スポンサーリンク

今回はhalf time.2の番外編COLLECTIONS vol.69についてまとめたいと思います。短編ですが、それぞれにうまく凝縮されているお話しもぜひ読んでほしいところです。このあと14half time.2のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

春待つ僕ら 14巻番外編 half time.2のネタバレとあらすじ

ネタバレを読む前に!

こちらから12~14巻の最初の記事に移動できますよ!

春待つ僕ら 14巻をはじめから読む!

春待つ僕ら 13巻をはじめから読む!

春待つ僕ら 12巻をはじめから読む!

Vol.6

漫画「逆ハーな僕ら」を読んでいた竜二。その内容は、一人の女子を周りの男子がみんな好きになっていくものでした。永久が美月に告白している間、瑠衣は不機嫌になりファミレスに竜二たちを誘います。恭介も何だかもやもやしている様子。竜二は、もしかして漫画みたいに、みんな美月を好きになってしまったのではと妄想します。自分だけはナナ一筋とひそかに誓う竜二でした。

Vol.7

美月と二人で話す瑠衣。最近元気がない理由は、永久と亜哉に板挟みされているから?と美月に問いかけます。二人に想われて引け目を感じている美月に、瑠衣は全部忘れて、俺にしとけばと言い、二人は急接近・・・?しかし、これはすべて竜二が見た夢で、竜二は一人なぜかブルーになるのでした。

Vol.8

「逆ハーな僕ら」にはまってきた竜二。瑠衣が、修学旅行でよく女子部屋にいるのがばれそうになり布団に二人で隠れる、露天風呂でまさかの男女鉢合わせになる場面をやりたいと言います。恭介はどちらも実際やったことがあると言い、テンションが上がる瑠衣。竜二と永久には無関係と思っていましたが、今後自分たちにもありうることをまだ知らないのでした。

Vol.9

みんなで行った温泉旅行の夜、王様ゲームをすることになります。カードを引くと、王様はレイナになりました。レイナは1番と3番がキスと指令を出しますが、ナナが必至で止めます。3番を持っていた竜二はもしかしてナナと・・と期待しますが、1番は恭介でした。王様レイナの期待通りのシーンとなってしまいました。

スポンサーリンク

感想

Vol.6では、「逆ハーな僕ら」の世界に影響されてしまう竜二の勝手な妄想が膨らんでいましたね。4人で美月を奪い合うなんてことが起きたら、本当に逆ハーレムですが・・ファンとしてはそれもちょっと面白そうだから見たいとか思ってしまいます。瑠衣は実際美月が好きだったし、永久が告白しに行ったことで拗ねていたので恋のライバルになるかもと思ったのですが、瑠衣が入り込む隙がないくらい美月と永久の絆は強かったようです。

そしてVol.7では、漫画に影響された竜二の夢に瑠衣と美月が出てきてしまいました。始めは、やっぱり実際瑠衣も美月が好きでアタックしていたんだと思って勝手にドキドキしたのですが、竜二の夢だったんですね。リアルな夢すぎて、完全に騙されてしまいました。

Vol.8では、漫画あるあるのシチュエーションについて盛り上がっていました。恭介は中学生でこの経験があったなんて、やっぱり3人とは違って一歩も二歩も大人なようです。温泉の場面はほんとにあり得ないでしょうと、読みながら突っ込みを入れてしまいましたが。修学旅行の場面は描かれなかったけど、きっと様々な出来事が起こるだろうなと想像するだけで楽しくなりました。

Vol.9では、王様ゲームでのレイナの期待が現実になった結果となりましたね。期待通りになるか賭けだったと思いますが、竜二と恭介が指令のターゲットになって、レイナはすごく喜んだでしょう。永久と亜哉は自分のことより、美月が選ばれないか気が気ではなかったと思います。二人に想われている美月、本当に幸せものでうらやましい限りですね。

今回はvol.69に分けて、それぞれネタバレと感想を書いてみました。本編にリンクする裏話が描かれていて、本編の内容を思い出しながら楽しく読めました。永久の真面目なところ、瑠衣のまっすぐなところ、竜二の天然で素直なところ、恭介の大人なところ・・4人それぞれの魅力がつまった素敵な話ばかりでしたね。

さて、続きはいよいよ春待つ僕らのラストストーリーとなります。何だか寂しいですが、楽しんで最後まで読みたいと思います。

 

 

 

 

 

 

以上、春待つ僕ら14巻番外編 half .2のネタバレと感想でした。

スポンサーリンク
おすすめ記事