スポンサーリンク

前回のお話では、羅漢と鳳仙の出会いが語られました。

鳳仙そっくりな猫猫は、羅漢を父であると認め…?!

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~7巻29話のネタバレ感想です。

薬屋のひとりごと 14巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 13巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 12巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 11巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 10巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 9巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 8巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 7巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 6巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 5巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 4巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 3巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 2巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと 1巻をはじめから読む!

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 記事一覧を見る!

 

スポンサーリンク

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~7巻29話のネタバレとあらすじ

鳳仙は、妓女の誇りだけを固めたような女性でした。

羅漢と将棋を指す鳳仙の隣で、鳳仙花と小さな片喰(カタバミ)を飾る梅梅。

鳳仙は花の説明をした後、次はいつ来られますか…?と羅漢に聞きます。

久しぶりに会った鳳仙は、羅漢に賭けを持ちかけました。

勝ったほうが好きなものを得られるという勝負を終え、勝者は繋がりを望みます。

羅漢の腕の中で、碁を打ちたい…と呟く鳳仙。

その後羅漢は遊説に出て、3年も家を空けていました。

帰ってきた家の中で、鳳仙から2本の小指が入った手紙を見つける羅漢。

慌てて緑青館に駆け込みますが、既に鳳仙はおらず…羅漢は己の行いを悔いて嘆くのでした。

酒を飲んで倒れた羅漢は、意識を取り戻します。

梅梅に連れられて、身請けする妓女を選びに行く羅漢。

梅梅は窓を開け放ち、外から聞こえる微かな歌声を羅漢に聞かせました。

ハッとした表情で、声の方へ走り出す羅漢。

辿り着いた先には、鼻の落ちた女がいます。

羅漢は膝を折り、私が身請けしたい女はこの女だ…と言ったのです。

彼女の手に碁石を握らせ、彼女じゃないなら誰もいらない!と涙を流すのでした。

その頃猫猫は、壬氏に羅漢の特性と鳳仙の事について語っています。

子を孕んだ鳳仙を、狡猾だと呟く猫猫。

その後梅梅からの手紙を読み、生みの親が再会を果たした事を知るのでした。

…夜になり、外を歩く壬氏。

塀の上に、一人の女が立っているのを目撃し…?!

 

1350円分のマンガが無料で読める!

       

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

    こちらの記事も読まれています。  

感想

羅漢と鳳仙の不器用で切ない恋の話で、涙腺崩壊でした!

そんな二人について、考察したいと思います。

鳳仙は羅漢に惹かれながらも、最初のうちは素直になれない様子が描かれていました。

部屋に鳳仙花と片喰(カタバミ)を飾っているのですが、片喰の別名を羅漢に教えています。

その別名は、「ねこあし」…。

私はこの別名を聞いて、猫猫の名前の由来かな…と思いました。

鳳仙花も片喰も、どちらも種を弾けさせるお花です。

似た者同士の二人に、ピッタリですよね。

ちなみに鳳仙花の花言葉は「私に触れないで」。

一方、片喰の花言葉は「あなたと共に」「母の優しさ」という意味もあるそうです。

母の愛情を知らない鳳仙が、この花言葉を知っていて名付けたのだとしたら…。

愛情を素直に出せない鳳仙の、精一杯の愛情表現だったのかもしれないですね。

彼女の不器用な愛情表現は、他にも色々なシーンで見ることができます。

羅漢に賭けを持ちかけて契りを交わすシーンや、自分と猫猫の小指を切り落としているシーン…。

誇りだけで生きてきた鳳仙にとって、自分から愛を求めるという行為はとても難しかったのだと推測できます。

普段私たちが告白するシーンでも、告白する側の方がプレッシャーが大きいですよね。

どんな言葉を並べれば、相手は受け入れてくれるか…。

断られた時の事を考えると、恐怖と緊張で押し潰されそうになってしまいます。

誇り高い鳳仙は、素直に相手に甘えたり…心を晒す事が出来なかったんでしょう。

羅漢に少しでも好意を伝えていたら、彼女の未来は違ったかもしれません。

客の男と身体を重ねるまでになってしまい、その結果鳳仙の身体は梅毒に蝕まれます。

幼い子を抱え、病気を抱え…もう人生のどん底なんじゃないかっていう境遇ですね。

一緒に子を育てるはずの相手が側におらず…不安に押し潰された鳳仙は、巷で流行っていた「指切り」の呪いに手を出しました。

猫猫がうなされていた悪夢は、やはり母親・鳳仙が小指を切る…というシーンでしたね。

親に指を切られるなんて凶行、絶対覚えていたくないです!!

普通ならトラウマものですが、当人の猫猫はしれっと、小指は生えてくるんですよ!と言っていました…。

やはり猫猫は、常人じゃありませんね。

ここまで割り切れる人ってあまり居ないと思うのですが、彼女を引き取ってくれた羅門との生活が合っていたのでしょう。

自分の子供・猫猫を必死に手元に置こうとした羅漢ですが、梅梅の助けを借りて鳳仙との再会を果たします。

このシーン、今までの中で一番泣きました…!

今まで企み顔や意味深な態度が多かった羅漢が、ずっと一途に想っていた鳳仙を見つけて泣いてしまうんです。

昔の美しさもなく…病で顔を背けたくなるような鳳仙と、一緒にいたいと言う羅漢。

その想いには罪滅ぼしの念だけではなく、鳳仙への深い愛を感じます。

彼がもし、他の女の顔を識別出来ていたら…ここまで一途な想いにはならなかったかもしれません。

ハンデだと思われていた特性ですが、こんなにいい所もあるんだ!と気づかせてくれました。

今回の見どころは、羅漢と鳳仙の再会シーンです。

下手な恋愛ドラマよりも心に染み入り、ハンカチ必須ですよ!

 

まるごと無料でマンガを読む方法!

コミック.jpなら

1350円分のマンガが無料で読める!

 

 

 

30日以内に退会すればすべて無料

購入したマンガは退会したあとも読めるので安心!

 

コミック.jp 1000コース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 記事一覧を見る!

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~7巻29話のネタバレでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事