スポンサーリンク

 

51話のおさらい

亜哉は、永久と男同士の約束を交わしてついにアメリカへと旅立ちます。そしてバレンタインデートをすることになった美月と永久。このあと、気になる春待つ僕ら1252話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

春待つ僕ら 1252話のネタバレとあらすじ


ナナへ告白するため竜二はカフェへ向かったのですが、ナナが友達から付き合わない?と言われているのを聞いてしまいます。ナナは本気にしていない様子でしたが、その現場を見てしまった竜二は告白できずに帰ってしまいました。

一方、美月と永久のデートの日。永久の家へ向かう途中、二人きりになることを意識しすぎてずっと緊張している美月。そこで永久は竜二の兄がコーチをしている、ミニバスへ美月を連れていきます。

竜二の兄と二人で話すことになった美月は、はじめは怖がっていましたが、優しい竜二の兄に安心して、ずっと気になっていた竜二の様子を聞きだします。落ち込んでいた竜二ですが、翌朝には今日こそ大事な勝負の日だと言っていたらしく、それを聞いた美月はほっとしたのでした。

 

永久の家へ帰った二人。手作りのガトーショコラはちょっとつぶれてしまったけど、永久はおいしいと喜んで食べてくれました。

美月は、自分の緊張をほぐすために永久がミニバスへ連れていってくれたことを知ります。そして、永久の周りのことをもっと知りたい、いつも仲間に入れてくれて嬉しいと思っていることを素直に伝えます。

永久はこれからもっとあたり前じゃないことも二人でしていきたいと話し、美月へキスしました。

 

一方、店の前でナナのことをずっと待っていた竜二。それに気づいたナナが声をかけます。そこで竜二はチョコを渡して、付き合ってくださいと告白して・・・

スポンサーリンク

感想

まさかの、竜二へライバル出現?!と思ってびっくりしましたが、最後には仕切りなおして無事に告白できました。ナナの友達は今回初登場なので、ナナへ片思いしている男子なのか関係性はわかりませんが、ナナの本心が気になりますね。

竜二のこともよく思ってくれていると思うのですが、なんだか弟のように思っているような雰囲気もあるので結果はどうなるのでしょう?次話で、竜二とナナの関係が進展するのか、そこも注目ですね。

 

美月と永久のほうはと言うと、永久の思い出の場所へ美月を連れて行くことができました。

天然な永久でもわかるくらい、美月はわかりやすく緊張していて、その緊張をほぐすために永久がわざと外へ連れ出してくれたところは優しいなと思いました。

家でずっと二人で過ごしていたら、きっと美月が緊張しっぱなしで楽しめないですもんね。美月が渡す前にチョコをつぶしてしまうところも、なんともおっちょこちょいでかわいいところ。お互い天然のカップルだと思うのですが、どうやら美月のほうが天然度はちょっとウワテなようです。

 

二人には付き合うまでにそれぞれの背景があって、その中で美月が言っていた通り、好きな人の大事な場所や大切な人達、思い出の一部を共有できたら嬉しいって思うことは自然なことだと思います。

ミニバスは永久にとって、今の仲間ができた大切な場所。そんな大切な場所には、本当に大事だと思っている人しか連れていかないんじゃないかなと思います。永久にとって、美月はそんな存在になっているということですよね。

亜哉と出会ったコートが美月にとっての大切な場所であるように、永久もミニバス時代のコートや仲間と過ごした時間はこれからもずっと大事に思っていくのだと思います。

自分の大切なものを二人で共有していけるカップルって素敵ですね。読んでいて、つくづく美月と永久はお似合いのカップルだなと思いました。続きがとっても気になりますね。

 

 

 

 

 

 

以上、春待つ僕ら1252話ネタバレと感想でした。

スポンサーリンク
おすすめ記事