よく読まれている記事
スポンサーリンク

前話では、急遽出張中の今泉のヘルプに静岡へ行くお話でした。

せっかくの地方への出張ということもあり、地酒を堪能するべく宿泊先まで押さえていた松子。

偶然にも今泉も同じ宿泊先、さらには二人でサシ飲みすることになり・・・

これはもしかして?と意識する松子に、

「オレ藤井さん好きですよ」

とさらりと告げられ・・・?

最新話、3巻20話 酒と恋には酔って然るべき感想です!

 

スポンサーリンク

酒と恋には酔って然るべき 最新話 3巻20話のネタバレとあらすじ

漫画を無料で読む方法!

漫画を無料で読む方法は

下の方にありますのでスクロールしてくださいね!

静岡へ出張中の二人は一緒に朝食をとりますが、松子はひどい顔で心ここにあらずでした。

昨晩のメールで最上から伊達の母親宛にお土産をもらった話を知った松子は、

彼女もちの男友達の実家にお土産を渡す本意とは?と頭を悩ませます。

それでも何でも朗らかに受け止めてこそ良い彼女だと、ぐっと気持ちを切り替えます。

 

帰りの新幹線の中、今泉はヘルプのお礼にと松子にカップ酒を渡します。

珍しいお酒に上機嫌の松子でしたが、ふとこの出張中での出来事を思い出します。

サシ飲み中の今泉からの突然の告白・・・

「オレ藤井さん好きですよ」「でも結婚したそうだったんで」

の言葉が頭をループします。

「私だって好きだったよ」

と心の中で打ち明ける松子は、うとうとと今泉の肩によりかかり寝てしまいました。

 

自宅に戻った松子はさっそく今泉からもらったカップ酒で晩酌をはじめます。

ちょうど伊達からメッセージが入り、何気ないやりとりに彼の優しさが嬉しくなる松子。

自分は返せているのだろうか、

独占欲ばかりが強くなる一方で出会った頃のようにお酒を楽しめていないんじゃないか・・・

そう考えると、無性に伊達に会いたくなって涙がこぼれてしまいます。

 

でも冷静に考えて、

平日の会社員がこんな時間に会いたいなんていうと振られる原因だ

と頭を冷やすためコンビニに出かけた松子。

そこで偶然であった人とは・・・?

スポンサーリンク

感想

静岡出張では何にも進展はありませんでしたが、

その代わり今泉との恋愛フラグは完璧にぽきっと折れちゃった気がします。

「結婚したそうだったんで」って、いや「だったんで」って何よ~遊びか!!とモヤモヤしっぱなしでした。

松子も言葉の真意に振り回されていましたが、

今泉に対して「私も好きだったよ」と過去形として心の中で呟いていましたよね。

というか、ついに今泉に恋愛感情もっていたことを自分で認めましたね。

白石にチクってやりたい!

そんな白石に出張中での出来事を報告しようと飲みにさそっていましたが、

まさか今泉の元彼である美森も一緒にくるなんて、

この三人立場は微妙なんですがなんだかんだで仲良いですよね。

恋愛マスターの美森に、松子は伊達の人付き合いの良さや、

友達としての距離感を超えてくる最上の存在について相談しますが、

「いますね、常に異性と擬似恋愛を楽しんでいる人」

とばっさり切り捨てます。

確かに!いるねそういう人、と思わず私もうんうんう頷いてしまいました。

美森さんさすが魔性の女だけあって、本質を見極める力に長けてますね。

そういう人は、人のものだから欲しがるパターン、

決定的な言葉を言わず、恋愛が成就するまでのキラキラした時間を楽しむパターン、

とりあえずキープなどいろいろあると思うんですが、

まあ彼女からしたら不愉快ですよね。松子が我慢しすぎないか心配だなあ。

 

今回のお話の見所は、なんといっても伊達の焼きもちのシーンですね!

あの人たらしな伊達が、

「今泉くんと出張だったから気になっちゃって・・・」

と彼らしくもない表情で話すところは胸きゅんでしたね!

疲れてるだろうからと家には行けず、

でも居ても立ってもいられず松子の家の近くまで来ていたなんて・・・

可愛すぎでしょ。

せっかく二人の気持ちも高まっていい雰囲気で部屋に帰ってきたのに、

部屋の明かりを付けたら晩酌セットが待ち構えていたのには笑いましたね。

伊達も松子の会いたい理由は「酒の相手が欲しくてか」みたいになってますし!

なんだかんだでお似合いの二人なのかもしれないですね。

 

 

 

 

 

 

 

丸ごと無料で漫画を読む方法!

 

 

以上、酒と恋には酔って然るべき 最新話ネタバレ 3巻20話でした。

スポンサーリンク

今すぐ無料で読めるマンガはここ!

1~3巻が無料! 1~3巻が無料! 1~3巻が無料!

↓毎日更新!9,000タイトル以上が無料で読み放題!

 

 

おすすめ記事