スポンサーリンク

前回のお話で、父・子昌に「自分のすべきことをして」と告げた子翠。

自分の家族の実態を知った子昌は、最後の戦いのために雪崩の被害を受けた武器庫に向かいます。

一方、壬氏が率いる軍に同行していた李白は、武器庫が雪崩に飲み込まれる様子を確認しますが…?

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~最新話 19巻76話のネタバレ感想です。

薬屋のひとりごと 18巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 17巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 16巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 15巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 14巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 13巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 12巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 11巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 10巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 9巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 8巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 7巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 6巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 5巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 4巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 3巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 2巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 1巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 記事一覧を見る!

 

スポンサーリンク

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~最新話 19巻76話のネタバレとあらすじ

雪で埋もれた武器庫に集まってきた兵に、奇襲をかける壬氏軍。

李白も前線で戦いますが、敵が少ないこともありあっという間に制圧してしまいます。

こんな奇策が成功してしまうなんて…と、後ろを振り返る李白。

そこには、後宮で天女と噂されていた宦官ではなく、鎧を纏い兵を率いる壬氏の姿がありました。

ーー戦場の花どころか、「華」だったとはなぁ…。

李白は、後宮で壬氏が兵を挙げたときの事を思い出します。

その美貌で男女問わず有名だった壬氏が禁軍の大将として皆の前に立ち、皆を驚かせたこと。

逆賊・子昌を討つために軍を2つに分け、先行軍は夜に雪山を進み、火槍で人工的な雪崩を起こす策を使うと決めたこと。

新月の闇を進むのは難しいという李白の意見にも、釣師の使う方角がわかる道具にツキヨタケの粉を塗って対処すると壬氏は答えました。

さらに、子昌の領地は数十年前の地震から雪崩が多くなったこと・火槍で雪崩を起こせば武器庫を封じ、相手に砲を使わせずに済むと訴えます。

ですが、李白はそんな作戦を…?と、すぐに同意することができません。

それを見た壬氏は、虚を突く策を使った「そしり」は私が受けると断言するのでした。

ーーしばらくして、弾薬庫に到着した壬氏たち。

煙の臭いに気づいた李白は、弾薬庫から逃げてくる兵に話を聞きます。

中で爆発があったと聞き、外で待つよう壬氏に進言する李白。

ですが、壬氏は逃げられない者がいるかもしれないと言って譲りません。

軍師・羅漢の娘の猫猫を見捨てれば、今後政治をする上で敵を作ることになる。

…そして、壬氏は宦官という偽りの身分を捨て、皇弟という立場で全ての責任を負うつもりか…。

壬氏の覚悟を悟った李白は、突入を止めず、背後を守ると言いました。

それを聞いて、任せたと答える壬氏。

もうもうと煙が燻る扉の先を見据え、ここで決着をつける!と誓うのでした。

感想

今回は壬氏の部下・李白の視点でお話が進みます。

これまでと違い、彼の視点は事情を初めて知った第三者視点で語られるので、逆に新鮮に感じましたね。

さらに、壬氏の立場や考えを知る上でとても役に立っていると思いました。

今回は「軍師たちの奇策」「壬氏の立場と気持ち」の2つについて考察してみます。

軍師たちの奇策

今回のお話で、軍師・羅漢たちの奇策の一部が明らかになりました。

コンパスやツキヨタケが出てきたりと、猫猫の一族らしいアイデア盛りだくさんで、ちょっと嬉しくなりますよね。

さらに、子一族が治める地域の地形や地震の履歴まで調べた上の作戦で、羅漢の智将っぷりが窺えます。

シミュレーションRPGゲームが好きな私としては、こういう作戦が大好きなんですよね!

見た目の派手さこそないものの、着々と準備を進めて見事に敵を策にはめた時の達成感は最高です。

でも、よくよく考えてみたら…雪崩を狙った場所に起こすって難しいですよね?

テレビで、スキーで滑っていたら雪崩が発生したとニュースになるくらいですし。

ちなみに、羅漢はギックリ腰で現地に行っていないので、この策の成功率はかなり低いはず。

現代ならコンピューターで雪崩予測をしたりできますが、地図や見取り図を参考に狙った場所に雪崩を起こすには、相応の数値やデータが必要になりそうですが…。

ここら辺は、数字に異常に強い羅半の活躍があったのかもしれませんね!

…羅一族程ではないにしろ、壬氏も頭は良いタイプ。

武器庫から砲が使われた時、兵を失うリスクが大きいと判断しています。

このことから、壬氏はなるべく被害を出さないように戦える冷静な思考の持ち主なのがわかりますね。

男なら正面突破がカッコイイ!とか言ってる脳筋武将より、ちゃんと兵を一人の人と考えてくれる素敵な人です。

私は一般ウケするイケメンの魅力がイマイチわからないのですが(皮一枚剥いたらみんなガイコツだし…)、知性派はめちゃ好み!

宦官から皇弟として振る舞う壬氏に、ちょっと惚れ直しました。

壬氏の立場と気持ち

羅漢たちの奇策を採用した壬氏と、その決定に戸惑いを覚えた李白。

李白がすぐに受け入れられなかったのは、今回の作戦が「皇弟」として逆賊を討つ戦だからです。

これがテレビゲームなら、どんな作戦を使っても最終目標を達成すればクリア。

国と国同士の戦なら、強い部隊ゴリ押しでも遠距離攻撃でチビチビ削ったりする作戦だってアリなのですが…。

子昌の一件は国内の内紛なので、猫猫の救出はあくまで理由の1つに過ぎず…皇族の面子がメインだと考えられます。

戦の結果は国中の人々が知ることになりますから、逆賊を正々堂々と打ち破る事が皇族のイメージを保つのに必要なのでしょう。

つまり、内紛で奇策を採用するということは異例の事で、反対意見も免れないということ。

猫猫が人質になっている事を知っている人なら奇策をとった事情も解りますが、全く知らない人が戦の話を聞いたらどうでしょう?

皇族が逆賊を討つために奇策を使ったと知ったら、正々堂々と討つ力がないのか?
普通のことじゃないぞ!と不安になってしまうことが想像できます。

皇族の威厳を保つことが難しくなると、第二・第三の謀反者が現れる可能性も!

今までは皇族に反旗を翻す可能性のある人を壬氏が調べていましたが、それも皇弟だと宣言してしまったので今後は使えません。

それでも壬氏が自分のすべきことを決めたのは、やっぱり猫猫を救い出す為ではないでしょうか。

元々、現帝や玉葉妃は壬氏の正体を知っていたでしょうから、有事の際の心構えは出来ていたでしょう。

もちろん、猫猫を助けることで羅漢たちを的に回さずに済むという大きなメリットもあります。

李白はここが重要だと考えていたようですが、壬氏の本心としては2番目くらいなのですかね…。

武器庫を前にした壬氏は、心ここに在らずといった感じでしたし、早く駆け込みたい気持ちを抑えているのでしょう。

李白も愚痴っていましたが、本当だったら総大将は部隊の後ろの方で身の安全を確保した方が良いんです。

剣の腕は一流の壬氏ですが、大砲は使われずとも飛発などの遠距離武器を使われる可能性だってありますからね。

皇弟という立場と、猫猫という大事な人を心配する気持ちの間で板挟み状態の壬氏。

身分が高いが故に自由が奪われ、好きな人の元に駆け寄れないもどかしさはさぞかし辛いだろうと思います。

…現帝や後宮の人達のために身を偽りながら働いてきたからこそ、この戦が終わったら幸せになってほしいですよね。

ずっと誰かのために生きてきたんだから、自分のために生きる瞬間があってもいい。

猫猫との再会や進展が待ち遠しいですが、二人の事だから…子一族の討伐が終わってからでしょうかね。

今回の見どころ

今回の見どころは、壬氏が武器庫に突入しようとするシーンです。

お話のラストを飾るシーンですが、子一族の討伐や猫猫の救出など、覚悟に満ちた壬氏の姿を見ることができます。

猫猫との再会も近々な気がしますが、二人の立場を考えると…抱きついたりハグしたりはこの場ではなさそうですよね。

今後は子昌や子翠など、それぞれの動きも気になりますし…目が離せません!

 

まるごと無料でマンガを読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 記事一覧を見る!

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~最新話 19巻76話のネタバレでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事