スポンサーリンク

 

前話では、伊達の同僚・最上、今泉、日本酒部入部希望の新庄という異色の4人で、新酒の会を開くお話でした。松子の自宅に集まりお酒を楽しんだ後は、初詣へと出かけます。そこで最上により、伊達がアメリカに移住することを知った今泉。松子の自宅へ一人戻ってきて・・・!?

最新話、5巻26話 酒と恋には酔って然るべき感想です!

 

 

ネタバレを読む前に!

こちらから1~4巻の最初の記事に移動できますよ!

酒と恋には酔って然るべき 記事一覧

酒と恋には酔って然るべき 4巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 3巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 2巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 1巻をはじめから読む!

 

スポンサーリンク

酒と恋には酔って然るべき 最新話5巻26話のネタバレとあらすじ

ドアチェーンをかけたままおずおずと扉を開けると、何食わぬ顔で「終電がなくなったので泊めてください」という今泉が立っていました。

伊達が渡米中で不在の大晦日、今泉のくせにどうしてこんな不器用なマネをと不審に思います。チョロイと思われていると考えた松子は、「ダメですよ」「伊達との関係に影を落としたくない」と、きっぱり断ります。

「そうですか」とあっさり引き下がる今泉は、続けて「アメリカに行かないでください」と淋しげに呟きます。その言葉に呆然とする松子ですが、寒そうな今泉がくしゃみをすると我に返り、タクシーを呼びに部屋の中へ戻っていきます。しかし今泉は松子を待たず、ひとりで帰ってしまいました。

正月休みもあけ、同僚・白石にやっとの思いで現在の状況を相談します。プロポーズも無い伊達に対し、「オレの人生についてこれる女だけついてこい」ってこと?と斬りこみます。正論に動揺する松子ですが、「あとは松子の忍耐次第じゃないの?」という言葉でさらに悩みます。

結局日常のささやかな幸せを見つけられたら満足だと感じる松子は、仕事帰りに本日のアテを探します。ちょうど伊達からも連絡があり、松子の自宅でフグ鍋とヒレ酒を楽しむことに。

二人で過ごす時間はとても穏やかで、伊達は改めて「松子をアメリカへ連れて行きたい」と告げます。しかし松子の本当の気持ちは・・・?!

 

スポンサーリンク

今話のお酒 【梅錦(うめにしき)「ずーっと好きでいてください」(本醸美酒カップ)】

今回は愛媛の人気の蔵「梅錦」の日本酒「ずーっと好きでいてください」です。アルコール度数14度台と低めで甘口な味わいが特徴です。さらりとした冷酒でも、酸味が出て美味しくなる燗もおすすめです。何より物語とリンクするかのような名前が可愛らしいですよね。

松子はこのお酒をヒレ酒にして味わっていましが、レンジで簡単にできるので真似したくなっちゃいます。

ヒレはちょうど良く焼き上げるのが難しいので、焼いてある物を用意しましょう。カップ酒にヒレを入れふんわりとラップをかけ、沸騰するくらいまで過熱します。これだけでも十分に美味しいのですが、さらに表面上のアルコールをマッチの炎で飛ばすと、より本格的な味わいが楽しめますよ!

酒と恋には酔って然るべき 最新話ネタバレ5巻26話

※画像はこちらから引用しました。商品参考url:https://www.umenishiki.co.jp/?pid=75513096

 

感想

やはり真面目な性格の松子は、今泉の挑発ともとれる誘いには応じませんでしたね~!断るだろうなあとは思っていたけれど、でもそこはちょっとだけ残念に思ったり。やっぱり今泉との恋愛を推してしまいます。

今泉があっさり引いたのも、はなから松子が泊めるとは考えてなかったんですかね。また動揺させようっていう、いたずら心でしょうか。本当は「アメリカに行かないで」というのが、一番伝えたかったことなんじゃ・・・そう考えると、今泉がいじらしく思えてきちゃいますね。

でもそれって異性として?それとも会社の先輩として?今泉のなかで、松子の存在がどういったものなのかがわかんないんですよね。番外編を読む限り、最初は好意を抱いていたように思うんですが、すでに過去形になってそうな気もします。心許せるお姉さんのような松子が、単純に渡米してしまうのが寂しかったのかな・・・。

そして白石の言葉はいつもグサッと刺さりますね~。「交際人数が多い=失敗の数」は、まさにそうですよね。優良物件と思えた伊達ですが、35歳で転職、海外移住、それなのにプロポーズなしって、どう考えても難しいです。

迫られる松子の「忍耐力」ですが、何の保証もないのに待つのは嫌ですよね。20代前半ならまだしも、松子は32歳。「結婚」が遠のいてまで本当に好きでいられる?

そんな人生の岐路に立つ松子ですが、とっておきの日本酒と最高のアテを見つけるとすっかり上機嫌になってしまうところが羨ましい(笑)。もう松子は日本酒さえあれば生きていけるのでは?!

 

今回の見所は、なんといってもラストシーンで描かれた松子の本音の部分ですね。嬉しそうに「連れて行きたい」と微笑む伊達に、最初は喜ぶも次第に戸惑いの表情を見せ「私はここにひきとめておきたい」と心の内で呟くのでした。でもそれを言ってしまうと、伊達との別れは決定的になってしまうのでしょう・・・。かといっていつまでも逃げてばかりはいられません。松子が下す決断とは?!

丸ごと無料で漫画を読む方法!

⇑「酒と恋には酔って然るべき」最新刊の4巻も、この方法でもちろん読めます。

 

 

以上、酒と恋には酔って然るべき 最新話ネタバレ 5巻26話でした。

 

スポンサーリンク
おすすめ記事