スポンサーリンク

前話のあらすじは、母親・夕の若かりし頃のお話でした。刺激に溢れた東京で嵐のような恋をし、やがてお腹に凪が宿った夕。しかし父親は行方をくらまし、泣く泣く田舎へと帰ってきたのでした。

凪には懸命に抗った上で、この田舎で腐って生きていくしかないことを証明して欲しかった夕。しかし家に、ゴンが訪ねてきて・・・?!最新話 8巻45話 漫画 凪のお暇ネタバレ感想です!

スポンサーリンク

漫画 凪のお暇 最新話ネタバレ 8巻45話  ネタバレとあらすじ


ようやく凪の実家にたどり着いたゴンは、凪にそっくりな女性を見て母親だと確信します。

数日前、スマホが壊れ免許書さえもなくしたゴンは、交番へ相談するもその派手な出で立ちから不審者扱いされてしまいます。自分が誰なのかも証明できなくなったゴンは、「そもそも俺は本当に安良城ゴンなのか?」と過去を回想しはじめます。

ゴンという名前は亡くなった飼い犬の名からつけられたもので、いつも家族を笑顔にしていた犬でした。かつてのゴンのように、みんなに笑ってもらえればそれでいい・・・昔から自分の痛みに鈍感だったゴンは、彫り氏の練習台として腕のタトゥーを入れます。

そのことに激怒した親は「学費は出さない」と絶縁されます。しかしゴンは、悲しみにくれるのではなく、これで妹の学費が捻出できると安心するのです。その様子に妹からは「そうゆうところ、ほんと気持ち悪い」と言われてしまうのでした。

通っていたクラブのWEBからエリィと電話することができたゴン。北国で途方にくれるゴンを心配するエリィはカンパを申し出ますが、ゴンは「やめて」と即座に断ります。

その時ゴンが壊れている原因に気付きました。いつも人に与えるばかりで、受け取ることを知らない・・・そんなゴンの初めての恋を応援しようと決意したエリィ。偶然、凪の実家から届いたダンボールに、クラブの機材を入れていたのを見つけ、実家の住所を伝えるのでした。

紆余曲折しながらようやくたどり着いた凪の実家でしたが、なんと夕からは「いません、家違いだと思います」と追い出されてしまい・・・・!?どうなるゴン!

スポンサーリンク

感想

ゴンの生い立ちについて深彫りされたお話でした。腕のタトゥーを入れたのも、自分の趣味じゃなかったんだ・・・。自己犠牲によって相手を喜ばせることに快感を得る人もいますが、ゴンは全く違います。ただ、人に与えて笑顔が見たいだけ・・・「自分はこんなに我慢しているんだ」という感情がないんですよね。

見返りが必要ないゴンは、周りから都合のいいように扱われそうですが、ゴンの人格によって逆に搾り取られるようになっていったのでしょう。「みんなのゴン」は、その純粋さによって時として恐怖さえも与えてしまうことに・・・。慎二派の私ですが、ゴンにも「人から与えてもらえる幸せ」を経験して欲しいと切に願ってしまいます。

しかし、数々の苦難を乗り越え、ようやくたどり着いた凪の実家で、夕に追い返されるゴン。確かにちょっと見た目怪しいですし、母親としては断る気持ちも分からなくもないんですが・・・夕が嘘をついたのはもっと別の理由でしょう。

いつか凪の父親・武が、自分を迎えに来てくれるのではないかと夢みていたのに、実際訪ねてきたのは、娘の凪あてで、かつ武に似た雰囲気の男性で混乱したのかも・・・同じ女性としての僻みがあったのかもしれないですね。

途方にくれ雪道で転んでしまうゴン・・・このまま凪に会えないままなのでしょうか!?

 

今回の見所は、エリィが恋敵であるはずの凪の住所を伝えるシーン。ゴンに対し淡い恋心を捨てきれず、ささやかな抵抗を続けていたのに・・・ゴンを想うが故に「初めての恋、背中押してやんなきゃ」と大粒の涙をこぼしていました。

いじらしくて私までウルウル・・・もしかしたらエリィだけは「みんなのゴン」ではなく、ゴン自身に惹かれていた唯一の人物かもしれないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、漫画 凪のお暇 最新話ネタバレ 8巻45話でした。

スポンサーリンク
おすすめ記事