スポンサーリンク

前話は、松子と名取の若かりし頃のお話でした。新人の頃、名取が気になっていた松子は2人きりの飲みに誘います。

あまりお酒が強くない名取の酔っ払う姿に色気を感じ、どきどきとする松子。さらにはほろ酔いの名取から『俺ら付き合っちゃう?』と言われ…?!初々しい松子の反応は必見です!

今話は、白石に片思い中の新庄くんのお話です。

最新話、8巻45話 酒と恋には酔って然るべき感想です!

ネタバレを読む前に!

こちらから1~6巻の最初の記事に移動できますよ!

酒と恋には酔って然るべき 記事一覧

酒と恋には酔って然るべき 7巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 6巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 5巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 4巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 3巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 2巻をはじめから読む!

酒と恋には酔って然るべき 1巻をはじめから読む!

 

スポンサーリンク

酒と恋には酔って然るべき 最新話8巻45話のネタバレとあらすじ

松子の元に、白石に片思い中の新庄から日本酒部でお花見をしようと提案がありました。松子は日本酒部でとはいいつつも、どうせ白石が目当てだろうとやんわりと断ります。新庄は慌ててお花見にぴったりの日本酒を見つけたからだと話し、日本酒につられた松子はメンバーを募ることにしました。

当日お花見に参加した日本酒部員は、新庄、松子の他に、白石、名取、そして名取に失恋したばかりの大崎さんという、ワケアリの5人です。松子は戸惑いつつも新庄の持ってきた日本酒に盛り上り、早速乾杯してお花見を楽しみます。

すると新庄が「日本酒百物語」をしましょうと言い出します。5本用意された日本酒を1本開けるごとにお題を設けてそれぞれがエピソードを語る、というもの。新庄は説明を終えるとすぐに白石を指名し、松子はやっぱり白石目当てかと呆れます。

日本酒百物語では、酔っ払った大崎が『友人に片想い相手を取られました』など恨めしげに語り、自分のことと気付いてるのか否か、『マジの怖い話だ』と笑い飛ばす名取。

そんな中、新庄は白石に『最近感じた幸せとは?』をお題に尋ねます。悩む白石ですが、『プロポーズ1年記念で同じレストランに連れて行かれたこと』と頬を染めながら話します。その答えを聞いた新庄はハッとした顔をするのでした。

宴もお開きとなり、新庄は具合の悪い大崎に付き添ってお水を買いに出ていました。片づけをしていた名取がふと、白石に新庄のことをどう思っているのかと尋ねます。『可愛い後輩ではあるけれど…恋愛対象ではないかな』と答える白石。 タイミング悪く、ちょうど戻ってきた大崎と新庄はその会話を聞いてしまっていました。

新庄は深く傷つきますが、ようやく諦める決心がついた様子。立ち聞きしてしまったことを悟られないよう声をかけて、大崎を最寄り駅まで送っていくといって帰って行きました。

残された名取は白石に、新庄が背後で聞いていたことに気付いていただろうと問います。『面と向かっていってくれればあそこまでは言わなかった』とため息をつき、『若者を導くのも辛い立場ね』と嘆く白石なのでした。

 

1350円分のマンガが無料で読める!

       

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

    こちらの記事も読まれています。  

今話のお酒

【一ノ蔵 発砲清酒 すず音 (宮城県)株式会社一ノ蔵】

酒と恋には酔って然るべき 最新話ネタバレ8巻45話 恋バナお花見大会
新庄がお花見にぴったりだと持ち寄ったスパークリング日本酒。愛らしい名前は、グラスに注ぐと立ち上るしゅわしゅわとした泡が鈴の音のようであることからつけられました。

シャンパンと同じく「瓶内二次発酵」製法で作られており、今となっては主流となったスパークリング日本酒のさきがけともいえる存在。口の中でぷちぷちと優しくはじける泡と、お米のすっきりとした甘さが特徴のお酒です。

これに加え作中では、すず音シリーズの「すず音GALA」「幸せの黄色いすず音」「花めくすず音」「すず音Wabi」の合計5本を持ち寄り飲み比べを楽しんでいました。

アルコール分も低いので普段お酒を飲まない方もチャレンジしやすい日本酒です。お酒に弱い女性部員の大崎さんもよくのむようで、女子会の定番とも紹介していました。

松子はイチゴとあわせてカクテルのように楽しんでいました。甘酸っぱいいちごとお米の甘さが絶妙に愛想ですよね。デザート酒のような、一味違った日本酒の飲み方が楽しめそうです。

商品参考url:https://ichinokura.co.jp/pickup-product/suzune

感想

人妻と分かっていながらアピールし続けていた新庄くん。分かっていたことですが、無残にも散ってしまいましたね・・・。むしろ既婚者相手に今までよく思い続けましたよね。見ているだけで十分だからといいつつも、白石目当てに日本酒部に加入したり、何かと接点を持とうと必死だったり、完全に見るだけでは満足していなかったもんね。

白石も想われているのは感じていたものの、わかりやすい新庄くんの言動から距離を置くことはしなかったんですよね。それなのに今回は本人が立ち聞きしているのを気付いていた上で、「結婚前に出会っていても恋愛対象じゃない」ときっぱりドストレートに告げていました。

これにはさすがの新庄君も深く傷ついた様子(笑)でもここまで言わないと、既婚者相手に恋してるんだから伝わらないですよね。

後に白石本人も「直接言ってくれたらこんなはっきりとは言わなかったのに」といっていたあたり、告白してくれるのを待っていたのかもしれませんね。もちろんきっぱりと断るつもりでなんですが、そこには新庄くんのこれからを思っての優しさを感じました。白石って面倒見もよくてほんと素敵な女性ですよね。

そんな傷ついた新庄を心配げな表情で見つめる大崎さん・・・俺は大丈夫だよと、にこりと笑って大崎さんの肩を叩く新庄くん。この仕草がちょっとかっこよく見えるけど、心の中はズタボロですよね(笑)

酔った大崎さんを送り届けるといって帰っていくんですが、ちょっとこの二人なんだかいい雰囲気です。気になっていた名取を同僚に取られてしまった大崎さんと、白石に玉砕した新庄君。失恋したばかりの二人ですが、新しい恋の予感です!

そして日本酒部のお花見大会には、「猫と一緒にいたい」という理由で欠席した今泉。松子と付き合った後も、相変わらずマイペースは貫くんですね(笑)もしかして名取が参加するって知らなかったのかな?知っていたら張り合ってきそうなものなのに。

お花見の後に今泉の家に寄って帰る松子がすっかり彼女って感じですよね。おすそわけと言いながら、すず音を使っていちごカクテルを作っていましたが、今泉にも飲ませたかったんでしょうね。可愛いなあ~。

ちなみに今泉の気になる兄弟構成が明らかになりました!実家が近くにあり、姉と弟がいるそうですよ。このマイペースさと要領のよさは真ん中っこタイプですけど、松子と同じくすっかり一人っ子と思っていたので意外でした。

今泉の兄弟はどんな感じなんだろう~弟は今泉と見た目そっくりなのに甘えんぼ末っ子キャラとかだったら可愛すぎる。、お姉さんはもっと気になるな~バリバリのキャリアウーマンって感じかな?さすがの今泉も姉には頭があがらないかもしれないなあ。弟溺愛していたら、松子にとっては手ごわい相手かもしれません。ご実家挨拶イベントがきたら今泉姉弟も登場するかもしれませんね!

 

今回の見所は、クールビューティーの白石が珍しく顔を赤らめて幸せを感じた瞬間について語るシーンでしょうか。

プロポーズ1年記念に同じレストランのディナーにサプライズで連れて行かれたときに幸せを感じたと話す白石。さばさばとしている普段の印象とは違った表情が可愛らしかったです。新庄君もこんな姿を見ちゃったら、降参するしかないですよね。気持ちを切り替えて次の新しい恋に進んでほしいです!

 

「酒と恋には酔って然るべき」をまるごと無料で読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

 

 

 

⇓こんな記事も書いています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、酒と恋には酔って然るべき 最新話ネタバレ 8巻45話でした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事