スポンサーリンク

前回のお話で、皇太后・安氏からの依頼を解決した猫猫。

桜花と一緒に、夜の怪談会に参加しますが…?!

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~12巻48話のネタバレ感想です。

薬屋のひとりごと 14巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 13巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 12巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 11巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 10巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 9巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 8巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 7巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 6巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 5巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 4巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 3巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 2巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 1巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 記事一覧を見る!

 

スポンサーリンク

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~12巻48話のネタバレとあらすじ

少し年上の女官が進行を務め、一人ずつ怪談を始めました。

怖がりな桜花とは正反対に、同席していた子翠はへっちゃらな様子。

禁忌を破って古い森に入った、母子のお話が始まります。

約束を破ったことを知り、母子を村八分にする村人。

ある夜、光が母子の家の前を通り過ぎ…。

村人が訪ねてみると、息も絶え絶えの状態で母子が見つかったのです。

最後に何か言いたそうにした後、事切れる母…。

その話を聞いていた猫猫は、怖がるどころか…一人真相がわかってしまうのでした。

子翠の番になり、旅の僧侶の話を始めます。

ある夫婦の家に泊まらせてもらい、夜にお経をあげる僧侶。

夫婦は言い争った後、包丁を持って僧侶を探し始めたのです。

僧侶はお経をあげ続けていたため、夫婦は僧侶を見つけられません。

朝…扉を開けると、部屋には小さな羽と虫の脚が残されていました…。

淡々と怪談を語る子翠を、どこかで見たような気がする猫猫なのでした。

最後に話をしたのは、進行を務めていた女官です。

先帝の元に集められた娘たちの一人が身籠り、先帝に訴えたと話している途中…。

猫猫は部屋中に、有毒なガスが充満していることに気づきます。

急いで窓を開けると、「もう少しだったのに…」と呟く声が…。

さっきまで話していた女官は、跡形もなく姿を消していたのです。

帰り道で、禁忌の森のお話はツキヨタケという茸の光ではないかと言う猫猫。

翡翠宮に帰ると、毎年怪談の進行をしていた女官が亡くなっていた事を知りました。

怖がりの桜花と一緒に寝る羽目になり、暑苦しい一夜を過ごす猫猫なのでした…。

 

1350円分のマンガが無料で読める!

       

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

    こちらの記事も読まれています。  

感想

前回のしんみりした雰囲気から一転、今度は夏の怪談話!

怪談…お好きですか?

私、ホラーもグロも大好きなので…ワクワクしちゃいました!

謎解きアリな禁忌の森の話に、子翠の話…それに女官のお話の3つを、振り返ってみましょう。

1つ目の禁忌の森のお話は、キノコ博士の猫猫があっさり正体を暴いてしまいました。

ツキヨタケというこのキノコ、夜になるとかさの裏側が発光するんです…!

食べたら毒って言ってましたが、猫猫ならもう食べたんだろうな…と思ってしまいました。

知っている私は幻想的だと感じますが、知らない人だったら未知の物体ですよね!

このお話で、未知の物への恐怖が数多くの怪談を誕生させた要因なんだろうな…と実感しました。

2つ目の子翠の怪談は、彼女らしいというか…鈴虫のお話でした。

鈴虫と怪談は結びつかないと思いきや、虫の習性「共食い」を題材に語っているんです!

カマキリや蜘蛛でも有名ですが、メスがオスを食べちゃうんですよね…。

何の知識もなく虫かごに複数飼いした事がある人は、この惨劇を見た事があるんじゃないでしょうか…?

タンパク質が足りない為に起こる現象なんですが、虫の原始的な本能を見せつけられます。

このお話みたいに、虫型モンスターが巨大化して人を襲うパニック映画も観たことがあるんですが…。

感情がないからか、容赦なく攻撃する様は怖さマックスです!

大好きな虫を題材にして、めっちゃ怖い怪談を話す子翠ですが…。

猫猫は彼女が話す様子を見て、どこかで見たような気がしていましたね。

いつもは元気ハツラツ!という感じですが、怪談話をしている時はミステリアスです。

役者さんみたいに、パッと切り替えるのが得意なんでしょうか?

外で子翠と出会っても、変装していたらわからないかもしれません。

謎の多い楼蘭妃が色々な服を着る人で、主上が戸惑っているという話がありましたが…。

彼女が楼蘭妃かなぁ…?と思いつつも、裏付けるエピソードや証拠が少なすぎて自信がないです。

謎めいた彼女の秘密が解かれる日も、楽しみですね!

最後の怪談を話した女官が、本物の幽霊かも…オチには驚きました。

しかも…前話で少し触れていた、後宮で先帝の子を身籠った女官だったんです!

この女官は先帝に認められず、一生を後宮で過ごすことになりました。

彼女は先帝を恨み、この事実を知ってもらいたくて化けて出たのですかね…?

太皇太后と先帝の絶大な権力が後宮を支配していたのが、よくわかるお話でした。

今の主上と壬氏は兄弟のようですし、力を合わせて後宮を変えていってくれる事を期待したいです。

今回の見どころは、子翠が怪談を披露するシーンです。

本来なら、女官が本物の幽霊だった所を推すべきでしょうが…。

虫の共食いの恐怖を知っている人なら、間違いなく子翠の方に惹き込まれるでしょう。

次のお話もどうなるのか、楽しみです!

 

まるごと無料でマンガを読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

コミック.jp 1000コース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 記事一覧を見る!

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~12巻48話のネタバレでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事