前話では、就職先が決まらないまま学校を卒業することになったスダチ。無く落ち込むスダチでしたが、小森に背中を押され鬼嶋へ相談することに。

待ち合わせ先へ向かうと鬼嶋はスダチを見るなり「俺のとこに来なよ」と言い・・・?!一体どういうつもりなのでしょうか!?

最新話、3巻16話 10年シてないスダチさん感想です!

 

10年シてないスダチさん 記事一覧を見る!

 

10年シてないスダチさん 最新話 ネタバレ 3巻16話  ネタバレとあらすじ


鬼嶋の言葉の意味が理解できず、まさか告白される?!プロポーズ!?と混乱するスダチ。鬼嶋は一向に喋りだす気配はなく、痺れを切らしたスダチから「なぜマッチングアプリでいいねをくれたのか」と切り込みます。

しかし鬼嶋には何のことかさっぱり分からないようで、単なる押し間違いだったことが発覚。残念ながらスダチは、女性としてではなく、仕事で口説かれていたようです。

なおさら自信がないと断るスダチでしたが、鬼嶋に就職活動で落ち続けて自信喪失していることを見抜かれてしまいます。そしてスダチのPCスキルの高さ、信頼できる人柄を挙げ、前向きに考えてほしいと連絡先を置いて帰っていきました。

翌日、卒業訓練学校の友人たちとスカイツリーを訪れていたスダチ。景色を眺めぼんやりしていると、鬼嶋の元で働くのかと尋ねられます。悩むスダチは、給料や仕事内容に不安を感じていたのではなく、上京してからずっと流されっぱなしの自分に疑問を抱いているようでした。

ただ鬼嶋が自分を評価してくれたことがとても嬉しかったと話すスダチに、「もう答えは出てるよ」と返されます。それに今の自分の状況をちゃんと理解できている人を流されてるとは言わないと励まされます。温かい友人の言葉が後押しとなり、スダチは鬼嶋の元で働くことに決めるのでした。

その後お土産物屋さんで、半額になっていたぬいぐるみに既視感を覚えたスダチ。手にとって見ると、小森に似ていると気付き思わず買ってしまいます。

帰り道で偶然小森と出会い、スダチは「小森くんのことを思い出したから」とぬいぐるみ渡します。アプリで出会った女性とのデート帰りだという小森に「いいなあ~」と返しながら、鬼嶋とは恋愛ではなく雇用関係で結ばれてしまったと報告するスダチ。

上京してから異性に一度も恋愛対象として見てもらえないとふてくされるスダチでしたが、小森は「俺は恋愛対象として見ようと思えば見れますよ」と告げられて・・・!?

 

1350円分のマンガが無料で読める!

       

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

    こちらの記事も読まれています。  

感想

鬼嶋先生ってば思わせぶりなんだー!ドキドキさせるようなことばかり言っちゃって・・・「俺のとこに来なよ」からの「口説き落とす」なんて、勘違いするに決まってるじゃない!無駄に大人の色気ばら撒いて、あれはもう確信犯でしょう。

しかもアプリのいいねも押し間違いだなんて~。鬼嶋先生いわく、登録した時あんまり見ずに押しちゃったのかな、ということですが、そんなことありますかね?

何百、何千と登録者数がいる中で、ピンポイントにスダチにいいねしちゃうかな?と、この期に及んでスダチが気になってる線を捨てきれない私でしたが、「雇用関係に色恋沙汰は不要」と笑う鬼嶋先生の言葉に玉砕しました。鬼嶋先生とスダチ、結構相性いいと思うんだけどなあ。

でも、雇用主として口説く鬼嶋先生もめちゃくちゃ素敵でした。就職活動で落ち続け自信喪失するスダチに、めんどくせーなと悪態をつくんですが、本当に良く見てるんです。

自分には何も無いと嘆くスダチに対し、スダチ自身が気付いていないスキルの高さや人柄の良さを淡々と伝えてくれるんです。それが論理立てたぐうの音の出ないくらいの正論で、「でも」「だって」とか言う余地すら与えないんです。さすが鬼なだけある!

そして最後は「居てくれたら本気で助かる。だから誘ってる。」と真剣な表情で語る鬼嶋先生・・・これは惚れてまうやろ。スダチにとってずっと誰かに言ってほしかった言葉ですよね。このシーンはじーんときちゃいました。

あと、職業訓練校で友達ができたのもスダチにとって青春ですよね。大人になってから友達作るの大変だったりしますが、みんなでスカイツリーに行ってワイワイしてるの楽しそうです。

上京してから散々な目にあったスダチでしたが、悩みを相談できて、優しい言葉をかけてくれる友人がいて安心しました。さらには仕事面でも自分を必要としてくれる人もいて、私まで嬉しくなっちゃいました。

 

今回の見所ですが、真剣な表情でスダチを口説く鬼嶋先生も捨てがたいのですが、やっぱりラストの小森君のシーンですね。スダチを親戚の叔母さんや友達といってたのに、急にどうしたの!?

そういえば、お土産のぬいぐるみも最初は戸惑っていたくせに、スダチが「小森くんを思い出したから」って言うと嬉しそうにしてたんですよね。鬼嶋先生とのことも探りを入れるように尋ねていたし。

それにしても、恋愛対象として見ようと思えば見れますって絶妙な上から目線な告白が小森君っぽいんですよね(笑)

 

 

「10年シてないスダチさん」をまるごと無料で読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、10年シてないスダチさん 最新話ネタバレ3巻16話でした。

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事