スポンサーリンク

前話は番外編として、東京での凪を取り巻く人々の近況が描かれていました。

ゴンの虜になっていた女子たちは「みんなのゴン」とのお別れ会を開き、長年隣で頑張っていたエリィを労っていました。

一方、慎二は桃園とのオンライン飲みをする中、順調と思われていた彼女・円の話題になると急に老け込んでしまい・・・?!

最新話 8巻47話 漫画 凪のお暇ネタバレ感想です!

 

スポンサーリンク

漫画 凪のお暇 最新話ネタバレ 8巻47話  ネタバレとあらすじ


ゴンに気付いた凪が驚いた様子で駆け寄ります。再会できた喜びで頭が真っ白になるゴンは、映画のように「来ちゃった・・・」とだけ呟くのでした。

東京からわざわざ凪に会いに来た情熱的な男ゴンに、布施とマサル、愛恋は興味津々です。しかし凪は観光ついでに寄ってくれただけだとやんわりと否定するのでした。

腰を痛めているゴンを見て、布施は凪の実家で休めばいいといいます。凪はなんのおもてなしもできないと焦りますが、ゴンも希望もあって実家へ行くことに。

母は仕事で不在なので、祖母がテレビにかじりついている隙に、2階にある凪の部屋に梯子を使ってゴンを侵入させます。無事に部屋に入ることができたゴンですが、凪と二人きりという状況に背中の汗が止まりません。

一方、凪も平静を装いながらも、「私を追ってきてくれのかと思った」とムラムラがとまりません。

気を紛らわすため、タピオカを煮ることにした凪。

いろんな味でタピオカ楽しむ中、ゴンは凪とこうした時間を過ごすのが好きだったと思い返します。あるものの中で最大限工夫して楽しむ凪が可愛くて面白い・・・凪との未来が欲しいとまで思うようになります。

「欣」「凪」と互いの名前の漢字を教えあい盛り上がる二人。しかしそんな姿を、梯子の下から見上げる人物がいて・・・!?

 

   

感想

やっと、やーーっと!ゴンが凪と再会できましたね。恋心を自覚したというのに「迎えに来た」とは言えず、あくまでついでという風に「来ちゃった」というところがゴンらしいですね。

布施と凪の距離の近さに焼きもちをやきつつ、やんわりと間に割り込んでみたり、可愛すぎるよゴン。

そしてそんなゴンに対して凪はすっかり吹っ切れたのかと思いきや!「来ちゃったって私のために!?」と顔を真っ赤にして動揺してましたね。そうだよ、そう!凪を追いかけていろんなトラブルに巻き込まれながらようやくたどり着いたんだよと言ってあげたい・・・

「欲しがりすぎ!私のばかばか!」と必死に勘違いしないようにする姿から、ゴンへの気持ちは完全には捨て切れてないみたいですね。ただ、ドキドキ甘酸っぱい雰囲気というよりかは、ムラムラしちゃう凪がおもしろかったです。

無防備にベッドの前に座らないでって発想が男子中学生!心だけじゃなく体も虜になっちゃってたもんな~正直な凪がさらに好きになっちゃいました。

それにしても慎二との扱いの差が違いすぎませんかね。これはもう慎二との恋愛フラグは完全にないのかな。せっかく慎二は円と上手く言ってない様子だったのに~。私は慎二派なのでしぶとく推しつづけたいと思います(笑)

そして、ラストシーンでは雪の降る中、凪の部屋を見上げる母親・夕の後姿が描かれていました。次号では凪の恐れていた事態が起きてしまうようですね・・・大波乱の予感です!

 

今回の見所は、ゴンを部屋に招きいれたことが凪の母に見つかってしまうシーンですね。あの後姿、背筋が凍ります。

おそらく、行方をくらました凪の父とどことなく似ているゴンに、複雑な思いを抱いているのではないでしょうか。

訪ねてきたゴンを門前払いしたり、凪に変わったことはなかった?と釘を刺していましたし、警戒しまくりでしたよね。隠れて会っていたことがバレてしまった二人ですが、一体どうなってしまうのでしょうか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、漫画 凪のお暇 最新話ネタバレ 8巻47話でした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事