スポンサーリンク

 

前話では、スダチが上京に踏み切った真意について描かれていました。

母の再婚により、実家が取り壊されることになったスダチ。最後の切り札がなくなり心細い気持ちで東京へと戻ってきました。しかし、美樹と堂本がホテルから出てくるところを目撃してしまい・・・!?

最新話、211話 10年シてないスダチさん感想です!

 

スポンサーリンク

10年シてないスダチさん 最新話 ネタバレ 2巻11話  ネタバレとあらすじ


青ざめた美樹と動じない堂本を前に、スダチは呆然としていました。いろんな感情が溢れてくるのに一つも言葉になりません。「堂本くん・・・何かいってよ」と心の中で呟くも、堂本は焦りも弁解もせずただ目をそらしただけでした。

スダチは思わず走り出し、その場を後にします。堂本に好かれていなかったという現実を突きつけられ、一晩中泣き明かしたスダチ。失恋のどん底にいたところ、美樹が家に訪ねてきました。謝りたいという美樹は、堂本との関係について話し始めます。

実は美樹は10年もの間不倫を続けており、不毛な恋愛に疲れていた美樹に思いを寄せる堂本と「そういう関係」になってしまったというのです。このままではつい堂本に甘えてしまうと考えた美樹は、上京してきたスダチと堂本をくっつけようとしていたのでした。

あまりにも勝手な発言にスダチは、「よくわからん恋愛に巻き込むな」と怒鳴りつけ、美樹を追い返します。堂本とも二度と会わないと伝えてといい、上京して一ヶ月早速知り合いの三分の二を失うのでした。

そして職探しに本腰を入れようとハローワークを訪れます。職業訓練の話を聞き、これからは心機一転頑張ろうと心を新たにするスダチ。

しかし駅で大号泣する小森の姿を見つけてしまい、思わず「どうしたの!?」と声をかけます。スダチに気付いた小森は、スダチの腰へと抱きついてきて・・・!?

 

   

感想

青春を夢見て上京してきたのに、どろっどろの恋愛に巻き込まれたスダチが不憫すぎる!

美樹の悲劇のヒロインぶる感じモヤモヤする~!謝りたくて・・・って、ただ自分の気持ちを晴らしたいだけなのが見えすいてる。というか、この場合は美樹が謝ってもあんまり意味ないですよね。堂本は最初から美樹ひとすじだったみたいだし、ただスダチが利用されただけですし。

「奥さんと別れて私を選んでくれるかなって」「二人がうまくいけば堂本との関係も終われるんじゃないか」って、ただタラタラと自分のモテ語りをしてるだけですからね。

しかし、スダチ予想外に強かった!ものすごい剣幕で美樹にまくしたてる姿は痛快でしたね~。堂本も美樹もスダチといると安心するといっていましたが、「ただあなた達のプライドを傷つけるようなものを何一つ持ってないからでしょ」と痛いところついてますね。悲しいけどいい年して仕事も家庭もないのでその通りなのかな・・・。

でも悲観するのではなくて「だからって何も無い人間をなめるな!」と一喝する姿めちゃくちゃかっこよかった。そうだそうだ!いいように二人でスダチを利用しやがって!

最後の「これから自分の人生を生きるのに忙しいんで」というスダチの表情が今まで全然違うものになってましたね。キリッとしてかっこよかったなあ。

ようやくハローワークへも足を運び、職探しにも本腰を入れたスダチ。地に足をつけた生活を始めまるのかと思いきや、まさか号泣する小森と遭遇することになり・・・?!スダチを見るやいなや抱きついていましたが、新たな恋へと発展するのでしょうか!?

 

今回の見所はたくさんあるんですが、やっぱり身勝手な美樹を相手にブチぎれるスダチですね!そんなに長い間、不倫を続けてたの・・・なら堂本との関係も仕方ないよねとか、なりませんもんね。スダチ優しいから、「不倫なんて良くないよ」とか言うかと思いきや、「不倫でもセフレでも勝手にやってろ!」と叫んでいて安心しました(笑)

ようやく堂本との関係に決着をつけたスダチ。ラストシーンでは小森との恋愛をほのめかす展開となりましたが、どうなるのでしょうか!?続きが気になりますね!以上、10年シてないスダチさん 最新話ネタバレ2巻11話でした。

 

スポンサーリンク

「10年シてないスダチさん」を無料でまるごとダウンロードして読む方法

追加料金無しで今すぐ「10年シてないスダチさん」を無料でまるごとダウンロードして読む方法を紹介しています。

発売されたばかりの最新刊でもこの方法で無料で読むことができますよ。

いろいろな方法がありますので参考にしてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

以上、10年シてないスダチさん 最新話ネタバレ2巻10話でした。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事