スポンサーリンク

前話では、今泉への気持ちを確信した松子は、慎重に関係を進めようと意気込むも、そっけない態度をとられ落ち込みます。

気持ちを伝えるため飲みに誘おうとしていたところ、ちょうど今泉の営業に同行することになります。無事に商談を終えるも、二人の間には重たい空気が流れます。

意を決して話しかける松子ですが、うまく言葉がまとまらず・・・そんな松子に今泉は突然キスをしてきて・・・?!ついに二人は付き合うことになるのでしょうか!?

最新話、7巻39話 酒と恋には酔って然るべき感想です!

⇓酒と恋には酔って然るべき 最新話の42話はこちら!

ネタバレを読む前に!

こちらから1~6巻の最初の記事に移動できますよ!

酒と恋には酔って然るべき 記事一覧

酒と恋には酔って然るべき 7巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 6巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 5巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 4巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 3巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 2巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 1巻をはじめから読む!

 

スポンサーリンク

酒と恋には酔って然るべき 最新話6巻39話のネタバレとあらすじ


突然のキスの後、今泉は「ぶつかっただけです」と言いますが、とってつけたような言い訳に松子は唇を押さえ頬を赤らめます。

そんな松子を見て「もういいでしょ、付き合いましょう」と告白する今泉。「オレのこと好きでしょ?」と嬉しそうに笑いかけます。

松子も観念したように、「じゃあ・・・はい」と静かに返し、二人は晴れて付き合うことになりました。

会社に戻った二人は通りかかった白石に呼び止められ、週末自宅に来ないかと誘われます。洋酒派の旦那さんが出張先で珍しい日本酒を買ってきたとのことで、4人飲みをすることになりました。

二人きりではないけれど、今泉との初デートに浮かれる松子。何を着ていこうかと楽しみにしていました。

白石の自宅を訪れた松子と今泉は、旦那さんへ挨拶を済ますと早速お目当てのお酒「茜さす」で乾杯をします。開封したての新鮮な美味しさに感動する松子に、今泉が因縁の日本酒である「十四代」について話をふります。

まさか一升瓶を1人で飲み干したのかと聞かれ、しどろもどろになる松子。後ろめたい気持ちを隠しつつ「日本酒好きの・・・知り合いの門出を祝って一緒に・・・」とぼそぼそと答えますが、白石と今泉には一瞬で伊達と飲んだとバレてしまいました。

重たい空気を察した白石が、松子の影響で日本酒にハマリ出したという旦那さんへ「茜さす」の豆知識を披露するよう促します。

「茜さす」は朝のイメージで作られていると聞いた白石は、夜明けといえば幕開けを感じる希望の酒だと息巻き、松子にとってはぴったりのお酒だといいます。

フォローするように「過去は過去よ!」と意味深に結論付けますが、何も知らない旦那さんが「茜さす」の由来に込められた和歌を紹介します。

なんでも別れた昔の男が大胆不敵に求愛し、今の男が居るのに心が揺れてしまう女性の気持ちを歌った歌で、まさに伊達と今泉に揺れる自分を描いているようで思わず絶句する松子。

気まずい空気を変えるよう、腹をくくった松子は「今泉くんと付き合うことになりました」と白石へ報告します。やれやれとため息をつく白石は、改めて「茜さす」で二人の夜明けに乾杯するのでした。

帰り道、「十四代」の話から伊達と会ったことを突っ込まれたじろぐ松子。今泉とは今泉の好きなお酒を飲みたいと取り繕うと、藤井さんちのカップ酒が飲みたいと言われます。「明日にでも」と不敵な笑みに松子は思わず赤面してしまうのでした。

 

1350円分のマンガが無料で読める!

       

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

    こちらの記事も読まれています。  

今話のお酒  【茜さすヌヴォ- 特別純米 無濾過生(株式会社土屋酒造店)】

 

酒と恋には酔って然るべき 最新話ネタバレ7巻39話 ついに松子、決断の時!

 

長野県佐久市にある土屋酒造店は、受賞暦多数の「亀の海」を醸す名門の酒造です。「茜さす」は“佐久酒の会”が農薬を一切使用しない田んぼで育てた酒米で造られたこだわりの日本酒です。ヌヴォーは、シーズン最初に仕込む「茜さす」シリーズで冬季限定品。

作中でもできたての新酒として描かれているため、栓を開封する際に「ボンッ」とイキのいい音をたてていました。これは発酵中のガスが残っていたためで、シュワシュワとした見た目はまさにシャンパンのよう。

ジューシーでフレッシュな味わいが特徴で、上品な酸味や旨みのおかげで度数を感じさせず軽やかに飲めます。乾杯にはもってこいのお酒ですが、ついつい飲みすぎてしまいそうですね。

チーズやブランマンジェといった濃厚な味わいのおつまみが合いそうです。松子たちはお酒に合わせて佐久の名産である、小鮒・クチボソの甘露煮をあわせていて、こちらも美味しそうでした。
商品参考url:https://kamenoumi.com/product-list/

感想

ついに、ついに!松子と今泉が付き合い始めましたね~おめでたいっ。お互いの気持ちに気付いていながら、友達以上恋人未満の関係を楽しんできた(?)二人。素直になりきれない大人の恋愛感情を、「もういいでしょ」という今泉の一言が表してますよね~。

しかも「オレのこと好きでしょ?」という告白がなんとも今泉らしいですよね。一見すると俺様な台詞なんですが、このときの今泉の表情がめちゃくちゃきゅんとくるんです!嬉しい気持ちがいっぱいの中、精一杯の照れ隠しなんだろうなあって伝わってきて、可愛く思えちゃうんですよ。

松子もしぶしぶという雰囲気で「はい」と伝えてますが、内心めちゃくちゃ嬉しそう。そりゃそうですよね!ついに今泉から折れてくれたんだし。「好きです」「私も」のように、全面的に好意を伝えるんじゃないところがなんとも今泉と松子らしい始まり方ですね。

白石宅に招かれ、楽しい日本酒パーティーのはずが、松子にとっては波乱の会になりましたね。自分の告白そっちのけで浮かれていた「十四代」について、今泉も結構しつこく聞いてきたあたり根に持っていそう。

しかも一緒に飲んだ相手が伊達っていう・・・松子は精一杯濁してましたが、白石と今泉には相手が伊達だと即バレてましたね。

さらにふてくされる今泉と、瞬時に状況を判断し必死にフォローする白石。このときの白石が優秀すぎるんですけど!「過去は過去よ!」発言に至ってはストレートに伊達のこと言いすぎですよね(笑)

さらには「茜さす」の由来までも地雷となる事態に!「あかねさす」から始まるその歌が、元彼と今彼に揺れる女性の気持ちを表しており、松子も思わず白目になっちゃいました。

過剰なまでに取り繕おうとする白石、さらにだんまりを決め込む今泉、何も知らない白石の旦那さんが「バレたらどうするんだろうね」と無邪気に釘を刺していくという地獄絵図(笑)

そんな空気に耐えかねて・・・ではなく、きっと今泉のことを思って、みんなの前で白石に付き合うことを報告した松子。今泉も驚きながらもちょっと嬉しそう。もう松子の中で伊達さんはきっちり過去の男性でケジメがついている証拠ですね。

でも伊達はプロポーズで渡しそびれた指輪を大事そうに持っていましたし、彼の中では終わっていないと思っているはず。これはもう一波乱ありそうな予感ですね!

 

今回の見所というと、今泉らしいひねくれた告白も捨てがたいのですが、やっぱりラストシーンですね!とっておきのお酒を伊達と飲んでいたと知ってスネる今泉。

松子も今泉くんの好きなお酒を飲もうよと機嫌をとろうとするのですが、返ってきた答えは「松子の家のカップ酒」!もうこの台詞がめちゃくちゃきゅんときちゃいました。特別なお酒ではなくて、二人の距離を近づけた思い出のカップ酒というところがポイントです。

しかも今まで松子の自宅を何度も訪れている今泉ですが、彼氏としては初めてですよね!お酒そっちのけでドキドキしちゃう~。これから今泉とのラブラブなシーンが描かれるんですかね!楽しみに待っていましょう~。

 

「酒と恋には酔って然るべき」をまるごと無料で読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

⇓酒と恋には酔って然るべき 最新話の40話はこちら!

 

 

⇓6月号 凪のお暇 最新話 番外編【コラボ作品】はこちら!

 

⇓こんな記事も書いています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、酒と恋には酔って然るべき 最新話ネタバレ 7巻39話でした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事