スポンサーリンク

前回のお話で、自らの身分を明かそうと猫猫の元を訪れた壬氏。

高級漢方・牛黄を目にした猫猫はハイテンションになり、壬氏の話どころではなくなるのでした…。

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~最新話 14巻54話のネタバレ感想です。

薬屋のひとりごと 14巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 13巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 12巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 11巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 10巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 9巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 8巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 7巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 6巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 5巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 4巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 3巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 2巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 1巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 記事一覧を見る!

 

スポンサーリンク

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~最新話 14巻54話のネタバレとあらすじ

壬氏の秘密を知り、憂鬱そうにため息を
つきながら玉葉妃の元に顔を出しに行く猫猫。

白羽・黒羽・赤羽という新たな侍女を紹介されますが、そっくりな3姉妹のため見分けがつかない猫猫なのでした…。

帰りに小蘭に会った猫猫は、彼女が次の働き口を探していることを知ります。

悩んでいる二人の目の前に子翠がやってきて、働き口を作りに行く?と微笑む子翠。

彼女について行った先は、後宮にある大浴場だったのです。

昼下がりの早い時間帯に、空いた浴場で体を綺麗にする猫猫たち。

その後子翠奥に進み、妃専用の浴場で香油マッサージを始めます。

彼女に促された猫猫たちもマッサージやうぶ毛の処理を施し、クタクタになるのでした…。

外に出た子翠は小蘭に、ここで任期を終えた女官が妃に気に入られて雇われたり装飾品が貰えると話をしました。

次のマッサージに行けるかな…と心配な猫猫とは裏腹に、あっさりOKを出す玉葉妃。

こうして猫猫は、2日に一回のマッサージに行くことになりました。

妃たちと話すうちに、玉葉妃だけでなく梨花妃に楼蘭妃まで懐妊しているという噂が耳に入ります。

それともう一つ、後宮で大きな噂になっているのは…大勢の宦官が入ってきた事。

宦官の手術はできないのでは?と聞く猫猫に、宦官たちは異民族の元奴隷だと教える子翠。

カッコイイ宦官に会いたいな!と期待する小蘭ですが、その言葉を聞いた猫猫は最近会っていない壬氏を思い出します。

自分の手を見つめ、あの時触ってしまったのはカエル…!と必死に言い聞かせる猫猫。

ふと目線をあげると、大浴場の廊下を歩く里樹妃を見つけるのでした…。

 

1350円分のマンガが無料で読める!

       

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

    こちらの記事も読まれています。  

感想

後宮に帰ってきても、壬氏と気まずい雰囲気のままの猫猫。

いつもなら呼ばれなくても出てくる壬氏ですが、さすがに戸惑いや気恥ずかしさを感じているのかもしれませんね…。

今回はムフフなお風呂シーン盛りだくさんですが、お風呂で気づいた事や子翠の事・猫猫の心境について推察していきます!

まずは猫猫・小蘭・子翠のお風呂シーンを振り返ってみましょう。

猫猫の下着姿は以前滝壺に落ちたときにお披露目していたので割愛しますが、注目すべきは子翠です…!

猫猫の観察眼で見ると、彼女は胸がとっても大きいらしいんですが…だからどうしたって?

ただのオジサン目線での発言ではなくて、これを取り上げた理由はちゃんとありますよ。

私も絵を見ましたが、確かに梨花妃くらいのボリュームはありそうです。

前主上はロリコンで有名でしたが、今の主上は胸の大きい女性が好みでしたよね。

現在の4大妃で主上の通いがあるのは、順に玉葉妃・梨花妃・楼蘭妃…最後に幼い里樹妃だったはずです。

私は子翠が楼蘭妃かも…と推測しているのですが、そうだった場合は主上の好みと合致していますよね。

おまけに楼蘭妃も懐妊したのではという噂もあり、本当に懐妊していたら妊娠周期が進むほど胸が張ってくると思うんです。

私も普段は超ぺったんこですが、妊娠中と出産後・授乳中だけはビックリするくらい大きくなりましたよ!

そう思うと、子翠の巨乳は元々主上の好みか…懐妊した可能性もあるのではないでしょうか?

懐妊の噂は真相を確かめる術がありませんが、今後動きがあるかもしれませんね。

もう一つ楼蘭妃で気になるのが、今回のカラーページの4大妃の衣装です。

いつも奇抜な衣装を纏う楼蘭妃ですが、額から下げている髪飾りが蛾のように見えるんですよね…。

虫好きの子翠が楼蘭妃かも?と匂わせる描写を見つけ、ちょっとドキドキしてきました。

他にも異国の奴隷・宦官制度に詳しかったり、普通の女官の小蘭と比べて違う部分がたくさん見つかりましたね。

特に異民族に関しては、子昌の館へ行く最中に馬閃が語った建国の歴史とも関連しているような気がしますが…。

色々と知識はあるのに、今は後宮で女官のフリをしている子翠。

今の所猫猫も、神出鬼没な彼女を不思議がってはいるものの…現状を整理したり目的を発見した素振りは見せていません。

彼女の目的や真の姿・これからどう動くのか…まだまだ謎が多く、目が離せませんね!

子翠の話ばかりになってしまいましたが、猫猫もちゃんと活躍していました。

妃のマッサージをしながら、うぶ毛処理という意外な特技を披露しています(笑)。

この時代だと剃刀がメインのようですが、猫猫が使ったのは…なんと糸!

しかも、現代でも使われている脱毛方法だったんです。

うぶ毛処理もとっても上手な猫猫ですが、これも花街で習得した技術だと言っていました。

うぶ毛に気を遣ったりメイクしたり、今も昔も女の人は身だしなみに苦労しますよね…。

猫猫の意外な特技を利用すれば、小蘭とマッサージ屋さんもできそうじゃないですか?

現代も脱毛サロンがたくさんありますし、儲かりそうですが…猫猫のやる気はあまり出ないかもしれませんね。

やっぱり彼女の力が発揮できるのは推理!

今回は謎解き発生イベントシーンなので仕方ないのですが、早く猫猫の推理が見たいなぁ…と思いました。

さて…推理では見せ場の少ない猫猫ですが、彼女の心境には大きな動きがありました!

お話の冒頭や小蘭に仕事を紹介する伝手を考えている時、それにラストでも壬氏を意識しているシーンがあります。

どれも壬氏が男性だという事にスポットが当たっていて、ちょっと意外でした。

前回牛黄を貰った猫猫は、明らかに壬氏より牛黄の方が大事そうでしたからね。

今回は目の前に漢方がないからか、壬氏とのドッキリハプニングばかり思い出しているんです。

ラストシーンでは手のひらを見つめ、カエル発言を繰り返していますが…。

このネタは面白かったので、また見られて嬉しかったです!

カエルがケロリと鳴いている姿も効いていて、クスッとしました。

ずっと前に李白のボディをチェックしていた猫猫の事、覚えていますか?

あの時は裸を見てもへっちゃらで、何なら下着も脱がせようとしていましたよね。

そんな猫猫が平常心を保てないということは、壬氏を恋愛対象として意識し始めている兆候ではないでしょうか?

私も男性と友達として接している時と、意識し始めた時とでは態度が変わりますし…。

何より、相手に話かける事に勇気が必要になりますよね!

挨拶すらドキドキしたり、視線を合わせるのが恥ずかしくなったり…。

猫猫も壬氏も顔を合わせていませんが、二人とも恋愛の醍醐味・不安やドキドキを味わっている最中なのかもしれません。

もう今までみたいに、ドタバタ触れ合う場面も少なくなっちゃうんでしょうか…?

そう思うと少し物足りない気もしますが、ちょっと変わった猫猫のことですから何かしら面白い展開になるのは必須!

二人が再会した際には、どんだけモジモジするのか…猫猫の突拍子もないアクションはあるのか?!

…カエル発言にも期待しつつ、次回が待ち遠しくなりました。

今回の見どころは、謎が深まる子翠のシーンです。

大浴場でのやりとりや世渡り上手な面、異民族や奴隷に詳しい一面も見せる子翠。

明るく気さくな彼女が大活躍でしたが、未だに彼女が何者なのか…目的も見えてきません。

おまけに猫猫と壬氏の関係もぎこちないままで、次回はどうなっちゃうんでしょう…?

ドキドキしながら、次話を楽しみにしましょう!

 

まるごと無料でマンガを読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

コミック.jp 1000コース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 記事一覧を見る!

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~最新話 14巻54話のネタバレでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事