スポンサーリンク

前回のお話で、溺れた猫猫を助けた壬氏。

洞窟から脱出しようとした際に転んでしまい、猫猫は壬氏が宦官ではないと気づいてしまいます。

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~最新話 13巻52話のネタバレ感想です。

薬屋のひとりごと 14巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 13巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 12巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 11巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 10巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 9巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 8巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 7巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 6巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 5巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 4巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 3巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 2巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 1巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 記事一覧を見る!

 

スポンサーリンク

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~最新話 13巻52話のネタバレとあらすじ

自分の服の布を裂き、馬閃へのメッセージを書きつける壬氏。

壬氏の行方を心配していた馬閃は、李白が届けてくれた布を見てハッと息を呑みます。

布に書かれていたメッセージに目を通し、大勢の前で行方がわからない壬氏の布が見つかったと言いました。

急いで滝の付近の捜索に向かう人々に混じり、猟犬と共に現場に向かう李白。

猟犬が一人の男に向かって吠えたのを確認した後、森の中で鷹の羽の矢を見つけます。

壬氏を狙ったものかもしれないと言い、高官たちの荷物をあらためると…。

魯袁という男の持ち物だと、判明したのです。

自分ではないと訴える魯袁を見て、海まで捜索範囲を広げるという李白。

捜索隊の中に紛れていた犯人は、見に覚えのない凶器に不安を覚えました。

土に埋めた飛発を掘り出していた所を、猟犬に見つかります。

随分と犬に嫌われているんですね…と言いながら、男の背後から現れた猫猫。

彼女の手には、男の探していた飛発が握られていました。

発砲した時に出る硫黄の臭いを、猟犬に嗅ぎつけられていた犯人。

全ては壬氏を暗殺しようとした犯人を、証拠の飛発の元におびき寄せるための作戦だったのです。

壬氏は慎重に、猟犬が硫黄の臭いを嗅ぎ分けたという事実だけでは決定的な証拠にならないと告げました。

猫猫は犯人の身に覚えのない凶器をでっち上げ、言い逃れの出来ない状況に追い詰めます。

李白に犯人を任せ、子昌の館へ帰る壬氏。

犯人が捕まった事より、壬氏が宦官じゃないう秘密のほうがとんでもないような…と思う猫猫なのでした。

 

1350円分のマンガが無料で読める!

       

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

    こちらの記事も読まれています。  

感想

やっと洞窟から脱出し、壬氏の命を狙った犯人を探す猫猫たち…。

今回は猫猫が立てた作戦を実行した、李白と馬閃…それと犯人を捕まえたシーンについて振り返ってみましょう。

壬氏のメッセージ通りに、一芝居打つ李白と馬閃ですが…。

この二人…同じような格好をすると、とっても似てるんです!

読んでいる途中でどっちか分からなくなって、話を整理するのに苦労しました。

始めは李白が猫猫たちと一緒にいるので、周りの登場キャラでなんとかなります。

ですが…馬閃に壬氏の布を手渡してからは、難易度高めの間違い探しみたいでした!

読んでる途中でチラッと羅漢が登場するのですが、顔の見分けがつかない苦労がわかった気がします…。

正義感が強くて好青年な部分は共通しているので、似ていても可笑しくないんでしょうね。

馬閃は高順の息子ですが、彼が成長したらもっと見分けがつかなくなる気がしてなりません…。

李白が連れていた猟犬も、二人を見分ける手助けになりました。

それと同時に、犯人を見つける上でも大活躍でしたね!

飛発を使った時に出る硫黄臭を頼りに、犯人に吠えかかっています。

この漫画をずっと読んできましたが、動物が犯人探しを手伝ってくれたのは初めてですよね。

珍しいなと思ったのと同時に、猟犬ってすごいなぁ…と感動しました。

私の実家で飼っている犬も、普段はお腹を見せてだらしなく寝ているのに…ご飯かおやつの匂いや音で急に立ち上がります。

近くで一緒にゴロゴロしていて、何度も頭突きや踏みつけを食らったのを思い出しました。

おやつなんて袋に入っているのに、興奮しながら駆け寄ってきますし…。

うちの愛犬はダラダラすぎて猟犬には向かないですが、鼻の良さは人間のはるか上だということが身に染みました。

硫黄臭なら猫猫も嗅ぎ取れるでしょうが、犯人が飛発を使用してからは大分時間が経っています。

人間の鼻では残り香も感じられなくても、猟犬の鼻なら犯人を探せるのではと考えたんですね!

おまけに犯人を不安にさせる策を使い、心理戦も繰り広げられます。

よく刑事ドラマで見る、犯人が現場に戻るというのを誘導してみせたんです。

まんまと策にはまった犯人を捕まえますが、猫猫は壬氏の問題の方が気になる様子。

後宮の中で壬氏がまだ男として機能している事実を知る者は、彼に親しい者か皇族たちのみのはずです。

そう思うと…将来、壬氏は猫猫を妻にしたいと思っている可能性も出てきますね。

皇族しか挑めない廟に一緒に入ったりもしていますし、彼女に秘密を全て打ち明ける日が来るのかもしれません。

その時猫猫は、壬氏を受け入れるのか…畏れ多いと辞退するのか?

以前までの猫猫なら聞かなかった事にしてスルーでしょうが、壬氏の本気を知ったら…?

二人の恋模様にも注目しながら、続きのお話を待ちましょう!

今回の見どころは、犯罪心理を利用して犯人をおびき出した猫猫のシーンです。

子昌が関わったというシーンはありませんでしたが、犯人を捕まえた事で進展があるかもしれません。

猫猫がどうやって推理するのか、とても楽しみです!

 

まるごと無料でマンガを読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

コミック.jp 1000コース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 記事一覧を見る!

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~最新話 13巻52話のネタバレでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事