかけられます。一目で誘っていることを理解しますが、それに応えるのは不誠実だとやんわり断ったのです。

凪だけでなく、自分に芽生えた気持ちにも、誠実でありたいと改めたゴン。

彼にとって凪への恋心は人格さえも変えてしまう大きな出来事になったようですね。はたして無事にゴンは凪に会うことができるのでしょうか!?

 

 

 

 

丸ごと無料で漫画を読む方法!

 

 

以上、漫画 凪のお暇 最新話ネタバレ 7巻41話でした。

スポンサーリンク
アラサー女子の婚活体験談

アラサー女性の婚活体験談を集めたサイトを作りました!

出会いのきっかけ、結婚に至るたるまでの経緯

高額な費用がかかると思われている結婚相談所や、婚活サイトのペアーズを利用してみて使い勝手はどうだったかなど。

婚活って実際どうなの?という気になるところに焦点を当て、感想を交えて体験談を語ってもらいました。

 

アラサー女子の婚活体験談を読む!>

おすすめ記事