スポンサーリンク

前話は、唐丸とのデートのお話でした。気合の入ったサチの姿を見て「可愛すぎる!」と動揺する唐丸ですが、どうしても同居している源導のことが頭をよぎります。

全く気にする様子のないサチに苛立つ唐丸は、嫉妬心から「ホントに源導さんがさっちゃんのことなんとも思ってないとでもおもってんの?」と投げかけ・・・?!

最新話の8巻7月号、サチのお寺ごはん 感想です!

スポンサーリンク

サチのお寺ごはん 最新話 8巻7月号のネタバレとあらすじ

ついに長年暮らした男子寮を退去すると決めた唐丸。引越しの前日、寮のメンバーが唐丸の追い出しパーティーを開催してくれることになりました。

ですが、万年金欠の大学生にはお酒とお菓子を買うので精一杯。そこに寮母さんから「台所においてある使い切れていない食材を綺麗にしていって」と言われ、せっかくなのであまった食材を使ってパーティー料理を作ることにします。

源導の寺で修行した甲斐もあり、次々に精進料理を作っていく唐丸。寮生達も慣れない料理に奮闘しながらも、みんなで楽しそうに進めていきます。

きのこ味噌の一口コロッケ、野菜のピンチョスやカナッペ、サツマイモの冷静スープなど、ずらりと並んだ精進料理を、寮生達はは美味しそうにほお張ります。

いつしかお酒も入り、後輩の一人から「年上の彼女と同棲するために引越しするんですか?」とつっこまれます。動揺しながらも「一緒に住むのは未定だし・・・」と言葉を濁す唐丸。

でもこれだけ料理ができれば一人でも暮らしていけると、周りは唐丸がフラれる前提で盛り上がります。同じ大学だったらすぐにフラれるところだったと安堵する寮生達。今までフラレ役だった唐丸ですが、その原因とは一体・・・?!

   

感想

男子学生って可愛いなあ~とほっこりしちゃうようなお話でした!料理に慣れていない男の子なら、実家から送られてくる食材とか持て余しちゃいますよね。自炊しようと意気込んでみても結局続かなくて調味料あまっちゃったり。

そんなありあわせの食材で、精進パーティー料理を作り上げちゃう唐丸さすがです!いつも味見担当だと思ってたのに、ちゃんと修行の成果が身についてたんですね。特にこんがり揚がったコロッケが美味しそうで・・・サチのお寺ご飯を読むといつもお腹すいちゃうなあ~。

話題は唐丸の彼女・サチについてでしたが、男子寮を退去した後もすぐさま同居とはならないんですね。なんだ~残念っ。

唐丸自身は否定してましたが、寮を出るきっかけになったのは間違いなくサチの存在が影響してますよね。これ以上源導さんの住むお寺での同居生活が耐えられなかったのでしょう。そりゃ気が気じゃないよね。

でも嫉妬心に燃える唐丸ですが、実は自身も女子との距離が近すぎるという・・・それが原因で今までいつもフラれ役だった唐丸。周りから指摘されてもピンときてないようなので、単に異性問わずフレンドリーなだけだと思うんですが、無自覚だからこそタチが悪い!

サチも最初の頃は、女の子と歩く唐丸と遭遇してひともんちゃくありましたもんね。でも今はもう女友達とのLINEのやりとりすらしていないようで、ちょっとは気をつけるようになったのかな?

 

今回の見所は、唐丸の本気度合いが垣間見えるラストのシーンですね!唐丸のスマホにあるサチの写真を見て、「清楚というか地味じゃない?」「えーっ意外!」「目ちっちゃいですね」とストレートな感想を述べる寮生達。漫画なのにこの反応は正直すぎない?(笑)

そんな言葉も耳に入らず、顔を真っ赤にしてスマホを取り上げる唐丸は、「見るな!お前ら狙ってるんだろ!」と叫びます。盲目な唐丸から、ほんとにサチのことが大好きなんだな~とキュンとしちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

以上、サチのお寺ごはん 最新話ネタバレ 8巻7月号でした。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事