スポンサーリンク

前回のお話で、再び神美を怒らせた猫猫。

楼蘭の提案で、蠆盆の刑を受けることになります。

その頃、壬氏たちは猫猫のいる砦を攻撃する作戦を考えていました。

地形や武器の予想を立て、羅漢の提案した奇策を実行することに決まりますが…?

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~最新話 18巻72話のネタバレ感想です。

薬屋のひとりごと 18巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 17巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 16巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 15巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 14巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 13巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 12巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 11巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 10巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 9巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 8巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 7巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 6巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 5巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 4巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 3巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 2巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 1巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 記事一覧を見る!

 

スポンサーリンク

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~最新話 18巻72話のネタバレとあらすじ

地下牢へ連れて行かれ、蛇や虫が蠢く箱を見つめる猫猫。

ゾクゾクと身体を震わせたかと思いきや、髪を留めていた簪を抜き取ります。

久しぶりに見るとたまらないな…と呟き、怪しい笑みを浮かべました。

しばらくして、見張りの兵が猫猫の様子を見にやってきます。

扉に近づくと、何かを焼く香ばしい匂いが漂ってきました。

不思議に思って扉を開けると、猫猫が蛇を美味しそうに食べています。

とんでもない状況に驚いている見張り兵に、冬眠前の蛇は美味しいですよ?と答える猫猫。

毒のある蛇や虫も始末してあり、もはやピンチでも何でもありません。

翠苓と饗迂に猫猫を助けるようにと言われて来た見張り兵は、がっくりと肩を落とすのでした。

その後、猫猫に討伐軍が来るから逃げろと告げる見張り兵。

火薬を作っている地下には行くなと言われたのにも関わらず、ピンと来た猫猫は階段を降りていきます。

硫黄と糞尿の匂いを頼りに、火薬を作る作業場に着いた猫猫。

たくさんの火薬を目の当たりにし、戦の準備が整っていることを知りました。

空気の悪さに顔をしかめた後、松明を持って階段を降りてくる楼蘭の姿を見つけます。

たくさんの銀を床に投げ、作業する人達にここから逃げるようにと呼びかける楼蘭。

頑張って逃げて!と微笑み、松明を投げてしまいます。

大きな爆発を物陰で耐えていた猫猫も、早く逃げないと…!と階段に向かいました。

体制を崩している楼蘭を助け、お互いにどうしてここにいるのかと不思議な表情を浮かべます。

猫猫なら蠆盆も平気だと思ったという言葉を聞いて、蛇は美味しかった!と答える猫猫。

二人で出口に向かいますが、楼蘭はまだやることがあると答えるのでした…。

感想

今回のお話は、初っ端から猫猫が驚きの行動に!

詳しくは後でご紹介しますが、かなり笑えるのでぜひとも見てほしいですね。

中盤では楼蘭との再会シーンがありますが、こちらも急展開を迎えます。

今回は、「蛇を食べちゃった猫猫」「楼蘭との再会」「楼蘭のやるべきこととは?」の3つを考察してみましょう。

蛇を食べちゃった猫猫

前回に引き続き、普通の人なら死ぬ可能性が高い蠆盆の刑に処せられた猫猫。

にやーっとした笑みといい、両手に簪を構えた姿といい、変態っぽさ100%です。

まぁ、毒蛇なんて猫猫には全然効かないでしょと予想はしましたよ?

…しましたけど、まさか捌いて食べちゃうところまでは予想出来ませんでした!

おまけに、松明の火で炙って、見張り兵に塩を持ってないかと聞く余裕っぷり。

蛇を頬張る猫猫のお顔は、ほっぺもぷりぷり、目も久々のご馳走で輝いています。

こんなにゆるい拷問シーンは見たことないってことで、一気に緊張がほぐれましたね。

簪って意外と殺傷能力あるんだなぁ…と感心したり、蛇を捌くのって難しいのか?と疑問も尽きません。

よく考えたら、蛇って…ハモやウナギと同じような扱いでもいけそうですかね?

脂が乗っていて美味しいと猫猫は言ってたから、毒さえ気をつければやっぱり美味しいのかも!

捌くのは不器用だから無理だけど、ちょっと食べてみたい好奇心が出てきました。

…今、ふと気づいたんですけど。

猫猫が髪に挿していた簪って、子翠から貰ったものと…壬氏から貰ったものだったような?

以前、簪を贈るのは好意の印なんじゃないかと推察していたのですが、本当にそうだったらとんでもないことですよね!

自分があげた簪が蛇を捌く道具に使われたと知ったら、壬氏はどんな顔をするんでしょう(笑)。

この事実を猫猫が隠し通すのか、バレて修羅場になるのか…どっちにしろ楽しみですね。

シリアスなのかと思いきや、予想を上回る展開で笑いを作ってくれて、たくさん笑わせてもらいました。

楼蘭との再会

猫猫の蛇食いシーンと方向性は全然違いますが、楼蘭と再開するシーンも良かったです。

神美と一緒にいる時は大人しくて、冷たい感じすらする楼蘭。

ですが、火薬を作っている場所にやってきた時は凛々しく、リーダー性も感じられました。

猫猫に手を引かれた時は、後宮で明るい笑顔を見せていた子翠そのもの。

色々な立場になる度にたくさんの自分を使い分ける楼蘭ですが、猫猫といる時は歳相応の素顔なのかなって思うんですよね。

猫猫も「楼蘭」「子翠」両方の名前で呼んでいる所を見ると、久しぶりに会えた嬉しさや戸惑いを感じていたのかもしれません。

でも、猫猫なら蠆盆も平気だろうと言った楼蘭を見て、ちょっとジーンとしちゃいました。

やっぱり、表向きは事を荒立てないようにして、猫猫を助けてくれたんですものね!

この時の楼蘭はちょっと無邪気な感じで、後宮で猫猫たちとじゃれ合っていた時を思い出してしまいました。

言葉では表現されませんけど、猫猫と楼蘭・翠苓や饗迂たちとは友情めいたものがあると思います。

子昌一族は敵となっていますが、楼蘭と猫猫、個人で見れば敵とは思えません。

ぶっちゃけ、神美とか子昌とか…地位のある親たちのせいで戦にも巻き込まれていますよね。

猫猫が攫われてから、色んな所で関係ない人達が大変な目に遭っている描写が多くて、私はとっても辛く感じます。

薬屋のひとりごとは「毒」が重要な役割を持つ漫画ですが、楼蘭や翠苓たちも「毒親」の被害者でしょう。

みんなが幸せになれるハッピーエンドは、残念ながら私はまだ思いつきません。

せめて、戦争の被害者の女子供達は救われるといいですね。

楼蘭のやるべきこととは?

火薬を作っていた労働者を逃がし、猫猫と脱出するのかと思いきや…。

楼蘭は顔を上げて、やるべきことがあると言っていました。

元々綺麗な顔をしていますが、決意に満ちた表情は神美の側にいた時にはないものです。

楼蘭のやるべきことを推察しましたが、やっぱり神美をどうにかしようとするんじゃないでしょうか?

実の母とはいえ、他者を見下したり拷問するような人は許せないと思いますし。

ふと思ったのですが、隠れ里の人達はみんな、楼蘭と子翠が同一人物だと気づいてるのでしょうか?

もし、知っている人が味方しかいないなら、翠苓たちと力を合わせて色々できるかもしれません。

誰かをやっつけるのは難しくても、ここから逃したりすることは可能ですよね。

楼蘭の表情を見ると、これで最後…!みたいなギリギリ感があって、本当に切なくなりますよ。

一方、子昌の話題が全然出ないので、本当に父なのかと不安になるくらいなんですが…。

親子みんなが揃ってるシーンもありませんが、どう考えても家族関係に問題アリですよね。

次回あたり、そろそろ子昌の出番を期待しています!

今回の見どころ

今回の見どころは、猫猫が蛇を食べちゃったシーンと楼蘭との再会シーンです。

どっちも気になるシーンで、どうしても1つに絞りきれませんでした。

美味しそうに蛇を頬張る猫猫の表情もたまりませんし、楼蘭を子翠と呼ぶところもウルっときますよ。

二人の友情がどうなっていくのか、次回も目が離せません!

 

まるごと無料でマンガを読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 記事一覧を見る!

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~最新話 18巻72話のネタバレでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事