スポンサーリンク

前回のお話で、急遽合流したユーリ・アルベルトと共に西の森へ向かうセイ。

道中ユーリに質問攻めにされながらも、野営地へ到着します。

自分がプレゼントした髪飾りをつけているセイを見て、アルベルトは嬉しそうに微笑むのでした…。

聖女の魔力は万能ですネタバレ5巻21話のネタバレ感想です。

スポンサーリンク

聖女の魔力は万能ですネタバレ5巻21話のネタバレとあらすじ

偵察部隊が帰ってきた後、西の森に入る部隊メンバーを決めることになりました。

ニコニコ顔でセイの部隊に入ります!と言うユーリに、戦力過多です…と睨むアルベルト。

結局二人ともセイの傍で、護衛につくことになります。

魔物を魔法で瞬殺にしながら、鼻歌交じりで進むユーリ。

セイの前に突如姿を表した魔物にアルベルトが立ち塞がり、一太刀で倒す実力を見せつけました。

弱い魔物が出現しないことに気づいたユーリとアルベルトは、セイを見つめますが…。

何のことかわからないセイは、説明してください!と戸惑うのでした。

その後も森の奥に進む一行ですが、奥に行けば行くほど魔物の攻撃は激しさを増していきます。

スイッチが入ったのか、術を連発して魔物を倒していくユーリ。

味方を守る術や回復魔法・能力を上げる術を駆使するセイの立ち回りを見て、良いですね!と褒める余裕すらありました。

瘴気がどんどん重くなっていくのを感じながら、森の最深部に辿り着きますが…。

目の前には黒く大きな沼が広がり、そこから魔物が湧いていたのです!

見たこともない光景に、戸惑いと恐怖を隠せないセイなのでした。

 

1350円分のマンガが無料で読める!

       

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

    こちらの記事も読まれています。  

感想

いよいよ西の森に踏み込み、討伐を開始する一行。

しょっぱなから自由なユーリに振り回されているアルベルトとセイが、不憫ながらも面白かったです。

主に戦闘シーンが多く、リミッターが外れたユーリは必見の価値ありですよ!

今回は、「アルベルトとユーリ」と「師団長ユーリの戦闘能力」「セイの成長と能力」について考えてみたいと思います。

アルベルトとユーリ

森の中に入る前に部隊メンバーを決めたのですが、またしてもやりたい放題キャラ・ユーリが乱入してきます。

セイを守るポジションを渡したくないアルベルトは、流石に今回はユーリに楯突いていましたね…。

言葉は丁寧ですが、セイを巡って睨み合うシーンの背景には火花が散っていましたよ!

アルベルトは騎士道精神やセイへの恩・好意もあり、彼女を守るナイトでありたい想いが強いんでしょう。

一方ユーリは、近くにいれば聖女の術が見れるかもしれない…セイの術について新たな発見があるかも!という魂胆がミエミエな印象です。

前回のお話ではセイから金色の術の話を聞いたばかりですし、好奇心MAXなのは間違いないと感じました。

おまけにセイを狙ってくる魔物を、問答無用でバッタバッタ薙ぎ倒せるいい機会ですしね!

二人ともセイの傍に居たいと言ってはいますが、目的が全然違う所に気付くとより面白いですね。

当初はバチバチしていた二人ですが、戦闘が始まるとバランスのよいパーティーだったことがわかります。

遠くの魔物には射程距離のあるユーリの術で、近接戦闘はアルベルトの攻撃で凌げますし…。

セイの能力にピンときた二人が意味深に視線を送っていたシーンは、いたずらっ子のようで可愛かったです!

師団長ユーリの戦闘能力

王宮の講義で、セイに術の発動スピードの課題を出していたユーリ。

今回初めて実戦で術を発動しましたが、スピード・威力共に申し分ない実力です!

アルベルトが認めるくらいですし、セイも驚いていましたね。

おまけに魔物を倒す度・数が増える度にやる気スイッチが入り、テンション上がりまくりです!

術を発動する前に下をペロッと出しているシーンがあるのですが、狂気を感じました…。

これ以上敵を倒していたら高笑いとかしそうで、ユーリの推しシーン認定です!

セイの成長と能力

ユーリの講義の成果もあり、術の発動もスムーズになってきたセイ。

ポーション作りも上手で、回復に関係するものには苦手要素が見つかりません。

その代わり攻撃が全く出来ないので、誰かに守ってもらうのは必須です。

周りにいる騎士にタイミングよく防御魔法をかけたり、戦闘中にヒールをかけるシーンは臨場感がありましたよ!

なかなか回復役からバトルを見る機会が少ないので、結構ドキドキしました…。

ふと思ったんですけど、攻撃の手段がない回復役って…自分の立ち回り次第で活躍度も変わる気がします。

ユーリの言うとおり、実戦ではスピード重視なのも納得がいきました。

次から次へと魔物が襲いかかってくるのに、攻撃を避けながら発動を待ってられないですよね。

この討伐で、セイの実戦スキルが上がったのは間違いありません。

これからも討伐があるかもしれませんし、ユーリとアルベルトと共に戦えたのはプラスだったと思います。

初めての実戦で怖い時もあっただろうに、逃げたり震える場面もなく一生懸命頑張っている姿が素敵でした。

おまけに…セイ自身は気づいていないようですが、聖女の特性なのか弱い魔物を寄せ付けない力も発揮していましたね。

ユーリとアルベルトに説明して!と訴えているシーンは、緊迫感があるお話の中でホッとしました。

今回の見どころ

今回の見どころは、セイの護衛を巡ってアルベルトとユーリが火花を散らすシーンです。

自由気ままなユーリの一声で、不穏な空気が漂う二人…。

ユーリに恋愛感情はなさそうですが、張り合うアルベルトにはセイを守りたい想いが強いように感じました。

戦力的には2人がいたおかげでセイも成長できたので、大正解でしたね!

西の森の最奥で見つけた黒い沼を前に、戸惑う3人…。

金色の術が何なのかもわからず、発動もままならないセイに出来ることはあるのか…次回に注目です!

 

まるごと無料でマンガを読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

コミック.jp 1000コース

 

 

 

 

聖女の魔力は万能ですネタバレ5巻21話のネタバレでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事