前話では、今泉との名古屋出張で一緒に泊まるはずが、トラブルで別々の宿泊先になってしまいます。翌日、今泉と伊勢観光を楽しみ、思い出の日本酒まで飲めて上機嫌な松子。

帰りの電車の中、今泉の「生意気なのに狂おしいほど可愛い」部分が垣間見え、思わず抱きついてしまう松子。「今日このまま家に来ますか」と今泉に誘われて・・・?!今度こそ二人で過ごすことができるのでしょうか?

最新話、7巻43話 酒と恋には酔って然るべき感想です!

ネタバレを読む前に!

こちらから1~6巻の最初の記事に移動できますよ!

酒と恋には酔って然るべき 記事一覧

酒と恋には酔って然るべき 7巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 6巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 5巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 4巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 3巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 2巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 1巻をはじめから読む!

 

酒と恋には酔って然るべき 最新話7巻43話のネタバレとあらすじ

松子がアラームの音で目を覚ますと、同じベッドで眠る今泉の姿がありました。ほどなくしてむくりと起き上がり飼い猫のごはんを用意する今泉。そんな様子をぼんやりと眺めながら、寝起きがいいんだなあ、ほのぼとするのでした。

ご機嫌の松子は思わず、会社の廊下もスキップしてしまいます。同期の白石と合流し食堂へと向かいますが、「付き合いたては楽しくていいわね」という白石の言葉にハッとします。何かあったのかとおろおろする松子でしたが、白石はなんでもないといいます。

そこにテーブルで頭を抱える日本酒部の後輩・大崎さんの姿が目に入ります。心配して隣に座る松子と白石。聞けば雪っこを楽しむ日本酒部の会で、名取と修羅場になったそうです。

言葉を失う松子に、今泉の元彼女でもある美森が後ろから声をかけてきました。気になっているバレンタイン限定の日本酒が飲みたいとのこと、せっかくなのでこの4人で飲みに行きましょうよと誘います。初対面でもある大崎さんも何なく誘う姿に、コミュ力の高さを感じた松子。正直、美森とは気まずいが、大崎さんの話が気になるので行くことにしました。

お目当ての日本酒で乾杯をすませると、美森から「お酒好きの彼氏さんとの結婚はすすんでいますか」と笑顔で問いかけられ、動揺します。「実は別れまして、しっかりけじめをつけて次へ・・・」とごにょごにょ話す松子を見て、「あー・・・へぇ・・・」と何かを察した美森。今泉とのことはお見通しなのかと焦る松子は、話題を変えようと、大崎さんの修羅場について話を進めます。

大崎さんの自宅で名取と二人飲みをしていると、当初名取が好意を寄せていたもう一人の女性・栗原さんから連絡が入ったそう。彼氏の家で飲んでいたようですが、浮気が発覚し一人で居たくないと呼び出したのです。

名取は栗原さんの自宅へと行き、朝まで過ごしていたそう。不倫や友達の彼女をとった過去がある名取・・・松子はかける言葉も見つかりません。「何も無かったそうなのですが・・・」という大崎さんの言葉を、美森は「私だったら信用しないなぁ~」とぶった切るのでした。

 

1350円分のマンガが無料で読める!

       

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

    こちらの記事も読まれています。  

今話のお酒  【純米大吟醸ロゼノユキドケ 龍神酒造株式会社(群馬県)】

酒と恋には酔って然るべき 最新話ネタバレ7巻43話 浮かれる松子と悩む白石

「尾瀬の雪どけ」で有名な龍神酒造は、ほぼ全ての商品が純米大吟醸で造られており、コストパフォーマンスの高い日本酒を作る人気の酒造です。

本来は毎年初夏に限定販売されるロゼノユキドケですが、2021年はバレンタイン限定版が出されました。(通常バージョンと中身は同じ)

赤色酵母でつくられ、透き通ったピンク色から、美森いわく女子同士で楽しみたいお酒とのこと。ベリーや桃のようなあまずっぱさがあり、まるで本物のロゼワインのような口当たりが特徴です。しかし最後にお米の甘みがくることから日本酒らしさも感じられます。デザートとも相性ぴったり、見た目も味も華やかでまさに女子会にうってつけのお酒ですね。

商品参考url:https://www.amazon.co.jp/%E5%B0%BE%E7%80%AC%E3%81%AE%E9%9B%AA%E3%81%A9%E3%81%91-%E7%B4%94%E7%B1%B3%E5%A4%A7%E5%90%9F%E9%86%B8-%E3%83%AD%E3%82%BC%E3%83%8E%E3%83%A6%E3%82%AD%E3%83%89%E3%82%B1-Winter-720ml/dp/B07M9PFMLW

感想

や~~っと!今泉と朝まで一緒に過ごすことができた松子。よかったね、と嬉しくなる一方、いきなり朝チュンシーンからはじまってちょっぴり残念。

電車の中で盛り上がる二人が、緊張しがちに今泉の部屋に入るところとか、どこに座ろうかとドキドキする松子を楽しみにしていたのに。大幅カットでしょんぼりしちゃいました(笑)今泉もさぞかしかっこよかったんだろうなあ~また見れる機会が訪れますように。

翌朝、会社の中でも思わずスキップしてしまう松子・32歳。なんて分かりやすいんでしょうか。上機嫌の理由をなんとなく察知し半ばあきれ顔の白石に対しても、「心の友よ」とルンルンな松子。

思わず「いいわね付き合いたては楽しくて・・・」と遠い目をする既婚者・白石。なんでもないのといいますが、これは確実に何かありましたね?!まさかあの優しそうな旦那さんと喧嘩でもしたんでしょうか。そういえば松子は伊達さんや今泉の恋愛相談をよくのってもらっていましたが、白石の話って聞いたことないなあ。あんまり自分の話はしたくなタイプかな?

白石のことも気になりますが、名取の不誠実な恋愛事情も垣間見えましたね。もう過去の俺とは違うんだと誠実さをアピールしていた名取でしたが、話を聞くだけでも確実にクロでしょ。松子のことが好きで心入れ替えたんだとばかり思っていましたが違うみたい。

自分に好意があると分かっている大崎さんの部屋に押しかけて、名取もかなり思わせぶりな態度ですよね?そういうことかなって思っちゃうじゃん~なのに電話1本で他の女性のところに行っちゃうなんて。

電話をかけてきた栗原さんもなかなかのやり手ですよね。一人で居たくないのなら、栗原さんが大崎さんの自宅に合流すればいいのにわざわざ呼び出すなんて。しかも大崎さん自身も過去浮気の経験があるとか・・・そんな女性と名取が朝まで二人きり。酔ってたし何も無かったと本人達は言うそうですが、絶対なんかあるやーん。なんだ、名取ってやっぱりそんな感じなのかあ~。

望みを捨てきれない大崎さんに対し、初対面でも容赦ない美森さんには笑っちゃいましたね!「私なら信用しない」「彼とけんかした当日異性を家にあて飲むような子でしょ?」「1度目は何も無くても時間の問題~」と笑顔で切り込んでいきます!さすが恋愛上級者・美森さん・・・言葉の重みがすごい。結婚してなおパワーアップしているような気がします。

でもこうやってズバズバいってくれるのってありがたいですよね~未練もぶったぎってくれるし。美森女子会、私も参加したいな・・・めちゃくちゃに斬られそうだけど(笑)

 

今回の見所は、美森のぶったぎりシーンも捨てがたいのですが、やっぱり冒頭の今泉の横で目を覚ますシーンですね。ここまで友達以上恋人未満の関係を続け、お互いに彼氏彼女がいた時期もあり、なんやかんや紆余曲折ありましたが、ついに結ばれた二人。ここまで長かったですね・・・それゆえ、なんだか感無量です。

寝起きのいい今泉とか、恥ずかしそうに起き上がる松子とか胸きゅんシーン満載でした。こういう甘い部分もこれからもたくさん見れるといいですね!

 

「酒と恋には酔って然るべき」をまるごと無料で読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

 

 

 

⇓こんな記事も書いています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、酒と恋には酔って然るべき 最新話ネタバレ 7巻43話でした。

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事