スポンサーリンク

前回のお話では、春画を持ち込んでお説教を食らった猫猫。

それをヒントにした壬氏は、後宮の女性たちの識字率を上げる事に成功します。

その後…お散歩中の猫猫たちの前に、女性が現れて?!

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~8巻32話のネタバレ感想です。

薬屋のひとりごと 11巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 10巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 9巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 8巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 7巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 6巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 5巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 4巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 3巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 2巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 1巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 記事一覧を見る!

 

スポンサーリンク

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~8巻32話のネタバレとあらすじ

幼い公主を守ろうと、自らの体を盾に立ち塞がる猫猫。

目の前の女性は明るい笑顔で、猫猫に仔猫を渡して去っていきました。

公主・鈴麗が気に入ったため、仔猫は翡翠宮で飼われることになります。

仔猫の世話を任された猫猫が忙しくしているところに、壬氏が現れました。

猫の魅力が解らないという壬氏に、同意する猫猫。

猫好きによると、普段素っ気ないのに…時折愛想がいい所がいいらしいですよ?

そう言った猫猫の言葉を聞き、わかったような気がする…と呟く壬氏。

猫を顔に乗せ、その温もりを味わうのでした…。

仔猫の名前が毛毛(マオマオ)という名前になり、複雑な顔をする猫猫。

翡翠宮で衣替えが始まると同時に、後宮内に隊商(キャラバン)がやってきます。

仕事が終わり、小蘭とキャラバンを見ていると…。

茉莉花茶(ジャスミン)を見つけた猫猫。

同時に、子猫を拾ってくれた女性も同じ物を注文したのです。

子翠と呼ばれた彼女を連れ、医局に向かう3人。

仲良くお茶を楽しんだ後、自分で描いた虫の絵を子翠が披露します。

猫猫は見事な描写力に驚き、彼女と一緒に虫探しに出かけるのでした…。

 

1350円分のマンガが無料で読める!

       

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

    こちらの記事も読まれています。  

感想

前回のラストシーンにいた女性と、再会する猫猫…。

彼女と、抱いていた仔猫を巡ってお話が進み始めました!

今回は新キャラ・子翠と仔猫について考察したいと思います。

子翠という女性は、明るくて人懐っこそうな印象ですが…。

とにかく、背が高いんです!!

猫猫と並ぶと、頭一つ飛び出るくらいなので…平均以上の身長だと言えますね。

それに加えて、名前に「翠」という字が使われている事が気になりました。

以前…仮死状態になって姿を消した、翠苓(スイレイ)という女性がいましたよね。

もしかして…翠苓と子翠は姉妹なのかな?と思ったんです。

翠苓も背が高いし、姉妹の名前で同じ漢字を使うこともよくありますよね。

もし彼女たちが手を組んでいるとしたら、子翠は自ら猫猫に接触を図ったことになりますが…。

今の所は天真爛漫で、悪そうな人物には見えません。

虫の絵がめちゃくちゃ上手で、会って間もない猫猫と出掛けちゃうくらいフレンドリーですしね。

私も最近虫にハマっていて、公園でバッタを捕まえて観察しています!

子供たちに気味悪がられて、ちょっとショックでしたけど…。

猫猫と子翠って、好きな物への偏見がないのかもしれませんね。

女の子から虫の絵を出されたら、悲鳴の一つでも上げそうですが…猫猫はそういう偏見なく絵を眺めていました。

自分の好きな物を否定せず、我が道を行く二人はとても素敵ですよね!

この二人が仲良くしているシーン、すごく見たいな…と思いました。

猫猫はというと、主上直々に仔猫のお世話係に任命されてしまいます。

野良猫だったので、幼い鈴麗には触らせないように配慮していたのが印象的でした。

仔猫を顔に乗せる壬氏にも癒やされたのですが、一つ気になった点があります。

後宮では、動物の飼育に許可がいるくらい厳重に管理されている…という点です。

猫猫も不思議に思っていましたが、仔猫はどこからきたんでしょう?

キャラバンに紛れて来てしまったのでしょうか?

何者かがわざと解き放った、という可能性もありそうですよね。

野良猫や野生動物は、ノミ・ダニだけでなく…いろんな病気を運んでくるリスクがあります。

幼い鈴麗が猫に触れば、妊娠中の玉葉妃に病気を媒介する可能性もあり…。

私は妊娠した後の母親学級で知ったんですけど、猫の糞から伝染する「トキソプラズマ症」っていう病気があるんです。

この寄生虫を持った猫の糞尿から感染する上に、母子感染するそうで…。

流産の危険や、障害が残る可能性があるって習いました。

玉葉妃の懐妊を阻止したい何者かが、猫を放った…っていうのは考えすぎですかね?

猫猫は玉葉妃が懐妊したことを知っているので、仔猫には一切触らせていないんです。

感染症の知識や、薬の知識も豊富な猫猫なら…もう不審な点を見つけているのかもしれません。

まだまだ大きな火種にはなっていないものの、水面下でひっそりと何者かが動いている様な気がします…。

これから子翠がどう関わるのか、キャラバンとの関係は…?

たくさんの伏線があり、早く先が読みたくなってしまいますね!

今回の見どころは、子翠と猫猫が仲良くしているシーンです。

キーパーソンだと予想される子翠ですが、意外にも猫猫とウマが合うようで…。

楽しそうな二人のこれからが、辛いものになりませんように…と願わずにはいられません。

 

まるごと無料でマンガを読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

コミック.jp 1000コース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 記事一覧を見る!

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~8巻32話のネタバレでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事