よく読まれている記事
スポンサーリンク

前話では、凪の彼氏代打作戦に桃園ではなく慎二が登場するお話でした。

凪は疑り深い母親に代役がバレてしまうと動揺しますが、

慎二の見事な人心掌握術ですっかり母親のハートをキャッチします。

 

しかし、それでは何も変わらないとごまかすことに嫌気が差した凪は、

突然「全部うそなの!」と白状してしまい・・・?

真実知った母親はどうなってしまうのでしょうか!?

 

最新話 7巻38話 漫画 凪のお暇ネタバレ感想です!

スポンサーリンク

漫画 凪のお暇 最新話ネタバレ 6巻37話  ネタバレとあらすじ

漫画を無料で読む方法!

漫画を無料で読む方法は

下の方にありますのでスクロールしてくださいね!


本当の凪は無職で結婚前提の彼氏も居ないと知った母親は、表情が一変します。

見かねた慎二は彼氏を演じながらも

「エイプリルフールには早いよ~」

と必死に取り繕いますが、凪は慎二に対しても

「こことしっかり向き合わないと一生私は変われない」

と断固として譲りません。

 

凪は今の自分の住まいに母親を連れて行くことにし、

そこで全部話すと告げるのでした。

これ以上はいいよ、と凪に告げられ慎二は別れますが、

自宅に帰る気にはなれず凪の部屋へ向かいます。

イワシの群れから外れようとする凪が、

どうなってしまうのかその先が見たいと思う慎二。

いつしか自分の目の前で家から出て行ってしまった

ありし日の兄の姿と重ねてしまうのでした。

 

凪の部屋に通された母親は、あまりのぼろアパートに愕然とします。

その後姿を目撃してしまったうららちゃん親子や吉永さんは、

作戦は失敗になったのかと気が気でありません。

さらに到着した慎二もこっそりと窓から凪の部屋の様子を伺い、ゴンまでも加わり見守ります。

 

今までは母親が納得するような充実した生活に見せかけていたが、

実情は実家への仕送りが厳しく節約生活だったと明かします。

辛かった自分を受け入れて欲しい、正直に話すも

「進路も住まいも仕送りも勝手にしたことなのに、全てお母さんのせいなの?」

と問い詰められます。

 

どうあっても受け入れられない凪は、

次第にどろどろとした感情で溢れついに飲み込まれそうになったとき

、チャイムが鳴り響き・・・!?

スポンサーリンク

感想

今回のお話、かなり情報量が多いです!

読みながら一喜一憂しハラハラして大混乱でした。

 

正直に白状した凪を慎二は「ゼロヒャク」だといい、

どうしてそんな正直に生きるのかと疑問に思っていました。

 

でも「ゼロヒャク」になれたのって、

凪はお暇生活を過ごしたからだと思うんですよね。

以前の凪はマウンティングOL達を見下しつつも同調し、

営業部エースである慎二の彼女というポジションを唯一の切り札としていました。

 

そんな自分を必死で変えようと努力した結果が、

偽らず正直に生きることだと感じたんですよね。

母親との修羅場を迎えた部屋には、

うららちゃん親子や吉永さんだけでなく

スナックバブルのママたちまで駆けつけます。

 

ママに到っては

「代打作戦は私が言い出したことでこの子は何も悪くないんです」

と泣き出すし、どこまでいい人なのってじーんときちゃいました。

 

何もない部屋だけど大好きな人たちでぎゅうぎゅうなの、

という凪の言葉も素敵でした。

 

凪は気付いていないだけで、ゴンも慎二も窓から見守っているんですよね・・・

それってまさに凪の心理を表してるなあと思いますね。

つまり凪にとっては「大好きな人たち」にカウントされていない二人ですが、

ゴンも慎二も彼らなりにすごく凪のことを想ってる、

一方通行ぶりがよく伝わりました。

凪が受け継いだ実家のぬか漬けにアレンジを加えたオリジナルのぬか漬けを母に渡し、

その日はホテルへとかえっていきました。

 

翌日のメールには「凪のぬか漬け美味しかった」とあり、希望を見出せた凪。

やっぱり母親との対峙にはぬか漬けがキーアイテムになりましたね!

 

しかし!今回のお話はここで終わりじゃないんです・・・

最大の見所は、最後の1ページにありました。

 

いつの日にか母親と分かり合える日が来るのかもしれない・・・

そんな甘い夢を見ていたのはいつだっただろうと、

雪かきにせいをだす凪の姿が描かれています。

 

母親からの電話には

「寄り道しないで帰るよ」

とこたえ、まるで自我を失ったロボットのようでした。

一体凪にどんな事態が起きたのでしょうか

 

 

 

丸ごと無料で漫画を読む方法!

 

 

 

!?以上、漫画 凪のお暇 最新話ネタバレ 7巻38話でした。

スポンサーリンク
おすすめの記事