スポンサーリンク

前話では、逆バレンタインデーで今泉からチョコをもらいときめく松子に、独身男性との新しい出会いのチャンスが訪れます。同じお酒好きという共通点で相手もフリーの女性と知り合いたいとのことですが、やっぱり今泉のことが気になる松子。複雑な気持ちを抱えながら出かける直前、今泉から誘いの電話が入り・・・?

二人の関係についに進展があるのでしょうか?気になる最新刊1巻5話 酒と恋には酔って然るべきネタバレ感想です!


 

酒と恋には酔って然るべき 最新刊 15話のネタバレとあらすじ

春本番、松子と今泉の会社では、部署間合同での花見が開催されていました。残業をこなし、とっておきの日本酒を持って合流した松子でしたが、そこには酔いデレ状態の今泉と猛アプローチをかける隣の部署の若手女性社員・美森の姿がありました。「またこのグループで飲みましょう」と盛り上がる場から疎外感と嫉妬心を押さえきれない松子でしたが、持ってきたお酒の紹介をすることで自分を取り戻します。おつまみの買出しを口実に、一人席を後にします。一人酒をして気を紛らわす松子の元に、酔っていたはずの今泉が現れます。

今泉の考えていることがいまいちつかめない松子に、追い討ちをかけるように美森と今泉が仲睦まじく帰っていく様子を目撃してしまい・・・?!

感想

つかず離れずの二人の間に、ついに強敵が現れましたね!

20代前半で、お酒はあまり飲めず、華やかなモテ雰囲気といい、全てが松子と正反対の美森。直接的なアプローチも若さゆえでしょうか。アラサー女性の神経を思いっきり逆なでしています。

王道の恋愛漫画であれば、いわゆる「当て馬」キャラになるはずなのですが、なんだかとってもお似合いで、あの今泉が楽しげな様子でハラハラしてしまいます。本当に当て馬キャラで終わるのでしょうか。

その一方で、自分を追いかけてきたことや、回し飲みにときめいている松子もお酒同様甘酸っぱかったです。松子は今泉に「好きなもの」を聞いてたシーンですが、実は松子のことを思い浮かべてしまい、はぐらかすように何も言えなくなってしまったのではないでしょうか。そんな甘酸っぱい妄想が進みます。

他にも、今泉が同僚から松子のことをどう思っているのか聞かれるシーンも緊張しましたね!

ただ会社の休憩スペースで話す内容ではないと思うのですが・・・ましてや相手の松子も同じ会社で働いているのにとどきどきしました。

今泉の「好きだけどカノジョとは違う」という発言は、公の場所だからこそ、同僚からの質問だからこそ、あえての回答だと思いたいです。

女性として意識していない相手の自宅にあがりこみ、「淋しいなら泊まっていきましょうか」なんて言えないですよね。

松子も「屈辱的」に感じてしまうのは、アラサー女子の悪いところですね。年齢や経験とともに高くなってしまったプライドが邪魔をしてしまいます。

ですが、キラキラした気持ちだけが描かれるのではなく、こうした大人の恋のリアルさがこの漫画の魅力のひとつですね。

 

今回の見所は、ついに松子自身から行動を起こしたところですね。意識し始めてからは誘われるばかりだったのを、松子からミッドタウンのお花見というカップル向けのスポットに誘うとは前進しましたよね。

ただ今泉はそんな松子の気持ちを理解してかどうなのか、二日続けての飲みは疲れるという理由で断ってしまいます。傷つくことを恐れるアラサー女性の決死の誘いを断るなんて、さすがは今泉です。

一人で花見を楽しむ松子ですが、ついに誤解がとけた彼女の正体に思わず浮かれてしまいます。このときめきをもう少しだけ感じたい、でもそんなにうまくは進まない終わり方でした。

丸ごと無料で漫画を読む方法!

以上、酒と恋には酔って然るべき 最新刊ネタバレ 1巻5話でした。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事